み&美(MiToMi)の「刺しこぎん」

Home 「刺しこぎん」とは 種類と分布 基礎模様 ◆作品集◆ ご意見・ご感想

「刺しこぎん」とは


刺しこぎんの例

青森県の津軽地方に伝わる「刺しこぎん」。一般には「こぎん」、 あるいは「こぎん刺し」とも言われています。


「刺しこぎん」は、江戸時代の名もない農民達の生活から生れ発展した、 「刺し子」の技法の一つです。

農家で自ら麻を栽培し、糸を績んで作っていた野良着は、保温と補強のため、 藍に染められ、白い木綿糸で刺し揃えていくうちに、装飾的な模様が考えられるように なりました。

「刺しこぎん」は麻布に木綿糸で、模様を一定の規則に従って幾何学的に 組み合わせたもので、その模様には「豆こ」「猫の足」「馬のクツワ」 などの名前がついていて、農民たちの暮らしがしのばれます。


「刺しこぎん」は現在では、ネクタイ・ハンドバック・財布などの民芸品に活用されたり、 独特の模様を芸術的に表現した作品を生み出しています。

民芸品においてワンポイントの「刺しこぎん」が主流になっている今日、 伝統的な「刺しこぎん」の良さを、皆さんに少しでも知っていただければと願っております。


Copyright(C), 2004 Kogin MiToMi  and Takeyama Yukio All Rights Reserved.