私的おすすめアウトライナー

Renji Talk Top > Happy Outlining ! > 私的おすすめアウトライナー

私的おすすめアウトライナー

私的「真のアウトライナー」〉の条件を満たすアウトライナーは、そんなに多くはありません。
条件を満たしつつ、現在リーズナブルな値段(あるいはフリー)で入手できて、現行のOSに対応し、動作が安定して使いやすいアウトライナーとしておすすめなのは、マック用ではOPAL、Omni Outliner、Windows用ではSolです。

Opal(マック用)

ThinkTankやMOREと並ぶ、80年代の名作アウトライナーにActaがありました。OPALはActaの作者であるデビッド・ダンハムによって、Mac OS X用に作られた、Actaの後継ソフトです。基本的な操作性やデザイン、機能はActaのものをほぼそのまま継承しています。

OPALのいいところは、アウトライナーとして最低限必要な機能に特化して、余計な機能がなく、シンプルなところです。機能は最低限ですが、とてもよく吟味され、練られています。馴染んでくると使っていることをほとんど意識せず、作業に集中できます。ソフトに透明感があり、邪魔になりません。

私的〈真のアウトライナー〉の4つの条件を満たす他、特定のキーワードを含むトピックだけに表示を絞り込む機能があって、とても便利です。唯一の欠点は、複数のトピックを結合する機能がないこと。これさえあれば、これ以上望むものはありません。

なお、このサイトで紹介しているスクリーンショットは、ほとんどがOPALのものです。

OPALはシェアウェアで有料ですが、日本語版もあり、動作も安定していて、お金を払うだけの価値はあると思います。日本語版は以下サイトから入手できます。

  • 日本語版OPALのサイト
    • 日本語版のダウンロードと販売を行なっていますが、OPALに関する説明があまりないのが残念。
  • オリジナルの英語版のサイト
    • OPALの他、OPALの先祖にあたるActaについての紹介ページもあります。Actaの使い方に関する内容は、そのままOPALにも当てはまります。

Omni Outliner(マック用)

マックでもうひとつ条件を満たすアウトライナーに、Omni Outliner(オムニ・アウトライナー)があります。マックを代表するアウトライナーで、一時期マックにバンドルされたこともあり、普及率もナンバーワンだと思います。

Omni OutlinerはOPALよりもはるかに機能が豊富です。OPALにできることはもちろん全てできます。ただ、その分OPALのような「使っていることを意識しない」透明感では劣っています。デザインも洗練されていて、使い勝手も良いんですが、日本語フォントを使うときになぜか行の高さがカーソル位置によって伸び縮みします。動作には何も問題はないんですが、目障りです。その点が気にならないのであれば、おすすめです。

Sol(Windows用)

Windowsは2ペイン型のアウトライナーが多く、条件を満たすものは多くはありません。

数少ない例外がSolです。けっこう古いソフトで、最近はあまり開発も活発でないようですが、Actaに近い操作性を持っていて、おすすめです。実際、作者もActaに影響を受けたと述べています。以前、職場で個人的にSolをインストールして使っていましたが、(細かいキーの違いはあるものの)自宅のマックで使うOPALに近い感覚で違和感なく操作できました。

ActaやOPALよりも間違いなく優れているのは、複数のトピックを結合するコマンドがあることです。また、Solは見た目はシンプルですが、ActaやOPALよりもかなり高機能です。アウトラインに応じた細かい書式設定ができたり、アウトラインから目次付きのウェブサイトを自動生成する機能まであります(このウェブサイト自動生成機能の仕様が、目次にフレームを使うなど、少々古いのが残念)。

ひとつ残念なのは「ホイスト(フォーカス)」の機能がないことです。長大なアウトラインになると、この点はかなり使い勝手に影響します。

Solはかつては有料でしたが、今はフリーです。開発は終了してると思ってたのですが、XP、Vistaにはきちんと対応しているようです。