ドイツ古典フルレンジユニット

 

フェーズプラグ


LoeweOpta、Grundig等の深絞りコーンのユニットで、

奥まった位置から発せられる高音が筒臭い印象になるのを解決します。

材質はアルダー材で、芯の中空部にダンプ材を充填して用います。

Telefunken製20cmフルレンジユニット


この時代のドイツの情感を伝えてくれる代表的ユニットと言えばこれでしょう。弾むような低音にクリアな中域と少し華やかな高域を乗せ、どこまでも楽しく音楽を聴かせてくれます。

SABA製22cmフルレンジユニット Permadyn25


ほぼ20cm口径ながら一回り大きいSABA製のユニットです。

絶妙の帯域バランスに、センスと技術力の高さをうかがい知ることができます。SABA(Schwarzwälder Apparate-Bau-Anstalt)社は現存しませんが、

Telefunkenの対向メーカーとして一時代を画した総合電機メーカーです。

ローレンツ(Lorenz)製20cmフルレンジユニット


躍動感溢れる中低域と

ツィーターが全く不要に思える良質な高音域が見事に一体化しています。

この時代のフルレンジユニットの最高傑作の一つでしょう。

ラーヴェオプタ(LoeweOpta)製20cmフルレンジユニット


三角形のフレームが特徴の大変美しいユニットです。

奏でるサウンドは曖昧なところがなく芯がしっかりした印象で、

実直なゲルマンの気風が漂います。

グルンディヒ(Grundig)製20cmフルレンジユニット


深いすり鉢状のコーンにベークダンパを組み合わせています。

厚みのある中低域をベースに、

生々しい説得力と典雅な余韻表現を見事に両立させています。

装着例(LoeweOpta)




©2016 粋音舎

1950年代のドイツ製フルレンジは、

超軽量コーンを強力アルニコマグネットでドライブ。

96〜97dB/W/mの高能率を得ています。

コーンの実効質量は、何と5〜6g!

fostex FE203等の代表的な軽量ユニットに比べても半分以下です)


*この時代のユニットは同一モデルでもロットの違いによるバリエーションがございます。磁石、フレーム形状等が写真の物と一致しない場合がございますが予めご了承ください。同一品質基準、同一工場で生産されたコーン紙の優秀性は、全てのユニットに共通です。