祈祷会                             
ハイデルベルク信仰問答講解28

「神は真実であり、その方のお召しによって、あなたがたは神の御子、私たちの主イエス・キリストとの交わりに入れられました」。(Iコリント1:9)

(1)聖徒の交わり
 古代以来、教会を指導してきた神学者たちは「教会」を言い表す用語として、幾つかの表現を用いてきました。「聖徒の集い」、「選ばれた者のからだ」、そして「聖徒の交わり」などです。その中でも最も用いられたのが、今日の第55問に出て来る「聖徒の交わり」でした。この言葉の言い表す意味についてハイデルベルクは二つのことを語っています。「『聖徒の交わり』について、あなたは何を理解していますか」との問いに対してまず次のように答えられます。「第一に、信徒は誰であれ、群れの一部として、主キリストとこの方のあらゆる富と賜物にあずかっている、ということ」。
 まず第一に覚えたいのは、教会とは信ずべきものであるということです。教会を信じるとは、三位一体の神を信じることと同じではありませんが、しかし聖霊の神への信仰の中にそれはしっかりと位置づけられるものでもあります。三位一体の神への信仰が、私たちを教会をして「聖徒の交わり」と信じる信仰へと導くのです。確かに、地上の教会には様々な弱さや欠けがありますし、所詮「罪人の集まり」に過ぎないという側面は絶えず残ります。けれどもその集まりを指して「聖なる者たち」と私たちが呼ばれうるのは一体なぜなのか、ということを考えるならば、そこにその罪深い私たち、しかし確かに罪赦された私たちの中に内住したもう聖霊なる神を見つめることができるのです。
 さらに、教会が聖徒の交わりと呼ばれるのは、キリストのからだの肢体である私たちが「誰であれ、群れの一部として、主キリストとこの方のあらゆる富と賜物にあずかっている」からであると言われます。つまり私たちが「聖徒」と呼ばれ、その交わりに加えられているのは、私の内に聖なるものがあるからではなく、教会の頭であるキリストの聖さに私たちがあずかっているからなのです。ヨハネの手紙一には次のように記されています。「私たちの交わりとは、御父および御子イエス・キリストとの交わりです」(Iヨハネ1:3)。「キリストにあずかる」がハイデルベルクの中心であることをこれまで繰り返し申し上げてきましたが、それは「キリストと私」という個人的関係のみならず、むしろ「頭なるキリストと、そのからだである私たち」という共同体としての関係なのです。このキリストとの結びつきがしっかりと受けとられるならば、教会の交わりが単なる同好の集まりや人間的な集いに終わることはありません。そこでは絶えず頭なるキリストがその交わりの真ん中にお立ち下さり、私たちをご自身の中にある富と賜物とにあずからせて下さるのです。

(2)互いのための交わり
 そして「第二に、各自は自分の賜物を、他の部分の益と救いとのために、自発的に喜んで用いる責任があることをわきまえなければならない、ということです」と記されます。聖徒の交わりとしての教会は、かしらなるキリストの富と賜物にあずかる交わりですが、しかしそれは私たちが受け取る側に立ち続けるためではなく、そのようにして受けた賜物を互いのために用いるためであるとハイデルベルクは教えるのです。
 ペテロの手紙一には次のように記されます。「万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。何よりもまず、互いに熱心に愛し合いなさい。愛は多くの罪をおおうからです。つぶやかないで、互いに親切にもてなし合いなさい。それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。語る人があれば、神のことばにふさわしく語り、奉仕する人があれば、神が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕しなさい。それは、すべてのことにおいて、イエス・キリストを通して神があがめられるためです。栄光と支配が世々限りなくキリストにありますように。アーメン」(Iペテロ4:7-11)。
 私たちにはそれぞれ主イエスから豊かな賜物が与えられていますが、それは自分自身を豊かにするために用いられるのではなく、互いの益と救いのために喜んでささげ、仕え合うためであると教えられているのです。しかもそれは主から賜物を委ねられたものとしての「責任」であることを「わきまえなければならない」と命じられています。聖徒の交わり、それは互いに愛を要求し合い、仕えてもらうことを要求し合う交わりではなく、互いに愛を与え合い、互いに仕え合うための交わりです。そのために私たちは主イエス・キリストの富と賜物とをいただいているのです。

 



日本同盟基督教団 徳丸町キリスト教会
〒175−0083
東京都板橋区徳丸6−24−10
TEL 03−3935−3405
FAX 03−3935−3445

メールでのお問い合わせ
管理人


Copyritht ©The Evangelical Alliance Mission Tokumarucho Christ Church All Rights Reserved.