神経内科(脳神経内科)とは

神経内科で診察を行う病気は、主に脳の器質的な疾患です。

具体的には、パーキンソン病、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症などの神経変性疾患、

脳梗塞、脳動脈硬化症、一過性脳虚血発作などの脳血管疾患、末梢神経障害、片頭痛、筋収縮性頭痛、てんかん、 などの疾患があります。

自覚的な症状としては、歩きにくい(歩行障害)、物忘れ(認知症)、力が入らない(筋力低下)、ふらつき(失調)、しびれ(感覚障害)

しゃべりにくい(構音障害)などがあります。

顔面痙攣、眼瞼痙攣、痙性斜頚に対してのボトックス治療も行っています。

また、脳梗塞の危険因子の予防のために、高血圧管理、高脂血症管理、糖尿病管理、メタボリックシンドロームの改善なども行います。

 

戻る