96.思いでの'70年代グリコCM
1970年代のCM

以前からお菓子のCMとアイドルは切っても切り離せない関係にある。特に1970年代のアイドル全盛時代には、アイドル歌手が出演
するお菓子のCMが花盛りであった。とりわけ、グリコに関してはトップクラスのアイドルが登場していたと思う。ここでは1970年代の
グリコのCMを振り返ってみたいと思う。

◆三浦友和のグリコ・アーモンドチョコレート
今日でも「懐かしのあのCM・・・」的番組でVTRをたまに目にする作品。松崎しげるの「黄色い麦わら帽子」や「愛のメモリー」をバック
に、当時草刈正雄と共に「超人気俳優」として女性陣を虜にしていた三浦友和がひとり旅する姿が描かれていた。アーモンド・チョコをあ
あやって「カリッ!」とわざわざ半分に食べるものか?といつも話題になるが、そこはお約束!(笑)

◆山口百恵・三浦友和のグリコ・セシルチョコレート
セシルチョコレートは、形状こそ同社のアーモンド・チョコに似ているが、中には何もはいっていないやつ(笑)だ!まろやかな口当たり
の商品イメージと、交際宣言したかしないかあたりの二人の共演が見事にマッチしていた。

◆岩崎宏美のグリコ・チョコリロ
この「チョコリロ」を知ってる方がいたらマニアックだ!(笑) 筒状のビスケットの周りに、チョコレートがロール状に巻かれているお菓子。
♪グリコ、チョコリロ、チョコリロリ!!」というオリジナルCMソングも、宏美の高音の冴えが響いて二十マル!なんのこっちゃ!?
(※グリコ・クリームコロンのCMも彼女だつたような気がしますが、覚えてる方いらっしゃいますか?)

◆桜田淳子・新沼謙治のグリコ・コメッコ
カルビーのポテトチップスなど、消費者の「甘味離れ」にのっとった商品の快進撃に脅威を感じて?発売された(甘くない)スナック菓子。
お米が原料という理由で?東北出身の桜田(秋田)・新沼(岩手)コンビを起用?おにぎり型の三角形をしていたのも面白い。

◆岡田奈々のグリコ・ポッキー
チェリッシュが歌う「♪1年365日、きっと誰かの誕生日・・・」というCMソングにのって、岡田〜が中心となったホームパーティの様子が
映っていた。この路線は80年代になって聖子の「♪ポッキー・オンザロック・・・とぅっとぅわ・・・(笑)」に受け継がれる。少子化、甘味離れ
という逆境のなか今日もロングセラーを続けるポッキーだが、このCMで既に先を読んでいた・・・と感じるのは自分だけだろうか?

◆ピンクレディーのグリコ・アーモンドダン
彼女たちが「カルメン’77」を歌っていた頃発売されたお菓子。アーモンドを「明治チェルシー」と同じキャラメルコーティングしたもので、
商品名から連想されるように「ピストルの弾」の形状をしていた。2人が西部劇風のシチュエーションでCMの最後に「♪ダン!ダン!
とピストルを撃つ格好をするのが印象的だった。