The8th Rally Raid Mongol

初めての海外旅行がはじめての海外ラリー。
仕事をやめる直前にふと思い立ってだんなさんに行ってもいい?
って聞いてみたら、がんばっておいで。と快諾してくれました。
そういうわけで、ラストモンゴルへ出場です。

8月8日 出発前日、方向音痴炸裂!
出発前日までばたばたと両替、その他で熊本市へ行ってきました。
引っ越してきて3ヶ月くらいたつというのに、いまだに熊本市内まで行くと迷子になります。
チームの皆さん(マコちゃん、田島さん、岩崎副隊長)と一緒に福岡空港から出発するので
皆さん家に泊まっていかれます。
片付けもろくにしていませんが、とりあえず皆さんが来るまでに家にはたどり着きました。
やれやれ困ったものです。


8月9日 出発
朝、早起きして福岡空港へ。いよいよ生まれて始めての国外です。
チェックイン時にオーバーチャージをとられてしまいました。
機内へ持ち込むはずだったバッグの寸法が5cmほどオーバーしてしまい、
預ける事になってしまったからです。6,900円なり。うーキビシイです。
出国手続きを終え、飛行機です。昨日の寝不足が効いたのか良く眠れます。
韓国ではゴタゴタしながらもトランジットの手続きを終えて、お昼ご飯です。
韓国の焼肉は美味いです。それから焼肉以上に美味いのがキムチです。
辛いのですが味は最高!!ただしにんにくのにおいも最高レベルだと思います。

MIAT(モンゴル航空)でウランバートルへ向けて出発です。さすがにここまで来ると
飛行機の中はエントラントとオフシャルが多いです。大分のカオルさんは、先発隊におにぎりを
差し入れるんだと段ボール箱を抱えています。自分の荷物より大事そうに機内持ち込みをしていました。
いつもながらユーモラスな方です。
モンゴルでは、つたない英語で入国審査をパスして、ホテルへ移動です。
タクシーに乗ってびっくり。フロントガラスにはヒビが。日本ではこんな車絶対に走っていません。
副隊長曰く、モンゴルのタクシーは5ドル払えばどこへでも連れて行ってくれるそうです。
それからホテルのボーイさん。重い荷物を持って行ってくれましたが、顔がゆがんでいました。
それのそのはず、総重量25キロはありました。
バイクも無事に着いているようだし、後はゆっくり休むだけなのでした。


8月10日 整備と試走
今日は整備の日。明日の車検に向けて日本でやり残してきたことをします。
私は、スイッチの移設と工具類の収納が主な作業です。
スイッチの移設は、あまり使わないライト、ホーンのスイッチをハンドルの中央へ移動して、
よく使うICO、マップケースを手元へ移動させました。本当は日本でやるべきだったのでしょうが
知恵が足りませんでした。材料を提供してくださったクラッシャー大西さん、田島さんありがとうございました。
一通り整備を終えて、試走です。試走は、まこちゃんの後を着いていって去年のETAP1の最初の15kmほどを走りました。
なれない右側通行です。曲がるとついつい左車線に入りたくなりました。
道路を牛も通っているし、生まれて初めての体験ばかりでした。
ほんと怖かったです。


8月11日 車検、プロローグラン?
車検は結構順調でした。特に指摘事項も無く合格。
それからステッカーチューンと、怒涛のコマ図貼りです。
この量が多い。1時間で2日分も終わりません。とりあえずETAP1が終わったところで、時間切れ。
プロローグランへ出発です。
プロローグランの会場は、きのう試走した場所の近くのようです。
スタート位置がコマ図位置と違っていたようで、スタート位置に到着するまでに迷いました。
結局、キャンセル。プロローグのコースを1周して、ガソリンスタンドで給油。
ホテルに戻ってコマ図貼りの続きと荷物まとめが待っています。
結局コマ図貼りは11時それから荷物の整理が12時までかかりました。
日本で整理整頓をやっとくべきだったと少し後悔。

コマ図貼り中→




NEXT
Home