懐かしのテレビ談議

8.モーニングジャンボ
今日、毎朝7時台は、民放各局とも「報道バラエティー」を放送しているが、70年代は「こどもバラエテ
ィ番組」が中心だった。つまり、日本テレビが「おはよう!こどもショー」、フジテレビが「ママとあそぼう
!ピンポンパン」、テレビ朝日(当時NET)が「とびだせパンポロリン」といった具合である。
そうした中、TBSは早くから、情報番組として「おはよう720(セブンツーオー)」(後に700となる)をス
タートさせ、みるみる視聴率をアップさせてゆく。この番組の後に「8時の空」、「ポーラテレビ小説の再
放送」、「奥さま!8時半です」と続き、TBSはこれらを総称して「モーニングジャンボ」と呼んでいた。

◆おはよう720(後に、おはよう700)
司会は何人か交代だったが、印象深いのは五木田武信(この字で良かったっけ?)と見城美枝子。2
人とも、アナウンサーからフリーになった人たちで、清潔感のある爽やかなトークが朝の食卓にピッタ
リであった。はじめに日本各地の空模様を南から順に中継したあと、番組の核である、世界各地を車
で旅する「キャラバンU」(これは最初からUだったと思う・・・)へと続く。このコーナーのBGMで使用
された「ビューティフル・サンデー」(ダニエル・ブーン)が、オリコンで15週連続1位となる大ヒットを記
録。当時テレビの前にラジカセを置いて、この曲を録音しようと躍起になっていたものだ。この曲は全
米では72年に最高15位のヒット。誰が探して来たか知らぬが、実にこのコーナーには相応しい曲で
あった。田中星児、トランザムといったカヴァー勢もヒットした。「カントリー・ロード」(オリビア・ニュート
ン)もこのコーナーから生まれた(日本だけの)ヒット曲なのだ。

◆8時の空
森ミドリとあかはゆきが、視聴者からのハガキを読みながら、日本各地の空模様を中継で綴ってゆく
という番組。「おはよう720」のそれに比べ、大都市に限定された紹介だったので、「やっぱ大都市で
なくちゃねぇ」と妙に自分で納得していたのを記憶している。2人とも好きだったんだよね〜。可愛くて
爽やかでってトコが・・・。森ミドリはリクエストに応じてエレクトーンを弾いていた。わりと最近まで「リー
ド・クッキングシート」かなんかのCMに出ていたようだが。あかはゆきは、「クイズタイムショック」のア
シスタントもやっていた。

◆ポーラテレビ小説(再放送)
毎日ひる12:40から放送していたドラマの再放送枠。「NHK朝の連続テレビ小説」の好敵手。

◆奥さま!8時半です
フジテレビの「小川宏ショー」や、テレビ朝日の「モーニング・ショー」などと激しく視聴率を争った、朝の
主婦向けワイドショー。「♪同じ命を分け合って、違う貴方と、同じ朝ぁ〜」というオープニングテーマの
歌詞に、「うまいこと言うなぁ・・・」と感心させられたものである。鈴木治彦と宮崎淑子が司会を担当。