あとがき

ここに掲載した「主の祈り」の講解説教は、2003年5月11日から同年9月21日にかけて徳丸町キリスト教会の夕拝において語られたものです。
これをもって使徒信条、十戒、主の祈りという、教会が歴史の中で重んじてきた信仰の言葉、戒めの言葉、祈りの言葉の学びがひとまず終了します。夕拝は10数名によって守られる小さな集いですが、朝に夕に主を礼拝する兄姉たちとともに、季節の移り変わりを感じながら主の日の一日を締めくくることができるのは、説教者自身にとってもこの上ない慰めと喜びの一時でした。夕拝に集う求道者の方々があることも大きな励ましです。
続いて夕拝ではニカイア・コンスタンティノポリス信条の講解に入ります。そちらも逐次アップして行く予定です。

この説教のために用いた主な参考文献を以下に挙げます。本文中に引用させて頂いたものも多数あります。

『ハイデルベルク信仰問答』吉田隆訳(新教出版社、1997)
『ウエストミンスター信仰基準』日本基督改革派教会大会出版委員会編(新教出版社、1994)
『ジュネーヴ教会信仰問答 翻訳・解題・釈義・関連資料』渡辺信夫編訳(新地書房、1989)
オリゲネス『祈りについて・殉教の勧め』小高毅訳(創文社、1993)
H.シュールマン『キリストの教えた祈り』増田和宣・谷口泰訳(南窓社、1967)
O.クルマン『新約聖書における祈り』川村輝典訳(教文館、1999)
H.ティーリケ『主の祈り』大崎節郎訳(新教出版社、1962)
J.M.ロッホマン『われらの父よ』南吉衛・南含訳(キリスト新聞、2001)
K.リーゼンフーバー『われらの父よ』(教文館、1996)


 




日本同盟基督教団 徳丸町キリスト教会
〒175−0083
東京都板橋区徳丸6−24−10
TEL 03−3935−3405
FAX 03−3935−3445

メールでのお問い合わせ
管理人


Copyritht ©The Evangelical Alliance Mission Tokumarucho Christ Church All Rights Reserved.