祈祷会
ハイデルベルク信仰問答講解17

 「ご承知のように、あなたがたが先祖たちから伝わったむなしい生き方から贖い出されたのは、銀や金のような朽ちる物にはよらず、傷もなく汚れもない小羊のようなキリストの、尊い血によったのです。」Iペテロ1:18-19

(1)「我らの主」と告白すること
 今日学ぶ第34問は、前の第33問と一体の関係にある箇所です。33問ではイエス・キリストが神の御子であり、この方のおかげで私たちもまた神の子とされたという恵みの事実が教えられたのですが、ここではさらに進んで神の子とされた私たちがこのお方を「主」と呼ぶことの意味が教えられています。
 「イエスは主である」(キュリオス・クリストス)は古代教会において、洗礼の時に受洗者が言い表した最古の信仰告白定式であると言われています。「それは、イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、すべての口が『イエス・キリストは主である』と告白して、父なる神がほめたたえられるためです」(ピリピ2:10-11)、「ですから、私は、あなたがたに次のことを教えておきます。神の御霊によって語る者はだれも、『イエスはのろわれよ』とは言わず、また、聖霊によるのでなければ、だれも、『イエスは主です』と言うことはできません」(Iコリント12:3)などがこれにあたります。
この信仰告白が成立した背景には、当時のローマ帝国が皇帝崇拝に際して要求した「皇帝(カイザル)は主である」(キュリオス・カイザル)との告白に対するキリスト者の抵抗の歩みがありました。当時のキリスト者たちはローマの皇帝崇拝強制という迫害の中で、自らの信仰を証しするために敢えて「イエスは主である」との信仰告白を、「カイザルは主である」との市民的告白に対抗して用いたのでした。彼らにとって「イエスは主である」との告白は、他のいかなる「主」をも認めることを許さないものであり、皇帝さえも「主」ではあり得なかったのです。その結果としてこの短い告白のために多くのキリスト者たちは殉教の道を進むことになりましたが、それでも彼らはこの告白を曲げることをしなかったのです。
 それではなぜキリスト者はこの信仰告白に生きることができるのか。その答えが34問において答えられています。「この方が、金や銀ではなく御自身の尊い血によって、私たちを罪と悪魔のすべての力から解放し、また買い取って下さり、私たちの体も魂も、すべてをご自分のものとしてくださったからです」。ここには「解放し」、「買い取ってくださった」と記されています。ヘブル書2章に次のようにあります。「そこで、子たちはみな血と肉とをもっているので、主もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放して下さるためでした」(ヘブル2:14-15)。またコロサイ書1章には「神は、私たちを暗闇の圧制から救い出して、愛する御子の御支配の中に移して下さいました。この御子のうちにあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ています」とあります(コロサイ1:13-14)。私たちがイエス・キリストを「我らの主」と告白することができるのは、私たちを罪の中から救い出し、解放するために、主イエス・キリスト御自らが御自身の血をもって私たちを買い取って下さったからに他なりません。だからこそ私たちは主の所有とされた者として、このお方の御栄光のために生きるのです。「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。あなたがたは代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい」(Iコリント6:20)とパウロが教える通りです。

(2)贖いの力
 この主イエス・キリストの贖いの力は、「わたしたちの体も魂も、すべてをご自分のものとしてくださる」力です。このために贖いの仲保者であられる主イエス・キリストは「すべての人の贖いの代価として、ご自分をお与えになりました」(Iテモテ2:6)。私たちを罪の中から買い取り、贖い出すために支払われた代償は主イエス御自身の血であり、命であったことを思う時、私たちは改めて主イエスの御愛と、主イエスを私たちに賜った父なる神の御愛を思わずにはおれません。私たちをそのからだも魂もすべてをご自分のものとしてくださるために、主イエス・キリストがそのからだも魂も私たちに与えて下さった、これが贖いの力の確かさです。それゆえに私たちもまたイエス・キリストを「私たちの体と魂の主」と告白し、この告白に生きるのです。



日本同盟基督教団 徳丸町キリスト教会
〒175−0083
東京都板橋区徳丸6−24−10
TEL 03−3935−3405
FAX 03−3935−3445

メールでのお問い合わせ
管理人


Copyritht ©The Evangelical Alliance Mission Tokumarucho Christ Church All Rights Reserved.