私たち労働組合の紹介

☆当組合へのご相談は「メール・掲示板」を利用するか、組合メンバーにお声掛け下さい。一人で悩まないで、みんなで解決策を考えましょう。そして、安心して働ける職場環境を作って行きましょう。☆



 私たちは1988年10月に、職員(労働者)の犠牲や法律違反の雇用ルールによって成り立つ「生協運動」はおかしい、と労働組合を立ち上げ、「働く者にとっての生活クラブ」のあり方を問い続けてきました。
 この間、申告してもカットされたりなどして未払いとなっていた残業代を求める裁判、本人の意向を無視して強行された人事異動の撤回を求める地労委闘争、また、2002年には精神症を理由に解雇(強制退職)された仲間の職場復帰を求める地労委闘争を闘い、勝利的解決を図るなど、決して小さくはない成果をあげてきました。

 生協は社会的に意義のあることをしているのだから、また、組合員は無償で活動しているのだから、専従職員は自らの権利の主張により生協運動の足を引っ張ってはいけない、という意識は今も根強く残っています。(このような意識は何も生協という職場に限らず、日本の企業社会一般に企業への忠誠心として見られるものですが。)
 しかし、生協が雇用労働なしには1日も存続できない事業体であることは事実であり、生協運動のためには雇用ルールを無視してよいという論理は通用しません。逆に、生協は雇用労働のあり方を巡る労使間の不断のコミュニケーション行為を通じてもまた、その「社会性」を獲得していく存在であると言えるのではないでしょうか。

 この20年間で社会情勢は大きく変化し、生協運動も大きな曲がり角にきています。私たち労働組合運動も、単に自分達だけの利権を守る運動(ビジネスユニオニズム)から、社会変革を視野に入れた運動(社会運動ユニオニズム)への脱皮がテーマとなっています。このことは単に市民運動の課題に手を拡げるということではなく、自分達の職場がどれだけ社会に対して一つのモデルとして影響力を持てるような労働環境、職場文化を実現していけるかということを常に意識化した運動が重要なのだと思います。

 生活クラブという小さな生協の中の、これまた小さな労働組合ですが、私たちの活動に対する皆さんのご支援、また忌憚のないご意見をよろしくお願いします。

 

組合名
全国一般労働組合全国協議会神奈川
     生活クラブ生協支部
組合所在地
横浜市青葉区市ヶ尾町1161−14
     アーバンプラザ市ヶ尾2A
組合結成
1988年10月
上部団体
全国一般労働組合全国協議会神奈川
2013年度('13〜'14)の役員
執行委員長
八木 均
副執行委員長
小畑 隆昭
書記長
栗原 高広
会計
加藤 理恵
執行委員
真野 敏昭
執行委員
中澤 千春
執行委員
三上 雅子