世界の美術館
フランス
イギリス
オランダ
ベルギー
オーストリア
ドイツ
スイス
イタリア
スペイン
アメリカ
ロシア
ノルウェー
ウェブ・ギャラリー
アート情報
アート以外
素材関連
▲TOP
 




西洋美術関係のリンクを中心に随時更新しています。

美術館名の下の都市名は所在地、[ ]内はホームページの言語です。
( )内は一部のみ対応している言語です。
日本語の情報が豊富にあるページはをつけています。


リンクページ更新情報

世 界 の 美 術 館
フランス
ルーヴル美術館
パリ [仏・英・西・日]
とにかく規模が大きい!世界中の名作が集結した世界最大級の美術館。HPではQuicK Time VRを利用したヴァーチャルツアーも楽しめる。日本語あり。
◎モナ・リザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)、ミロのビーナス
オルセー美術館
パリ [仏・英・西]

フランス近代絵画の美術館。旧駅舎を改装したユニークな館内に膨大な印象派コレクションが並ぶ。
◎晩鐘(フランソワ・ミレー)、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏場(ルノワール)

国立近代美術館
パリ [仏・(英)]
ポンピドゥー・センター内にあるモダン・アートの美術館。フォービズム、キュビスム、抽象、シュールレアリスムなど。
◎アルルカン(ピカソ)、ユビュ皇帝(エルンスト)
マルモッタン美術館
パリ [仏・英]

モネの絵を世界で一番多く所有する美術館。まさにモネ美術館。HPにはキッズコーナーもあり、モネクイズやジグソーパズルが楽しめる。睡蓮のパズルは難易度高!?
◎睡蓮(モネ)

ロダン美術館
パリ [仏・英]
「考える人」で有名な彫刻家ロダンの美術館。意外なところではジャポニスムの象徴といわれるゴッホの「タンギー爺さん」もここの所蔵。実はロダンのコレクションのひとつだったのだ。
イギリス
大英博物館
ロンドン [英・(仏・伊・西・日)]
約100のギャラリーをもつ巨大博物館。とくにエジプトの展示室は、「カイロの次に最も重要なコレクションが集められている」というだけあって必見。日本の展示室もある。HPは目次部分だけ日本語になっている。
◎ロゼッタ・ストーン
ナショナル・ギャラリー
ロンドン [英・(仏・独・伊・西・露・日)]
ルネサンス以降の西洋絵画が結集した美術館。膨大なコレクションを簡単に検索可能。ウェブ上での企画コーナーや、キリスト教宗教絵画の主題をわかりやすく解説したページもある。
ナショナル・ポートレート・ギャラリー
ロンドン [英・(仏・独・伊・日)]
肖像画、写真、彫刻、オブジェなどイギリスの有名人のポートレートを集めた美術館。
テート・ブリテン/テート・モダン
ロンドン [英・(仏・独・伊・西・日)]
かつてはテート・ギャラリーだったものが、ターナー、ラファエル前派など近代イギリス絵画の「テート・ブリテン」と、ピカソ、ダリをはじめ現代までのあらゆるモダン・アートが集まった「テート・モダン」に分かれた。そのほか、姉妹関係にあるテート・リヴァプール、テート・セントアイヴスのサイトが集まったサイト。ほとんどの収蔵品が網羅されたコレクションの検索は「テート・コレクション」として一括で行えるのが便利。また、登録すれば自分の見た絵をウェブ上にストックしておくことも可能。
コートールド・インスティテュート・ギャラリー
ロンドン [英]

マネ、ルノアール、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、セザンヌなど印象派、後期印象派の中でも非常に重要な作品群を収蔵。もっともこのサイトでは絵画はあまりみることができないので、日本でコートールド・コレクション展が行われたときの日経のサイトがおすすめ。
◎耳に包帯を巻いた自画像(ゴッホ)、フォリー・ベルジェールのバー(マネ)

ウォレス・コレクション
ロンドン [英]

ヨーロッパ絵画の秀逸なコレクションを所有する国立美術館。特にバロック、ロココ時代の傑作は必見。
◎笑う騎士(フランス・ハルス )

ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ
ロンドン [英]

イギリスの王立芸術院。

サー・ジョン・ソーン博物館
ロンドン [英]
建築家ジョン・ソーンの多岐にわたるプライベートコレクションを実際に住んでいた家で展示している。特にホガースの連作は必見。
◎放蕩息子一代記(ホガース)
バーミンガム・ミュージアム&アートギャラリー
バーミンガム [英]

バーン・ジョーンズの故郷にあり、ラファエル前派のコレクションが有名。

アシュモリアン美術館
オクスフォード [英]
英国で最も歴史のある公共博物館。
オランダ
アムステルダム国立美術館
アムステルダム [蘭・英]
レンブラント、フェルメール、フランス・ハルスなどのオランダ絵画。
◎夜警(レンブラント)、ミルクを注ぐ女(フェルメール)
国立ゴッホ美術館
アムステルダム [蘭・英]
ゴッホの弟テオの遺族のコレクションをベースとした世界最大のゴッホ作品をもつ美術館。HPではE-Cardやヴァーチャル3Dツアーも体験できる。
マウリッツハイス美術館  
デン・ハーグ [蘭・英]
16〜18世紀のオランダ、フランドル絵画コレクション。特にオランダ絵画全盛期である17世紀に活躍したレンブラント、フェルメール、ヤン・ステーン等の傑作を所有している。
◎デルフト眺望、真珠の耳飾の少女(フェルメール)
ベルギー
王立美術館
ブリュッセル [蘭・英・仏]
ブリューゲル、ルーベンスなどフランドルの画家のコレクションが充実。
オーストリア  
ウィーン美術史美術館
ウィーン [独・英]
ハプスブルク家のコレクションを中心とした16〜17世紀ヨーロッパ絵画コレクションが充実。絵画だけではなく、エジプトやギリシャ・ローマの美術品なども所蔵する博物館。
◎草原の聖母(ラファエロ)、画家のアトリエ(フェルメール)
アルベルティーナ美術館
ウィーン [独・英]

世界最大級のグラフィック・アートのコレクション。
◎野兎(デューラー)

リヒテンシュタイン美術館 
ウィーン [独・英]

第2次世界大戦以降、幻のコレクションとされていたリヒテンシュタイン侯爵家のプライベートコレクションが最新の空調設備などがほどこされ、大改装されたバロック様式の宮殿と共に、2004年、リニューアルオープンした。改装には現在のリヒテンシュタイン家当主により30億円の私費が投じられたという。
◎デシウス・ムスの死(ルーベンス)

ベルヴェデーレ美術館 
ウィーン [独・英]

マリア・テレジアがベルヴェデーレ宮殿にハプスブルク家のコレクションを公開した「ロイヤル・ピクチャ・ギャラリー」を前身とする美術館。その後もコレクションは増え、中世からはじまり、グスタフ・クリムト、オスカー・ココシュカ、エゴン・シーレなど近・現代の傑作まで幅い作品をもつ。
◎接吻(クリムト)

ドイツ  
ベルリン絵画館
ベルリン [独・英]
13〜18世紀のヨーロッパ絵画コレクション。
ブリュッケ美術館
ベルリン [独・英]
キルヒナーを中心とするドイツ表現主義のグループ「ブリュッケ」の美術館。
◎ベルリンの街頭風景(キルヒナー)
スイス  
バーゼル美術館  
ベルリン [独・英]
バーゼル市立美術館は17世紀に始まる世界で最も古い公共美術館のひとつ。ホルバイン父子のコレクションでは世界最大級。別館として1960年代以降の現代美術を展示する現代美術館がある。
◎墓の中のキリスト(小ホルバイン)、風の花嫁(オスカー・ココシュカ)
イタリア
ウフィツィ美術館
フィレンツェ [伊・英]
メディチ家の収集したルネサンス・コレクション。設計は『芸術家列伝』の著者であり、画家・建築家でもあったジョルジョ・ヴァザーリによる。当初は役所(office = ufficio)として設計されたことが館名の由来。
◎春、ヴィーナスの誕生(ボッティチェリ) 、聖家族(ミケランジェロ)
スペイン
プラド美術館
マドリード [西・英]
王室コレクションをベースにした大美術館。エル・グレコ、ベラスケス、ゴヤといったスペイン絵画の傑作のほか、イタリアやフランドル絵画も豊富。HPでは毎月1作品づつ解説を掲載。50カ所の見所を巡るツアーもある。
◎ラス・メニーナス(ベラスケス)、裸のマハ、着衣のマハ(ゴヤ)
ソフィア王妃芸術センター
マドリード [西]
モダン・アートの美術館。代表作であるピカソのゲルニカはColeccion→2a planta→Sala 6→Guernicaの順で進むと見ることができる。スペイン語のみ。
◎ゲルニカ(ピカソ)
ティッセン・ボルネミッサ美術館
マドリード [西・英]
初期ルネサンス絵画からリクテンシュタインまできめ細かく西洋美術史を網羅した美術館。ヴァーチャル・ツアーや作品解説で音声のガイドがある。非常にこったHPだけどやや動きが重いのが難。
◎受胎告知(エル・グレコ)
アメリカ
メトロポリタン美術館
ニューヨーク [英]
ニューヨーク市民によって創立された美術館。3500点以上の作品をオンラインで鑑賞できる。ハイライト/全作品のサムネイル表示は便利。
◎水差しを持つ若い女(フェルメール)
ニューヨーク近代美術館(MoMA)
ニューヨーク [英]
パリからアートの中心の座をうばったニューヨークの象徴的な美術館。Momaのコレクションとなることを夢見る若手作家も多い。
◎アヴィニョンの娘たち(ピカソ) 、星月夜(ゴッホ)
グッゲンハイム美術館
ニューヨーク [英]

旧帝国ホテルを設計したフランク・ロイド・ライトによる建物自体が作品の近現代美術館。世界最大級のカンディンスキー・コレクションを所有し、ラスベガス、ヴェニス、ビルバオ、ベルリンに分館もある。
◎ムーラン・ド・ラ・ギャレット(ピカソ)

ホイットニー美術館
ニューヨーク [英]
彫刻家でもあった富豪ホイットニー女史が個人で所有していたコレクションを元に設立。エドワード・ホッパー、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホルなど20世紀アメリカ美術が一望できる。
◎日曜日の早朝(ホッパー)
P.S.1 MoMA
ニューヨーク [英]
第一小学校(Primary School Number 1)の校舎を改築した美術館。美術館という枠組みにはおさまり切らないような斬新な展示が特徴。教室(=展示室)に入るとニューヨークの「今」を見ることができる。現在はMoMAとパートナーシップを結び、関連のある企画展なども行っている。
フリック・コレクション
ニューヨーク [英]
鉄鋼で財をなしたヘンリー・クレイ・フリックのコレクション。当時さほど評価されていなかったエル・グレコなど、独自の高い鑑識眼に基づいて収集された作品はどれも素晴らしい。フラゴナールの絵はロココ調の家具の部屋に展示されるなど、個人コレクションならでは。
◎砂漠の聖フランチェスコ(ベリーニ)
ワシントン・ナショナル・ギャラリー
ワシントン [英]
ヨーロッパ、アメリカの傑作をそろえた美術館。“In-depth study tour”(詳細研究ツアー)は画家や作品、流派に絞って丁寧な解説がなされており、見ごたえ、読み応え十分。
◎手紙を書く女性(フェルメール)
バーンズ・コレクション
フィラデルフィア [英・仏・日]
大富豪バーンズの印象派を中心としたコレクション。ゴッホの絵も7枚ある。かつてはそのコレクションを批評家に酷評されたことから門外不出とされていた。現在も入場制限があり1ヶ月前の予約が必要。日本語あり。
◎郵便配達夫ルーラン(ゴッホ)

ボストン美術館
ボストン [英]

東洋美術や印象派から現代美術まで、幅広いコレクションをもつ大美術館。1999年に姉妹館である名古屋ボストン美術館がオープンし、日本でもそのコレクションを鑑賞できる。

サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)
サンフランシスコ [英]

ニューヨークのMOMAに次ぐ全米第2位のモダンアートの美術館─もうひとつのMOMA。

フィラデルフィア美術館
フィラデルフィア [英]
全米有数の規模を誇り、東洋・西洋美術をカバーする大美術館。日本セクションには、茶室もある。
◎大水浴(セザンヌ)、大ガラス(デュシャン)
ロシア
エルミタージュ美術館
サンクト・ペテルブルク [露・英]

エカテリーナ2世が収集した個人コレクション。エルミタージュとは女帝の「隠れ家」という意味。HPでは2000点以上の作品を鑑賞できる。最終的には約300万点に及ぶ全てのコレクションがデジタル化されるらしい!色の割合で「こんな色の絵」というふうに検索できたりするのはユニーク。
◎ダンス(マティス)

ノルウェー
国立美術館
オスロ [ノルウェー・英]

ムンクをはじめとしたノルウェー美術のほか、セザンヌ、ピカソ、マティスなどの名品も収蔵。有名なムンクの「叫び」は、ムンク美術館にもあるがどちらも本物。ウェブ上でムンクの作品がみたいなら、ムンク美術館の方がおすすめ。

ムンク美術館
オスロ [ノルウェー・英]

ムンクの生誕100年を記念して建てられた美術館。油絵を中心とする莫大なコレクションのベースはムンクの遺言によってオスロ市に寄贈されたもの。
◎叫び(ムンク)

 
ウ ェ ブ ・ ギ ャ ラ リ ー
Web Museum, Paris
[英]
ゴッホ、セザンヌ、ピカソをはじめ数多くの西洋絵画の巨匠の画像を見ることができる。「日本」のコーナーもあり、広重の画像もある充実ぶり。「印象派」「シュールレアリスム」などの美術用語の解説も勉強になる。
Web Gallery of Art
[英]
ゴシック、ルネサンス、バロック期(1150〜1800年)の西洋絵画・彫刻を集めたヴァーチャル・ミュージアム。その作品数は1万点以上に及ぶ。驚くほど高解像度の画像は、専用の画面で見ることができるのでとても便利。「システィーナ礼拝堂ツアー」ほか興味深い内容のガイドツアーも用意されている。単なる画像データベースというよりは、「ウェブ上」で見ることがよく考えられている。
ゴッホの油彩、水彩、素描からPDF形式の手紙まで、管理人が100%と豪語する「ゴッホの全作品」を見ることができる。
フェルメール美術館
[日]
油絵作品が三十数点しか現存しないといわれるフェルメールの絵を訪ね歩いた鑑賞レポート。日本語。
 
ア ー ト 情 報
あーとナビ 展覧会情報、アーティストリンクなどが充実した総合アート情報サイト。
美術系サーチエンジン 画家やイラストレータの個人サイトなどを検索するならここ。使いやすい。
ランキング参加してます! ⇒ 芸術系ランキング 絵画・造形総合芸術系ランキング 油絵・水彩画
artscape 展覧会の学芸員レポート、現代美術用語集、アートリンク集など豊富な情報をもつ。もう少し見やすければいいのだが。
eArt ここの展覧会情報はわりとみやすい。美術館のほか、画廊展覧会情報も検索できる。アーティストリンク集に登録してます。
西洋絵画の画材と技法  油彩・テンペラ・フレスコなど、西洋絵画の画材と技法についての情報が満載のサイト。美術を勉強しているひとにはおすすめ。
 
ア ー ト 以 外
浅間山麓通信 画家のアトリエのある嬬恋村など浅間山麓地域のローカル情報を集めたリンク集。
Breton Freak ナナと同じブリタニー・スパニエルのことを詳しく知りたい方はこちらがおすすめ!
 
素 材 関 連
定番素材サイト。
額縁を利用させていただいてます。
Mariのいろえんぴつ   色の組合せなど、本当に参考になります。
 
当サイトはリンクフリーです。
バナーはこちらをダウンロードしてお使いください。

Gallery NaNa〜高谷洋一油絵展〜

http://www012.upp.so-net.ne.jp/takaya/
200*40 pixel
88*31 pixel

CopyRight©Yoichi Takaya 無断複製・転載禁止