釣りシーズン終わり遊びの選択肢が減ったYUZUの週末を偶に特集形式で綴ります。
週末日記
2013年4月14日(日)
始めの一歩

HPの更新はいつ以来だろう・・「ブログ」「FB」の楽なものに偏ってきてしまった。
それが悪いとも思ってないが、「文章を作り上げる」ということに意欲が出なくなってしまったのかな?まあ不完全な人間なので曲りなりにも始めたことは少しずつでも続けていこう。
先月までずっと忙しくこうしてPCの前に座ることは少なかったが、会社の都合で忙しさは違うものにすり替えられPCをいじる時間が持てた。
山へのリハビリを込め久々に「クドツル」で籠を作った。明日娘が学校に持っていくらしい。学校の先生に頼まれたらしいが、学校側の反応が楽しみだ。
今年はホームの川を探索したいと思ってる。近所の河川は以前のような釣り人は見えない、食べれなくて禁漁なんだろうけどそれならキャッチアンドリリースを堂々と公言して釣りをさせてやればいいんじゃないかと思う。
食べるか食べないかは自分で判断することと思うのだが・・(^^;)
本日はこれまで!



2011年2月〜4月第一週 いろいろ・・
2月大分出張
出張先で夜勤の過酷な仕事でした。
特に車で20キロ以上の移動を9回1日で繰り返す地獄の日々でした。それなりに面白いこともありましたが夜仕事で行くべき場所ではないですね。今回2回目の大分でしたが土日なしで観光を楽しむ余裕はありませんでした。以下に写真を載せておきます。
@「ホームラン軒」・・・これは床屋でしょうか?
A「ラーメン工房 ふくや」・・・ここは大分駅前にあります。濃厚豚骨スープの絶品店です。オススメ!
B「このまんま焼きそば」・・・TVのケンミンショーでは北海道だったらしいが、鹿児島製造で売ってました。
C「ザビエル」・・・大分の飲み屋の姉ちゃんが口を揃えて、お土産はお菓子のザビエルというこれはその仲間のビールです。ところで、ザビエルが大分に関係あったかは不明(^^;)
D「地獄めぐり」・・・夜勤明け、クタクタでホテルに戻ったらこんなパンフレットがありました・・(TOT)


3月熊本出張
前回に引き続き熊本での作業です。
今回は日勤でしたので、ある意味期待は大きかった。ですが宿周辺は何もなく飲みに行く場所にはタクシー4千円(片道)・・・仕方なくラーメン三昧とスーパーの食品売り場をうろうろしてました。
そんな中、あの忌まわしい「幼女殺人事件」が起きました。不吉な予感がして、あの3月11日仕事先に向かう途中「見事な地震雲」を見ました。同僚に「気をつけなきゃな」と言った矢先に「災害発生」・・携帯は家族と繋がらず、客先でTVを見せていただき恐ろしい地獄絵図が広がっていました。
とりあえずその災害前までの写真を載せておきます。
@「ラーメン劉」・・・この店のスープは面白くて美味しかったです。
A「ラーメン山小屋」・・・豚骨ラーメンの硬さの種類を皆さん知ってましたか?私はバリ硬まで知りませんでした。この店は「ヤワ目」「普通」「硬め」「バリ硬」「針金」「粉落とし」が存在し「針金」を食しました。
B「龍の家」・・・TVにも出たことがあるらしいです。ここも旨かった土産にしようかと思った。
C「クリオネ」・・・ホテル近くのイオンGRPスーパーの刺身コーナーにありました。姿は見えませんでしたが「きびなご」の隣に置いてありました。
D「馬力ラーメン」・・・ここは絶品!3回も通ってしまいました(^^;)


〜4月第一週
3月11日あの出来事が発生しました。
帰りたくとも会社と連絡つかず、客先の契約期間が終わっていないので抜けることもできず。家族と連絡が繋がったのが次の日の夜・・・遠い空から家族が無事であることを祈るばかりでした。
keyちゃんの計らいでYONPAPAさんが我が家へ生存確認に行ってくれたお蔭で、掲示板上で家族が無事であることを知りました。その節は皆さんにご心配おかけしましたm(__)m
生存確認してホッとしたのもつかの間、原発が爆発!ラジオで京都大教授が「もうだめだマンガのようだ」と嘆いて・・彼は消えた。誰もがパニックにならないよう必死に考えているのに「知識を持った人達」がこぞって「世紀末」的な話をし、チェーンメールを飛ばし煽りたてる・・こっちは帰りたくとも帰れない場所にいるのに、なぜに後ろ向きな話をTVで報道ばかりするのか熊本で見ていました。
ガソリン・灯油が東北で東北で枯渇・・熊本はそんな報道お構いなしでガソリン使いまくり、旅行に行きまくりの「別次元」の生活でした。あまりのギャップに隣で飯食ってる客に「掴み掛りたく」なるくらいでした。
それでも、仕事は終わらせなければなりません、パーキングで休憩してると自衛隊の災害緊急車両が通り過ぎました。思わず会釈をし、涙が溢れそうになりました。「頑張ってくれよ・・」
仕事の引き継ぎが終わり、18日に私らは移動することができました。私は新たにザックを購入し、詰め込めるだけの食糧を詰め込み飛行機に乗り込みました。荷量は32キロオーバーで2ルート分6千円を支払いました。
荷を預け乗り込み口に向かうと、赤白の災害医療応援の方達がいて話しかけました。「どちらへ?」彼らは秋田へ飛び石巻へ向かうと言ってました。私は「これから福島へ帰るんです」と言うと「ギョッ」とした顔をして目を逸らされました。この時点ですでに風評被害にあっていたんですかね?
熊本-東京-福島を飛び郡山までバスで走り、郡山からタクシーで帰ってきました。
ここからが風評被害本番です。誰を憎むでなく、子供達に恨み言をいうでなく明日を信じて「東電作業員」を信じて「もう少しで地震が納まり、もう少し我慢すると外で遊べるからね」・・すぐにうまくいくわけはない。それでも信じて前を向いて生きていかなければ「福島県」は消えてしまう。
頑張ろう福島!そんなことを考えた私は家の中で野菜を作り始めました。写真は青梗菜・はつか大根・小ねぎ・ミニトマトのプランターです。青梗菜は私が出張前に植えておいたので明日には収穫できそうです。
少しずつでもいいみんな自分で考え頑張って行こう

2010年 冬春夏秋
冬  春  夏  秋
今年の忘れ物を更新しておきます(^^;)
冬
これは今年の3月に「家族旅行」で「那須動物王国」に遊びに行った時です。 まだ雪が残る頃で動物達も全快ではなかったようです(^^;)
子供等は「志村どうぶつえん」で見た、バードショーが見られて大喜びでした。初夏あたりに来るのが一番良いのかもしれませんね。
宿は「キャンプ&キャビン」のバンガローに泊りました。近くの日帰り温泉が、宿絡みで時間帯無料になるのはありがたかったです。薪ストーブの部屋をチョイスしたので、ストーブの上で調理するのは子供達・嫁には新鮮だったようです。家も囲炉裏あるから似たようなもんなんだけどね(^^;)
〆にチョコフォンドゥにイチゴを付けて食べさせました。これは気に入ったようで今でも家でやってます(^^)
<チョコフォンドゥレシピ>
耐熱カップに板チョコ(ビターがオススメ)を入れ、100円ショップの五徳に丸太く低いローソクを点火して、チョコが融けてきたらコーヒーのミルクを一個入れたら完成です。お試しあれ(^^)
春 これは春でもユキシロ終わりの頃。 春を探しに行くはずだったが、だだブラブラしても面白くないので水彩セットを持って川原に来た。
この頃は山菜が出るか出ないかの頃で、山に遊びに行っても何も採らずに帰って来る時期。こんな時は家族サービスに専念すべき(^^;)
皆で「石の弁当」を作ることになった。ルールは石の加工は禁止、書きたいものに見合った石を探してくる。
これが中々難しい・・同じような物を集めてしまうが、何も言わず子供のやりたいようにやらせてあげた。始めは2人供別々に作っていたが、互いの良いとこを見てるうちに「一緒に作ろう」ということになったらしい(^^;)
木で枠を作り形もそれらしく整え弁当は完成した。一部おかずでないものもあるようだが愛嬌にしておこう(^O^)

夏 時は6月末、初夏の空気が漂い始め涼を求めて「思いの滝」へ行ってきました。
林道を歩いてると突然10メートル前方にカモシカが飛び出してきた。子供達と一緒に固まる私、カメラは嫁が遥か後方・・。
ヘタに動くと突進してくる、なぜなら周りは茂みで林道一本道。私一人なら避けたり追い払ったりするが、二人の子供連れだと無理はできない。「・・ドテッ!」後ろで物音がして振り返ると嫁がコケテタ(´o`)=3
前を見ると、もう鹿はいなくなっていた。子供等の白い視線を受けつつ「森三中」は前に進むのであった(^O^)
滝に着いたら特等席に移動、多少危険ではあるが我がDNAを受け継いだ子供達は頑張って危険エリアを走破しゴールへたどり着いた。
滝の前で食べるコンビニ蕎麦は最高!家族皆大満足!食べた後は腹ごなし、YUZU家恒例の「蔓遊び」自然は沢山遊んでくれるから大切にしないとね(^^)

秋 この間不思議な現象を見た。虹の外に虹が出来ていた。
とりあえず写真に納めたが、こんなのは初めて見た。「○○現象」とかで意外に世の中ではメジャーなことかもしれんのでこの辺にしておこう(^^;)
週末TVで昨年一緒に山遊びした「勘太郎君」が写っていた。ある筋から情報は得ていたので家族で見ていた。そこには山で逢った時のような柔らかさはなく、真面目に「何かを伝えたい」勘太郎君がいた。
子供等は「何であんなとこ登るの?」とか「楽しいの?」とか聞くので岩登りをさせてあげた。ここはYUZU家の庭、自然石がゴロゴロしている。私が子供の頃はゲームなどせず、庭の岩を制覇する遊びをしていた。
意外にもこれは子供達にさせたことがなくて一発で気に入ったみたいだ。「楽しいかい?」と聞くと「勘太郎君も楽しんだろうね」と生意気なことを言って天辺に立ってました(^^)


2010年1月31日
渓流釣りが出来ないこの時期は、ほとんどが子守りと家族サービス。
そんでもって今日はスキー場へソリ滑りにやってきた。スキー・スノーボードが滑ってもいない朝早くから遊びまくる。だれもいないゲレンデで丸型の「何処へでも滑って行くソリ」を使い豪快に滑る。通常のソリだと溝があるから基本直進しか滑らないが、このソリは狙ってなくともいい感じにスラロームして面白い。
散々滑った後はゲレンデの破壊活動?雪球を転がし大きな雪だるまを作った。少々遊び疲れたので、土湯温泉の足湯でゆっくり温まる(無料)温泉街をぶらついてると「つけ麺 まさはる」とラーメン屋を見つけた。新しく出来たらしいこの店に入ると、メインがつけ麺で私は「辛味噌つけ麺の冷たい麺」を注文した。家族それぞれ注文したが、どれも美味しくまた来たくなる味だった。写真を忘れたので今度撮影してきます(^^)


2009年10月3・4日
「山でおでん」・・なんという美しい響きだろう。
この企画は私の安易な「掲示板への書き込み」から始まった。YONPAPAさんのHPを徘徊してた時に何となく書いてしまったのがきっかけだった。始めは大人数になるんじゃないかとびくびくしていた、企画的には良かったようだが皆の日程が合わず「YUZUファミリーとのキャンプ」で落ち着いてしまった(^^;)
前日まで天気は悪く条件はイマイチだったが、天気は回復傾向だった。茂庭の摺上ダム下「広瀬公園」のキャンプ場を予約した。行ってみたら予約はいらない程のスカスカ状態、変な意味で燃えてくる環境条件。
暴風の中意地になりテント・タープを設営する、納得する設営まで約3時間を要した。
本来なら「朝はキノコ散策」午後から宴会だったがテンバ設営で体力を消耗してしまい「のんびり宴会」がスタートした。

自然が相手だとあっという間に時間は過ぎる。急いで米を焚いて即席カレーを作る、強風の中ガスの熱が中々飯ごうに伝わらず普段の二倍掛かって炊き上がる。腹を空かした子供等は喜んで食べている。普段家で使う「電子ジャー」ではなく「飯ごう」で炊くご飯は美味しい。子供達よ、色々な「有り難味」は少しずつ経験として蓄えていくといい。
さて夕方の宴会まではまだ遠いダムの周りをごまちゃん連れて皆で散策、途中野生動物に遭った。ヤジクマがいた、ごまは皆を守るべく勇敢に突進追い詰め撃退して家族の元に帰ってきた。「ごま凄いねえ」皆に褒められごまちゃん上機嫌(^^)
そんなことがあってからテンバに帰ると「キノコ芋煮」が出来ててYONPAPAさんは宜しくやっていた(^^;)おいらはもう暫く我慢しておでん製作に取り掛かる。
芋煮を先に頂き温まる・・・と、山の間から十五夜の月が顔を見せた!「おおっー!」歓声があがり振り替えると素晴らしい夕焼けが広がってた(^^)

自然て凄いね。
この景色は「渓泊り」では見れないね。だって沢山の木々に遮られてる山に俺らは行くんだもんね(^^;)
あんなに吹いていた風は微塵も感じなく、月が静かに登るのを見送るのがどれほど長く感じたものか。「感動」を素直に感じた。
さて、周りが闇に包まれる頃「おでん」は出来上がった。
大根は米の研ぎ汁で下茹で、卵はゆで卵の製作から・・結構まめにおでんは仕上げた。その甲斐あって中々の出来栄え、漬物をつまみつつおでんをほおばりビールを飲む至福のひと時(^^)
今回も「乾杯」はしなかったな・・今回のメンバーは私とYONPAPAさんが飲むのみ、師匠も叔父さんも酒は飲まない。さーちゃんはちっとは飲むが子供等がいるのであまり飲まない。
今回唯一寂しかったのはこの部分かな(^^;)飲兵衛達で元気に乾杯したかったな。
あんまり天気がいいのでおいらはごまちゃんと外に寝ることにした。ごまちゃんと寝るなんてめったにできないから今回は添い寝することにする。
宴会も終盤に向かっていき、高く上がった月を見上げ焚き火を囲む。子供等は何を思ってこの火を見ているんだろう。多分「火があると温かいな」と感じていたに違いない。大きな火を作らなくとも暖がとれることを教えようと考えていたが、叔父さんが張り切ってどんどん木を放り込んでしまうのであっという間に薪がなくなり炎のピークが過ぎる(^^;)まあ、こういうのは性格出るからね(^^)
美しい月夜はまるでアウトドアの雑誌を飾る表紙のよう。気がつくとYONPAPAさんが無邪気に写真に写りこんでいた。こういった幻想的な自然に出会うと皆子供に還っちゃうんだな。
酒を飲むうち一人ひとりと寝床にもぐりこんでいく。おいらも仕方ないのでごまに話しかけ月をながら寝袋に潜り込む。

寒い・・寝てるうちに寝袋が夜露で濡れてしまった。仕方ないのでごまを置いて車に逃げ込むf^_^;)
午前4時・・ガサゴソと物音が聞こえたので「熊」かと思い外を見ると子供達やさーちゃんが起き出して「焚き火」を始めていた。木は山から拾ってきたらしい。ここから太陽が出て明るくなるまでのんびりマッタリ火を囲む。
子供は元気だ「ダムを登ろう!」と走っていく。「登れるわけあんめえ」それでも階段を見つけたらしく登ろうとしてたが、敢えて止めた後で苦労するのは多分おいらだろ(^^;)
朝食は昨日の残りと「YONPAPA特製親子丼」これが絶品!おかわりしちまった(^O^)
ここからまた暫くマッタリする。私はちょっくら子供等を連れてキノコを採ってきた移動混ぜて1時間でコンビニ袋一杯のナラタケを採ってきた。
始めはどうなるかと思ったが何とかなるもんだね。皆さんお疲れさまでした。またその内に(^^)
YONPAPAさん写真提供ありがとうございましたm(__)m


2009年2月28日
今年は雪が少ない。
吾妻小富士はもう地肌が見えてきている。噴煙の蒸気が少しは関係してるのだろうか?異常気象だというのも・・頷ける。
でも私が思うに地球に人間が生まれて工業生産等した歴史は、地球の年齢の「爪の垢」ほどじゃないだろうか。ECOをやることは色んなことを語るより、「ゴミを捨てない」から始めるのが自然に馴染める第一歩と思う。

話はガラッと変わるが2月27日〜3月1日まで福島の「吾妻運動公園体育館」内のロビーで「魅惑のクリスマスローズ展」をやっている。展示即売をやっており、クリスマスローズ愛好者の作品を展示し人気投票も行っている。
この企画は昨年からのもので、そんなにポスターやラジオ・TV等で紹介なかったが駐車場が一杯になるほどの盛況だった。

私の作品も出品しているが、花だけは親父が育てたものである。元々こうするつもりがなかったが、あれよあれよと言う間に展示することになった。こんなこと書くと怒られるだろうが、本当はクリスマスローズは好きな花ではない。何時も頭を垂れていて下から覗き込むという行為が嫌だからだ。
そんな話を親父とした時、「吊り下げ展示にしたら客が屈まなくていいんじゃない」と私が言った言葉で今回の展示品が出来た。予定ではもう少し高い位置へ飾られると想定してたので私の計算違いになってしまった(^^;)
材料はパイン材・流木・紙粘土・水彩絵の具・縄・庭の苔・庭の福寿草・落ち葉でアレンジしてみた。本人評価は60点とみてる。
右の写真は家から持ち出したイチコを「福島植物園」の関係者がアレンジしてくれた(^^)
右下は親類の叔父が作ったミニチュアの民家、扉も動く中々の代物である。来年もあるだろうから暇な人は見に来てね(^∀^)ノ

2008年11月15日
吾妻山が噴火!・・いや、噴煙をあげている。
私が小学生のころに比べれば小さな噴煙だ。あの頃は毎日「何時か噴火するから逃げるぞ!」と近所の人達が話していた。
ニュースで300mの噴煙が上がるのは25年振りと放送していた。ここには浄土平ビジターセンターという登山者に注意・案内等を行う施設がある、そこには婆ちゃんが勤めている。発見当初は凄い音で「噴火!」と本気で思ったらしい。火山性ガスが発生してるか危険はないかとすぐに気象台に問い合わせたそうだ。
そんなこんなで大変な時にTV局のカメラマン・一般客が山に近づいていくので止めるのが大変だったという(^^;)
そんな私もすーちゃんを連れて取材に行ってきました。
左は我が家から見える噴煙、子供を学校に送って家に向かう途中に「噴煙」を上げているのに気づいた。
朝8時には家を出た。
娘一人を連れてのドライブは久しぶりな気がする。霜が残るクネクネ道はハルちゃんには耐えられないので留守番。。。ここへ来るには有料道路を使うしかない1570円を支払い浄土平レストハウスを目指す。山頂に近づいてくると噴煙が見えてくる、駐車場から結構近いようだ。
レストハウスとビジターセンターは私の母とさーちゃんの母が勤めていた。一昔前は近所のおばちゃんばかりが店に行ってたのでみんなのおごりで喰いきれないほどでした(^^;)
すーちゃんは婆ちゃんに逢うのは久々で一緒にいたかったようですが、噴煙に近づこうとする登山客に説明するのに苦労してたのでまた後で逢いに来ることにしました。
湿原の遊歩道を歩いて噴煙を見ると発生日より大分弱くなったように見えます。それは穴が大きくなり勢いが弱くなったようです。まあ、11/16でこのルートも閉鎖ですから記念ですね(^^)
2008年10月18.19日
昨年あたりから、渓流釣りが終わるとキノコに目が向くようになってきた。yonpapaさんと山へ入るようになってから大分キノコの名前と判別が出来るようになった・・・相変わらず知らないキノコは蹴飛ばしているけどね(^^;)
そんなこんなで気の合う友達を急遽「囲炉裏小屋」呼んで「キノコ宴会」を開いた。急遽呼ぶと言っても隣近所ではない、わらびさん・YAMAさん・keyちゃんよく来てくれましたm(__)m
近所では叔父さんとyonpapaさんどっちも同じ市内出身。
鍋はYAMAさんが持ち込んでくれたキノコでぎっしり、タマゴ・モタセ・チャナメ・・・なんだっけ?(^O^)
keyちゃんが揚げてくれたサワラ?美味かったですねえ。自分で釣り上げ捌いて料理が出来る人がいると重宝します(^^)
わらびさんの塩ホルモン、yonpapaさんのキノコご飯どちらも美味かったなあ。でも、何よりのご馳走は火を囲んで皆で酒を飲めたことです(^^)

・・あ〜・・飲みすぎた〜横隔膜辺り痛い(:_;)
夕べ飲み過ぎて早々にダウン、昼間の保育園での芋煮会の疲れかさーちゃんに「寝るって皆に言ってきて」の言葉を残してダウン。朝なんとか目を覚まし、皆のとこへ・・yonpapaさん辛そう(^^;)AM10:00少し遅めではありますが、キノコ採りSTART!今回の目標は「なめこ」。YAMAさんと釣り歩くのは初めてじゃないがキノコ採りは初めてご一緒でしたっけ?と言うくらい動きが素早い。先頭をガンガン攻めてました(^^;)
少し歩くとモタセ(ならたけ)が出ていました。モタセは結構かたまって発生するので収穫するとあっというまに一杯になってしまう。他のキノコも採りたいなあ、などと文句を言ってるとkeyちゃんがなめこを発見!した。天然なめこはどんな味がすんだろな〜(^¬^)
5人全員がコンビニ袋1つ満タン以上の収穫をして帰ってきました。皆さんお疲れ様でした、また飲もうね(^∀^)ノ


2008年10月11〜13日
仕事も下期に入りしばし小休止。
三連休はそのまま休みとなった。三連休になった所で何も予定はない、衣替えの衣類を整理したり家の掃除でもして過ごそうかとかみさんと話しながら洗濯物を畳んでいた。
すると囲炉裏の影から「バサッバサッ!」という音と供にゴソゴソと何やら怪しげな音がする。遠くからそうっと覗いてみると、子供達が何か「秘密基地」のようなものを作っているらしい。私の山用のタープ・ブルーシート等々を機用に紐で縛ってやっている。
面白そうなので黙って放っておいた・・・そしたら「秘密基地作ったから見て!」と呼びにきた。これでは「秘密」じゃないんじゃない(^^;)
「良く作ったね、どうして作ったの?」と質問したら「お父さん読んでる漫画に載ってたから」・・ははあ、「20世紀少年」のことを言ってるんだな。
色々持ち出して散らかしたけど怒らないで好きなようにさせてやりました(^ー^)
12日朝、昨日の「秘密基地」の続きを子供等とやっていた。
やけに車の音が五月蝿く「朝っぱらから何やってかな〜」と思っていたら、親父が今日は「堺正章」とかがクラシックカーで走る日だと言うので子供等連れて行ってきました。歩いて五分でコースに着く、誰が誰だか分からないが取り敢えず手を振る。今通ったの誰?(^^;)
TOTALで116台が走ったらしいが、知ってる人は一人も見つけられなかった。一応マチャアキは76だったらしい・・。
折角だから通る時に地元の果物でも買って宣伝してくれればいいのにねえf^_^;)
家に戻り庭を散策してると紫の実がなっていた。私は知らないので親父に聞くと「ムラサキシキブ」というらしい。

連休三日目最終日、以前作った鉄棒を改造して「ウンテイ」を作った。持ってる資材で作ったので継ぎ接ぎだがなんとか形にした。始めは親父も黙って見てたが、気になるらしくいじりだした。
こういう時、手を貸してほしくなくて邪険にする人もいるだろうが私は何も言わずその行為に合わせて行く方だ。私はそれが「親子」だと思っている。
完成して子供等を呼ぶと大喜び!一生懸命ウンテイを最後まで行こうとするがうまく行かない。その内飽きてしまい、高いとこへ登って遊ぶ始末(^^;)
これが今後どんな展開になっていくのかお楽しみに・・(^^)


2008年10月4日
釣りのシーズンも終わり、またこの季節がやってきた。
「家族サービス強化シーズン!」今回は手始めにすーちゃんの友達も呼んで芋煮会、家の裏庭に場所を決定したが物凄い雑草だらけで朝一1時間掛けて草刈り。肩から下げる草刈り機でやったのだが、汗はダラダラ・・結構疲れるものだ(^^;)
まずは火を焚いて固いものからぶちこむ、子供等は思い思いに遊具で遊んでいる。父ちゃんは冷えたビールを横目に我慢の火番、沸騰し煮えてきたとこに出汁と酒を入れようやくビールを飲む・・・ぷはあ〜(^O^)極楽極楽。
いい感じになったとこで白菜投入+火力UP!今朝方作った特製「火吹き竹」で思い切り風を送り込む。・・ビールまだ飲まなきゃ良かった、あんまり吹きすぎて気持ち悪い(:_;)
まあ、そんな頑張りによりいい感じに芋煮が出来上がった。
「皆、美味い?」子供達・家族も大満足の出来のようだ。口々に「美味い」を連発していた(^^)

いやあ〜喰った喰った(^^)
鱈腹食べたら空を見てごろ寝、「山はいいもんだなあ」家が山の近くで本当に良かったと思う。つうか今までなんで家で芋煮会やらなかったんだろう、こんな良い場所あったのに・・灯台元暗しだったのだろうか(^^;)
夕方師匠が遊びに来た、携帯の写真を私に見せる。
「おっ!松茸じゃん!でけえ」
それはそれは見事な松茸が写っていました。山形の有料松茸山で採ってきたそうです。2000円払って、朝5時〜午後3時まで採っていいそうです。師匠は早々に見つけた為、9時には帰ってきたそうですが充分元は取れたでしょう(^^)採れない人も結構いるらしく経験が必要のようですね。
で、まだ松茸まわってこないけどどうなってんの?(^^;)
楽しい週末でした(^∀^)

2008年2月18
週末のほとんどは家族で一緒に過ごすYUZU・・家族持ちで源流好きのダンナでここまで「家族思い」が他にいるか?と自負している(^^;)
冬にはお約束の「冬の運動公園」、ここは子供達にとって「そり遊び天国」芝生があるのであるので少しくらい雪がなくとも滑るすべる(^^)
親は勝手に「冬のソナタ・・」とかってに勝手に思いをふけるが(さーちゃん)子供にとっちゃ遊び道具、「おかーさーん!いくよー!」で勢い良く滑ってくる。さーちゃんは、もろに子供等に引かれていた(爆)
しかし、今年は雪が少ないと嘆いてはみたが雪の残り具合にかなりの差がある。家の近所でかなり残っているが、市内中枢部では殆ど雪はない。これも「温暖化」の影響だろうか(^^;)
私は単純に、「車の走る量」が関係してるような気がする。「東京マラソン」は運営者の苦労はともかく、数多く進めることは良いことと思う。
そんなこんなと家族と一緒に過ごしているが、やっぱり釣り関係がいじりたくなる・・ごまちゃんと遊びながら「囲炉裏小屋」を遠回りに囲む。「あの部屋には釣り道具が・・」近いようで遠い部屋、一般の人の趣味と同じノリで遊びたいが中々理解されない空間。シーズン中は割りと理解されてるようだが、シーズンオフで「再認識」させられる「異空間」・・・あと二ヶ月どうやって過ごそうか・・酒でも飲むか?その前に仕事か?
まだまだ我慢のシーズンオフでした(:_;)


2007年11月3・4日
休日出勤を終えてから家族で、吾妻運動公園の「銀杏並木」のライトアップを見に行こうということになりました。
昼間に銀杏並木を見ることはありましたが夜のライトアップは初めてです。照明をそれぞれに分けていて銀杏の色がわかりませんが、ライトアップというのを考えるとそれなりの構成がありOKでしょうか(^^)
すっかりカメラ任せとなっているこの頃、スピードと明るさ補正をいじり撮ってみました。流石に三脚なしだとブレが出てしまい苦戦しました。苦肉の策で地面にカメラを設置して撮影を試みました・・思ったより良い視点からの撮影が出来この形式で結構撮っていました(^^)
見学者やカメラ趣味の方が結構来ていて、暗さの中でフラッシュを使わず自然の明るさを綺麗に取り込むのに苦労していました。人により素人っぽい人から玄人っぽいひとそれぞれに腕をふるってましたが私は明日の早朝また遊びに来ることにしました。
早朝6時前はカメラを抱えた人は見受けられませんでした・・・ですが袋を携えた人を見ました。興味津々で並木道から逸れて見てると、銀杏の木を蹴ってます。・・銀杏の実を拾っているようです(^^)
「取れるかい?」話しかけると「大分減ってきたけど採れるよ」とコンビニ袋丸々一つを見せられました(^^;)「ほほお〜」と言いながら少し分けてもらい私も小さなビニール袋に入れました。
銀杏は幼い頃に親戚の家でよく拾いましたが、拾ってからフライパンで炒るまでが知りませんでした。水洗い用のゴム手袋を使用しても「カセル」(皮膚荒れ)が酷くでることがあるらしいですね。お袋に子供の楽しみの裏話を始めて教わりました(^^;)
久々に遠くの山を見ながら歩いてましたら、球場の近くに硬球のボールが落ちてました。誰かが試合で場外ホームランでも打ったのでしょうか?勝手な妄想をしながら早朝の清々しい空気を久々に味わってきました(^^)

2007年10月28日
新車購入して初の家族ドライブ。
ネットで調べてみると「日本そば博覧会」が会津であるというのでドライブがてら行ってきました。大分早く現場に行ったつもりでしたが、駐車場は結構入っていてバスによるピストン送迎でした。福島市内は朝から晴れ渡り快晴でしたが、会津は少々曇り気味・・ですが、出店してる蕎麦屋さんの活気に押されて皆それぞれの蕎麦屋に並んでました。
中でも地元の山都蕎麦は長い行列が出来ていました、ですが地元の私は他県の美味しい蕎麦を巡り子供等と4食食べてきました(^^;)
本気で食べ歩くなら「かけ」じゃなく「もり」じゃないと食べきれませんね、なぜなら温かいのだと汁を飲んじゃうんですよ(ー_ー)意識してても飲んじゃうのは貧乏人の性分かもしれないですけどね(自爆)
帰りは紅葉見ながらドライブしてきました。盛りではありませんが、所々に色のアクセントがありそれなりに楽しめました(^^)

2007年10月
はあ〜・・釣りが終わると、中々脱力感がぬけないんですよねえ〜。
HPいじるのもメンドクサイ・・(^^;)ですが、立ち上げた以上少しでも更新していくのは見てくださる方々への感謝の意。
週末は、ほぼ子供と一緒離れない時がないほど。シーズンオフはすーちゃんの運動会に始まりました。こういっちゃなんですが、昨年までの主任教諭がいかにも公務員という感じで嫌でした。今年から変わった教諭は非常にテンポ良く「子供と親中心」に考えてくれるので良い協力ができました(^^)中々いい人は回ってこないものです。
休日少しでも開いた時間があると牧場とか動物に逢いに行ってました。始めは怖がって近づけませんでしたが、慣れてきて草や野菜をあげれるようになりました。「食べたい物を選んであげて食べてもらう」と心が通じたようで子供等は喜んで試していました。動物はいい迷惑です(^^;)
ある休日に保育園で紙飛行機の先生?というのを呼んで授業がありました。
小学校の体育館に集められ今まで作ったことがない、航空力学を網羅した紙飛行機の指導でしたので子供より親の方が夢中で聞いてました。それがきっかけで色んな飛行機を用意して休みの日に広場で飛ばして、子供等と走り回っていました(^^)特にゴムを巻いて飛ばすプロペラなんて子供の頃はまりました。「バルサがいいんだ!」なんて親に言って買ってもらいましたが、飛べば何でも楽しかった気がします(^^;)
そして毎年恒例の蔓を使った籠遊び。子供達より早く起きて作ってました。案外単純なんですが、採ってきた蔓により「曲がる方向」「ひねり具合」が面白く結構嵌まります。綺麗に出来ないほど愛らしく「馬鹿な子ほど可愛い・・」という言葉を思いついた人に拍手です(爆)
蔓を採ってきて10分?そんなもんかな?なんだかんだ設計図もないままに蔓任せで編んでいく。曲がりたきゃ曲がらせてねじれたきゃねじらせる・・そのうち何か見えてくる。細かく綺麗に編むことも出来るが、それだと味がない気がする。負け犬の遠吠えかどうかは判定者がいないので判らんが、勝手に自分でそう思い込んでいる(^∇^)
写真左下は大文字草の一種だ、名前はなんだったか忘れた。
そうそう、とうとう山用自家用両立の車を買いました。これで来年はアグレッシブに山へ行ける!・・だろうか?(^^;)
2006年10月21・22日 芋煮会〜菊人形
土曜日は、はるちゃんの保育園で「人形劇」と「芋煮会でした。
すーちゃんは楽しく見ていましたが、はるちゃんは暗くなって人形が飛び出してきたので怖くなり泣き出して部屋を出てきてしまいました(^^;)しょうがないので保育園の芋煮会準備を連れていったら知らない大人ばかりでよけい泣いてしまいました。こんな時は草や花を摘んで歩くのが一番で近所を一周する頃には元気になってました(^^)
芋煮会の準備は各自担当父兄が行うのですが、イマイチ不安の残る始め方でした(´〜`)
100人分作れる鍋にガスバーナーでやっていたのですが火が弱いんじゃないかと思いつつ遠めで見てました・・なぜなら担当者でないのに口出しするのは面倒なことを引き起こしやすいですからね(^^;)
でも、近くで見てた父ちゃん連中が「見てられない」という感じで集まりました。いつの間にか私もいました(爆)つうか、父ちゃん連中はみな私の同級生で顔見知りいつの間にかスタッフで作業してました。味はねえ・・結構、世のお母ちゃん連中はダメですね。仕方ないかと・・・(:_;)
日曜日は「二本松菊人形」を見てきました。
思ったより子供らに受けがよく喜んで菊を見ていました。私は「千輪咲き」を楽しみにいったのですが写真のようにまだまだでした。
今回のテーマはNHK大河ドラマ「功名が辻」で中々手の込んだ作りでした・・というか、私は初めて見たので「菊人形とはこんなものか」という感じでした。ですが、お客はかなりいて朝10時到着の私らですが「第二駐車場」に案内されるくらい沢山来てました。
帰ってくると婆ちゃんの手伝いで「玉ねぎ」を植えました。
すーちゃんもはるちゃんも見よう見まねで畑をうなってます(^^)結局邪魔者で植え方専門をやらされてました。手前の大根も中々の発育状態のようです。
子供らが畑いじりをしてるのでのんびりごまちゃんと散歩してきました。紐なしでずうーっと歩いてましたが、走ったり逃げることもなく私のそばを歩いてます。子供達よりもいうこと聞く良い番犬です(^^)
カメラを向けるとそっぽ向くので「なんだろなあ」と思ったら夕焼けを見てるみたいでした。犬のくせに黄昏てるんですかねえ(^^;)

2006年10月14日・15日 リハビリ
土曜日午後過ぎにリハビリがてら歩いてきました。
足は特に問題ないのですが、手の感覚がイマイチで木を掴んだりして体を持ち上げようとするとバランスが巧くとれずこけたりしました。まあまだ筋肉痛が残っていたので無理はしませんでしたが、そろそろ「動き出さず」にはいられなくキョロキョロしてました。写真はクリタケで少し早いですが夕飯で頂きました。
部落の文化祭があり、すーちゃんが工作した「トンボ」が貼られていると近所のおばちゃんより聞いたので確認に行ってきました。
確かに貼られていて、姉妹で記念撮影してきました。
日曜日は牧場(スカイランド)に行ってきました。
長いローラー滑り台があってダンボールがないとお尻がズル剥けになるのでダンボール持参で遊んできました。はるちゃんも始めは怖がって「一人でダメ」とか言ってましたが、何だかんだ姉が滑るのを見てると一人で乗り込み滑り出しました(^^)
高原で見る秋空は、家で見てるのとは結構違います。家も結構山ですが、空の近さが違うので雲の流れがとってもリアルでいい感じです。
いつまでこの綺麗な空気を味わえるのでしょうかね?最低でも空だけは変わってほしくないものです。

2006年10月07日・08日 悪夢の前触れ
今日は町内の運動会。
家族全員で参加、始めに幼稚園生・小学生の競技があって一般部門の競技がありました。すーちゃんは、前回の運動会であまり良い成績でなかったのでかなり気合が入ってました。走る前の構えからして「勝つぞ!」というのが伝わってくる構えでした(^^;)結果2番で到着2番といっても僅差で中々のものでした。父ちゃんは玉入れです。オレンジ色が私、エライ高い籠目指し投げ込んでます。結構肩痛かったです(爆)
はるちゃんは前回の運動会で1等をとってるせいか、余裕の走りでした。この競技は幼稚園以下の子供が必ず景品を貰えるものなのでのんびりゆっくり品定めをしてゴールしました。
午後からも競技はあったのですが、福島市稲荷神社のお祭りがあったので途中で抜けてそっちに行きました。
今の出店は色んなのありますね。
スーパーボール掬いなんて小さい頃なかったですからね。射的の的も「たまごっち」がおいてありましたが絶対倒れないよう錘がついてました。後珍しいのが、笛の中に「甘い香り」がする粉を入れて吸うときは甘い香りがして吹くと笛なんてものもありました。父ちゃんはこのとき、鶏ステーキの焼け具合に夢中で一人で食べていました。・・その数時間後には寝込みましたがね(^^;)

2006年9月30日・10月1日 運動会と芋煮会
また今年も釣りの出来ない季節がやってまいりました。
そしてこの時期は「運動会」奇しくもすーちゃんとはるちゃんは同じ日に運動会となり父ちゃん母ちゃんは分散して姉妹を応援してました。私はすーちゃん側に来てたので写真撮影はしてますが、はるちゃんはビデオのみなので写真はありません・・。幼稚園は少ない人数なので見劣りしますが、手抜きせず頑張ってる娘に父ちゃんは感激でした。昨年までは中々入らなかった玉入れも巧く入れられるようになりました(^^)
すーちゃんは幼稚園で2番目に大きいらしくほぼ目印状態です。綱引きでは一番後ろで我慢する役でしっかり守ってました(^^;)
駆けっこでは早いのですが、いざ競争となるとみんなに気を使うのかみんなを見てから走り出します。どうも私はスタート前にみんなに手を繋がせる幼稚園のやり方は気に入りません。
まあ兎に角一生懸命頑張っていたので良かったです。父ちゃんもリレーに出ましたが転んで恥をかかなくて良かったです(^^;)

はるちゃんは「駆けっこ競争」で一番だったそうです。侮れぬ二番目の魂(^O^)
次の日の日曜は会社の友人家族と芋煮会です。
芋煮シーズン前哨戦という雰囲気でそれなりに場所取り合戦が行われてました。私らはど真ん中の皆に囲まれるポイントで堂々と火を起こして始めました。気温はほどほどで少し風があり、いい感じで鍋は噴いてました。
芋煮会は山泊で楽しむのとはちょっと違う趣きがあります。山を歩けない子供や女性も気軽に参加でき和気藹々皆で火を囲んで料理を作れるのです。この家族空間が私は好きです。
芋煮がいい具合に煮えてきました。
基本的に出汁はキノコと豚肉・ごぼう・にんじん、そこに日本酒を混ぜ煮詰まった頃に軽く茹でといたサトイモを入れ更に煮詰め白菜投入・・YUZU家高級味噌を2玉半入れ待つこと30分で見事な芋煮鍋の完成です。
が、酒飲み親父共が大人しく火の番をしているわけがありません。隣に七輪を置き「炭火焼き鳥」&「炭火手羽先」を喰いながら「ガハハハッ!」と笑いながら酔っていました。福島の「伊達地鶏」中々ですぞ!(^^)
さあ出来た所で子供達の掛け声です。
「みなさん、頂きます!」
はい良く出来ました(^^)良く食べました。みんな沢山食べて大成功だったみたいです。子供らは元気で食べたらすぐに腹ごなしの運動・・父ちゃん共は火を見ながら酔い覚まし(^^;)つうことでおいらは蔓を採ってきて「酒かご」を作ってました(TOP参照)近所にこういうとこがあるのはいいですね。家に行くより気さくに集まれますからね(^^)
来週は町内運動会・・マツタケ採りかキノコ散策行けたらいいなあ。


2006年3月26日 黙って景色より、運動・・
本当は米沢へ電車にて「電車の旅」の予定でしたが、保育園から幼稚園に進級するすーちゃんが動かずにいられないようだったので一日中体を動かすことにしました。
まずは朝食後の散歩で近所を2kmくらい歩いてから吾妻運動公園に行きました。風が強く散歩してる方はほとんどなく安達太良山をバックに堂々と撮影できるくらいでした。
本当はバトミントンをするつもりで持ってきてたのですが、風が強くできないので縄跳び・駆けっこなどをしていました。はるちゃんは、お姉ちゃんがすることは自分も出来ると思っていて試すのですが失敗ばかりで親を笑わせる天才でした(^^;)
運動公園には野球用・サッカー用・等のグラウンドが数点あり土手に仕切られてうまい風よけになっていたのでそこで遊んでました。私が何気に坂を登るとすーちゃんも登ろうと着いてきますが、うまく登れません。そこで「上手な斜面の登り方教室」・・足を斜面にあわせてながら体重を前傾にして登る。コツを覚えたらあっという間に、すーちゃんは登ってしまいました。末は「源流師」か?
はるちゃんはバトミントンセットを抱え疾走中、中々さまになってる走りに父親の強い遺伝を感じますね(^^)
とにかく「広いとこが好き」「青い空が好き」「自然が大好き」・・それでいい。雑草のように踏まれても立ち上がれお前たちには俺がついてる!・・ああ、さーちゃんもついてる!(^^;)

2006年3月4日 春を探しに・・
土曜日は私の両親(爺婆ちゃん)のおごりで私ら夫婦の誕生日を祝ってもらいました。私とさーちゃんは4日違いの誕生日なので毎年この辺に家族に祝ってもらっています。
この日は土湯の「向滝」に泊まってまいりました。新館になる前は過去20年以上毎年宿泊してましたが、10数年ぶりに宿泊すると色々と変わっていて中々新鮮でした。露天風呂もほどよくてゆっくりしてきました。写真は返る前にロビーで撮影したのですが、それぞれ好きなポーズで写っています(^^;)
日曜日は帰ってきてから「春を探しに行こう」と思いつきすーちゃん・ごまちゃんを従えて出かけてきました。
春を探すといっても中々「春」のイメージは難しく「蕗の薹?」「筑紫?」「花?」等思い巡らしましたが見つけたもので春を感じたら良しということにしました。写真は「いぬのふぐり」です。
あんまり天気が良いので、逆に「なぜ春らしいものがないのか?」と不思議な感覚で周りを見ていました。
ごまちゃんは、久々の遠距離散歩でご機嫌です(^^)すーちゃんは少し疲れ気味だったので川原で「動物に似てる石を探して絵を書こう」と石探しに誘いました。久々の本流域でしたが、やはり源流から流されて角が取れ丸く小さくなった石が多いです。ですが、なかなか面白い型の石があってすーちゃんの面白い画材になってました。
散々うろちょろしてきましたが「蕗の薹」も見つけられず「筑紫」もなくプラプラして我が家へ帰って「やっぱ自分家の庭はいいなあ」と椅子に腰掛けてたら・・あるじゃないですか、春が(^^)福寿草が力強く咲いていました。なんかこうやって花が咲くのを見ると次に緑が見たくなってしまいますよね(^^;)こうやって一年は短かったなどと言って年を取っていくんですかね(苦笑)

2006年1月28日 今年初・・
皆さんこの週末日記では明けましておめでとうございます。
今年は年明けから色んな災難に巻き込まれor巻き込みで大変な幕開けとなりました。娘二人とも1週間おきに「おたふく風邪」をひきリンパが腫れて「痛い痛い」と熱をだし夜間診療所に通院・・大して酷くないはずが、なかなかどうして大変でした。その一週間後あたりに私の頭に変調があり「死ぬかもしれない・・」と覚悟するほどの頭痛が発生しました。
近くの診療所に行ったら「体は別に問題ない、ただの頭痛だから鎮痛剤あげるよ」とのことで痛い頭をひきずり(?)帰りました。夕食後薬を飲んで寝たら・・夜中に頭が割れるほど(頭が締め付けられる)の痛みで朝まで一睡もできず、総合病院へ行きCTを撮って診察を受けると「緊張型頭痛だね、酷いようだからしばらく薬のんで静養して下さい。それと市販の頭痛薬(鎮痛剤)は余計刺激を強くなるから飲まないでください」とのことでした。
原因はストレスが主原因のようでした。会社内での多様な客・上司対応と家族の病気絡みで一気に噴出したのでしょうか?今まで味わったことのない頭痛は「恐怖」を私に植え付け今だに波のように押し寄せる時があり薬で誤魔化している現状です。
ですが頭痛がないときゃ普通の人間ですので今まで通りアグレッシブに過ごしています(^^;)。
ストレス発散というわけではないですが、一眼レフのデジカメを親父とワリカンで購入しました。それを持って外の空気を吸い悪い「波」を追い出していきたいと思います。
最上部の写真は奥羽本線を走る「つばさ号」を7時台に撮影しました。カメラ任せですが流石900万画素という感じです(写真館にも載せてます)その次は振り返ったら雲の隙間から朝日が綺麗に差し込んでいたので撮影しておきました。
子供たちは無事におたふく風邪を乗り越え今日も元気にお散歩です。
この子らの為にも早く頭痛を克服して新緑の季節を向かえたいものです(^^)もし、これが原因で退社になるなら5月あたりがいいかなあ・・なんてね(^^;)
そうそうカメラはfujiのS9000です。

11月13日 キノコ散策〜・・
親父が先週クリタケの子株を見つけておいたので収穫に行ってきました。
行ってみたら、採られたあとでダメでした(:_;)でも、早朝の散策(朝6:30裏山)は気分良くゆっくりと山の空気を吸い込みながら歩いてました。ごまちゃんは紐なしで一緒にごそごそ山を散策してました。狩猟期間になるとキツネに間違われるので11/15前までしか山で遊べないのが残念ですね。
帰ってきて朝食後シーズンオフの手遊び「かご」を作っていました。山芋のツル・アケビ等色々試してますがどれも癖があり出来映えがそれぞれ異なりなかなか面白いです。今回はハルカのお遊び用に作ってみました。
「はい、どうぞ」とハルカにかごをあげると特に喜ぶでもなく、買い物かごのように持ち歩いていました。
お気に入りの熊さんにまたがり、かごに「ごまちゃんのぬいぐるみ」を入れて金太郎状態で遊んでいます(^O^)
吾妻運動公園の銀杏並木も色づいてとても良い感じでした。少し露出をあげすぎたみたいで明るすぎた感じですがこのくらい眩しいイメージがこの公園にはあります。秋に訪れるにはとても良い公園ですよ(^^)
「隣は何をする人ぞ」写真撮るよと言っても回りに夢中の二人です。
多分グラウンド下の道路でスキーの練習(ローラーブレード)に釘付け状態。広いグラウンドにも気落ちせず遊びまくる姿には圧巻です(^^;)
午後になり東日本女子駅伝で交通が不便になるのを見計らいキノコ採りに出かけてきました。親父と師匠と三人で新たなポイント開拓に車を15分走らせ行ってきました。なんとなく不安はあったのですが、急な斜面を越えると雑木林が広がりキノコの雰囲気を漂わせていました。「遅いのかねえ〜」などと言って探してましたらありました!少量でありますが貴重な食材を調達してきました。
このポイントは来年かなり期待できます。なぜならダメになって流れてるキノコが沢山、た〜くさんあるのです。誰も知らないのでしょうか?あと一週間早かったら最高だったかも・・山菜では入山することがあったがこんなにキノコの痕跡があるとは思いませんでした。お宝発掘ですって・・まだキノコ好きになったわけじゃないですからね(^^;)

11月5・6日 結婚式〜・・
5日土曜日は職場の後輩(部下)の結婚式でした。3時過ぎの披露宴でしたので割と一日のペース配分がうまくできず近所の散歩〜ごまと遊ぶ〜昼飯〜ひげ剃り・出発・・とのんびりと過ごして「宴会」でした。なかなか良い披露宴でした。わらびさん電話騒がしくて済みませんでした・・丁度胴上げの準備あたりでしたので(^^;)

で6日日曜は二日酔い(笑)・・回復を待って車の再度メンテ修理。それから帰って来ると従兄の車がありました。
「ああ、どうも久しぶり」
「これ一人で採ってきたの?すげえ〜」
なんて会話で、キノコ談義をしてたら従兄の口からYONPAPAさんの名前が飛び出しました。メールにてキノコを教わったそうです。私からもお礼を言います、ありがとうございましたm(__)m
で、何もせずに頂いた(^^;)キノコを私が調理しました。あのキノコ嫌いの私がですよ(^O^)
鰹だし・キノコ・焼酎でベースを作りそこへおでん大根を入れ昆布汁を入れて1時間煮込みネギをあしらって完成です。
因みにキノコは、ヤマドリとクリタケです。さーちゃんも私もキノコ嫌いですが全て汁まで平らげ美味しい夕食を終えられました。
従兄に感謝です。
これは残りのキノコ達です。
これらはお袋に任せます。ムキタケなるものもあったらしいのですが私は調理手段が思い浮かばなくこれもまたお袋任せです(苦笑)
来週従兄がまた行くなら付いていってみようかな?都合があえばね(^^)

10月22・23日 安達太良山〜・・
当日「お父さんお母さんとハルカと一緒に行く」と言ってたお姉ちゃんは爺ちゃん婆ちゃん達と気仙のおっちゃん夫婦・秋田のおっちゃん夫婦と安達太良山へロープウェイで登ってきました。なんだかんだ言ったって4歳の子供が頂上まで登ったのだから大したものです。俺の血を引いたか・・(^^;)
(写真爺ちゃん)
ゴンドラ乗り場から見た景色ですが頂上付近は色づいてますけどまだ「紅葉」にはなっていませんね。お客さんも雨振りでしたのでイマイチの感じだったそうです。
(写真爺ちゃん)
お姉ちゃんに置いてかれた父ちゃん・母ちゃん・ハルちゃんは遅れて出発。しかも走り出して10分後にハルちゃんが寝てしまいただ車で走りっぱなし・・安達太良山頂上より下は全然色づいてませんでした。
岳温泉に到着。
とりあえず温泉街をぶらつきましょう・・って、どうして子供らはどうでも良いお土産に目が行くんでしょうねぇ。欲しくもないのに散々いじくりまわすハルちゃん。すーちゃんはなんだか楽しそう(^O^)
とりあえず撮っておきました。
ご挨拶と言っちゃなんですが記念に(^^;)因みに私らが宿泊したのは「安達屋」という温泉宿です。
温泉宿での夕食。
福島での温泉宿(我が家から一時間以内)で料理を選ぶなら奥土湯の小滝が岩魚料理のバラエテイに跳んでいて一押しですが平均的な料理で選ぶなら「岳温泉」でしょうね。少人数でしっぽりなら「高湯温泉」か「野地温泉」のような気がします。どこも空きがないなら「穴原温泉」も手ですね。
帰りにデニーズで昼飯をとりました。
その時、ハルちゃんが教えてもないのに箸でミルクを掴みだしたので驚きです。これは間違いなくさーちゃんのDNAではなく私のDNAが勝ったという証明でしょう。
「わんぱくでもいい、逞しく育ってほしい」
(^^)

10月15・16日 秋祭りから・・
秋は週末になると天気が悪くなるイメージがある。でも、嫌いな季節ではない。山の木々達が短い期間に彩っていくのはこの季節の醍醐味じゃないだろうか・・。
それはさておき、近所の「四季の里」へ出かけると「秋祭り」が催されていた。なかには「縄レンジャー」などというお笑いと縄跳びが合体したようなセミプロ?の方達がいて場を盛り上げていた?
四季の里での中途半端なお祭りに飽きてしまい(開催者は頑張っていたと思いますが・・)家から10分エリアをぐるぐる「探検ドライブ」してたら釣り場以外の高台に出て福島の街を見下ろしてました。
「本当に凹凸のない街だなぁ」しみじみと眺めてました。まぁそれはそれでいいとこでもあるんですけどね(^^;)全国出張巡りのお陰で地元の良さも少し目覚めてきました。
日曜日、親父殿が茸採りに連れて行くというので家族全員で出かけました(爺・婆・母・父・娘・娘)
「道から1分だから」というので行ってみたら採られた後で左の写真分のみでした。何て言う茸か忘れた。ヤマドリ?
親父殿の話しだと先週はこれの5倍採ってきたとの弁・・。
「全然ダメだね」と家族から言われつつ車で探検ドライブしてると怪しい茸を発見したので撮影だけしておきました。
高さ約25p傘10pありました。みんな採らないからきっと毒でしょう?
しかし、バブル時に無駄な幹線道路を沢山作ったんだなぁと感心して山道を走っていました。
帰り道また、四季の里周辺を走ってるとコスモスが盛りでしたので少し散策してきました。すーちゃんはカメラ撮影はお手の物ですがはるちゃんはイナゴに夢中でさっぱりこっちを向いてくれませんでした。
来週は安達太良山ゴンドラ〜岳温泉のコース予定ですので紅葉どうなってるかなぁ?

10月8・9・10日 裏山から・・
10/7日職場の後輩が結婚するのでお祝い会がありました。先週のような料理の不味い店に行かなかったので、気分良く食って飲んでで悪酔いしないで次の朝は起きれました(^^)
ということで、まだ子供の寝てる6時半過ぎにお袋連れて裏山に行ってきました。
茸はクリタケがありましたが、大してないので栗拾いしてました。栗拾いはしたことない場所だったのですが、拾ってみるとなかなかの粒ぞろいで袋一つ採ってきました。
帰り途中に何やら食えなそうで食えないかも(^^;)しれない茸を採ってきましたが、放置してあります(爆)
釣りへ行かない三連休とは大変暇なもので、しかもさーちゃんが調子悪く外出も控えめ・・・こんな時は主婦が主夫とならざろうえないでしょうねぇ。
まずは洗濯物を整え、料理を作り・子供を寝かせ・障子の張り替え・・障子の張り替えは思ったより簡単にできました。何か今の仕事の進め方に似てた「段取り」が仕事に良いヒントを与えてくれたのでこれはokでした(^^)
天気も悪くのんびり散歩が出来ない「山育ち」の我が娘は退屈で退屈で怒られてばかりだったので、気晴らしにマックへ連れていき食事と運動をしてきました。
丁度同じくらいの子供達もいて、登ったり降りたり滑ったりワイワイ騒いで遊んでました。
珍しくハンバーガーも半分以上食べて食事に遊びに大暴れでした(^O^)
また遊びに来よう。
とうとうYUZU家に本物の柚子を植える日が来た。親父が友達の植物園より頂いた?購入したものが置いてあった。で?当人達はどこへ?・・・「茸の繁殖地をを見つけたから採りに行ってくる、いっぱい茸食わせてやっから」
・・だから、俺は茸嫌いだっつーの!ホントに親子なんだろか?(^^;)
ちなみに、控えめに宣伝しときました(爆)

10月1・2日 運動会から・・
9/31に会社の旧バレー部飲み会があり、飲み過ぎてやっとの思いで子供の運動会に出席しました。当然、お手伝いすらできなく写真撮影のみの出席でした・・(´〜`;)
子供達は元気で次々と予定をこなしていきます。さあ、すーちゃんはどこにいるでしょう?ヒントは白組です(^^;)
お姉ちゃんばかり写真撮ってたらハルちゃんも撮ってほしいとのことで大好きなブランコにて撮影。
日曜日はすーちゃんと栗拾いに裏山へ行ったのですが、栗は採られた後で山を少し彷徨ってきました。なんかの茸があったので撮影だけしてきました。スギヒラタケかな?
家に戻ると従兄が採ってきた天然舞茸のお裾分けが置いてありました。天然を直に見ると見事なものですね。茸嫌いの私でも食べたくなりました。
つうことで、従兄の茸を見てもう一度裏山へ茸散策に行きました。小さいですが結構出てるもんですね。なんだかわからんけど撮影してきました。
これはクリタケですよね?多分・・?ヤブ蚊の猛攻に会いギブ寸前でした。
これも茸?みたいですよ。よくわかんないのは蹴飛ばすと子供の頃に習ったので蹴っておきました(爆)
日曜の夕食メイン。
左が天然舞茸天ぷら(塩)右が岩魚味噌漬け焼き、下は師匠が採ってきた松茸ご飯・・・全て無料で幸せ一杯でした。田舎に育って良かった(^^)