懐かしの、あの製品〜そういえば、こんなのありました。


テープオーディオに新天地を拓くDCC
デジタルならではの高音質・多機能を備えいよいよ登場!


panasonic DC-10 dcc
1992
DCCデッキ
Panasonic DC10
(\135,000)


今をときめくMD(ミニ・ディスク)が産声を上げた1992
年、同じデジタル記録メディアと
して「DCCデジタルコ
ンパクトカセット」が登場した。
ぱっと見ではMDのソニ
ー VS DCCの松下/フィリップスという構図を思い
かべるが、この時は「互いの規格を尊重し合い、共
育てていこう」という方針だったのである。

DCCは、コンパクトカセットの生みの親であるフィリップ
スが、カセットテープの膨大な資産を無駄にせずデジタ
ル記録出来るメディアとして開発したもの。しかし消費
者にとって大切な「互換性」というものに縛られると逆に
製品の「早くて大きな発展」を阻害してしまう恐れがある
。MDの持つ「ポータビリティ」、「半永久性(耐摩耗性)」
、「選曲の速さ」・・・に対し、DCCは「互換性」だけ
あった。松下は今日では、ポータブルMDプレー
ヤー
において、ソニーと世界最小を競うメーカーとなってい
る。


DCC誕生を告知する
フィリップスのパンフレット


「48億人の音楽ファンのために生まれました。」とは
大胆な・・・。