懐かしのテレビ談議

23.レンズはさぐる

NHK総合で、週1回夕方6時台に放送していた、科学情報番組。のちの「ウルトラ・アイ」と同様、自然界に存在する
あらゆる物体や、自然現象、化学反応など、あらゆる分野から「あるテーマ」について、主に「顕微鏡映像」を中心に
子供たちが興味を持てるような構成で綴っていく。確かに理科が嫌いな子供でも、のめり込めそうな内容だった。この
番組がきっかけで、科学技術方面の仕事に就いた人も多いのでは。
子供たちの「科学ばなれ」が叫ばれる今日、こういった番組の手法を見直してはどうだろう・・・。