懐かしのテレビ談議
119.まんがはじめて物語
◆初代お姉さんは、うつみ宮土理
毎週土 夕方5:00〜ほか・TBS系で放送(1978頃〜80年代前半) 

はじめて鉄道が開通したのはいつ?」、「はじめて電気が使われたのは?」・・・といった、モノやサービスの「はじめて」を探求すべく、
番組マスコットのモグタンとお姉さんが、タイムマシーンに乗ってその時代に飛び込む・・・といった趣向の番組。当然のことながら(笑)、
「文部省推薦」の字幕文字が・・・!
初代のお姉さん役はうつみ宮土理。「ロンパールーム」以来の子ども向け番組出演ではなかっただろうか。2代目は女優の岡まゆみ
ポーラテレビ小説でデビュー後、数かずのドラマに出演していた彼女がこのテの番組に抜擢とは当時以外な感じがしたものだ。3代目は
わらべのメンバーの一人、倉沢淳美。4代目が歌手の松居直美だった。自分の記憶では。この4人のお姉さんしか頭に浮かばない。
もしこの他にもいるようであれば教えてほしい。
冒頭やエンディングでの「現代部分」は実写で、過去に遡ってからはアニメとなる構成もアイデアが光る。タイムマシーンに乗る前の妙な
おまじない「(クルクルパピンチョ?)パピプペポ、ヒヤヒヤドキッチョのモォ〜グタン!」も懐かしい。((?)内ちょっと自信ないので違
ってたら教えてくださ〜い!(笑))
いろんなモノの歴史をまんがで知る事が出来、親子で楽しめる番組であった。