パーキンソン病について

パーキンソン病は中脳黒質のドーパミン細胞が障害される神経変性疾患です。残念ながら今のところ、この神経変性の原因は不明で、根本的な治療はありません。それでも、ドーパミンを補充する治療を行うことにより症状は改善します。すなわち、完全に治って、薬も必要なくなると言うことはなくても、内服薬の調節を行うことにより症状は改善する可能性があります。しかし、現在の治療では多くのパーキンソン病の患者さんは、薬の量が少ないことにより我慢を強いられている方が多いのが現状です。当院では数多くのパーキンソン病患者さんの診療に当たっている経験を生かして、なるべく患者さんのニーズに合うように治療を検討していきます。

戻る