RIELのファンタジーノート

◆目次◆

T エッセイ

*体験・宮沢賢治(鬼ヶ島通信38号掲載)
*手ばなす旅路を描いた物語・・指輪物語(鬼ヶ島通信40号掲載)
*わたしは「アリス」(鬼ヶ島通信41号掲載)
*みにくさはなんのため?・・みにくいアヒルの子(鬼ヶ島44号掲載)
*女は知恵と度胸と行動力・・アラビアンナイト(鬼ヶ島通信45号掲載)
*アリエッティの昇る力(鬼ヶ島通信46号掲載)
☆バランス感覚を呼びもどす・・ファンタジーと現代(鬼ヶ島通信46号掲載)
☆古代権力と妖怪・・(鬼ヶ島通信47号掲載)


U ファンタジー読書ノート

*この世のからくり、からまるからくさ・・梨木果歩『からくりからくさ』 2002.8
*ファンタジーと現代感覚・・マクニッシュ『レイチェル3部作』 2003.2
*モンスターホテルに乾杯!・・柏葉幸子『モンスターホテルシリーズ』 2003.8
*アストリッド・リンドグレーン・・『ミオよ、わたしのミオ』他 2010.3
*消費社会とファンタジー文学〜「ハリー・ポッター」と「ライラの冒険」シリーズをめぐって
 2012.9



V 私とファンタジー

その1:トールキン『指輪物語』 2002.1
その2:小川未明『月夜と眼鏡』 2002.4
その3:浜田広介『一つのねがい』 2002.7
その4:石井桃子『ノンちゃん雲にのる』 2002.10
その5:松谷みよ子『龍の子太郎』 2003.1
その6:キャロル『不思議の国のアリス 』 2003.3
その7:ルイス『ナルニア国ものがたり』 2003.5
その8:トラヴァース『メアリーポピンズ』 2003.7
その9:『原初への旅・・ファンタジーにそって読む中沢新一』 2005.2
その10:『ファンタジー文学の系譜』2009.8
アイコン
RIEL&SHEILA