懐かしのテレビ談議
132.全温度チアーのCM
◆全温度で洗えるって凄い!の?
 (1976年頃)

「水、ぬるま湯、お湯、いずれでもキレイに汚れが落ちる、アメリカ生まれの洗剤」をうたい文句に、おびただしい数のスポットCMを展開して
いた。当時、番組提供名等では略称でなく、「プロクタ・アンド・ギャンブル・サンホーム」を名乗っていた「P&G」の製品。
確か、押坂 忍がCMの声(本人も出ていたか?)を担当していた記憶がある。
当時、洗濯などしない小学生の自分は、「全温度で洗えるって、そんなに凄いのかなぁ〜・・・?」と不思議に思った記憶がある。
後年、「チアー」の名前を残し、「レモン・チアー」等を発売した。

※因みに、当時のライバル他社の家庭用洗剤洗剤のCMには、花王が「ザブ」、「ニュービーズ」、「ホワイトワンダフル」、「ポピンズ」、ライオン
が「ピンキー」、「ブルーダイヤ」、「スパーク」・・・といった製品があった。もちろん今日のような小箱のものではなく、でっかい箱のやつ。(笑)
あ、最近の20代の若い人たちは、「大きい箱の洗剤」を知らないんだろうねぇ・・・。(花王「アタック」の発売が1980年代後半なので。)