ただ楽しいから

ただ楽しいから

著者:
Leo Babauta
原文:
原文公開:
2012-10-16
日本語訳:
日本語訳公開:
2012-11-3
日本語訳更新:

私はほとんどのことを、ただ楽しいからという理由でやっている。

規律を守り、目標を達成し、計画通りに進めることにこだわる人もいるが、それは意味がないと私は思う。つまり、そうしたいと思っても2、3回に1回はうまくいかないだろう、ということだ。あなたはそれを、規律や計画や目標を守れなかったからだと感じるだろう。

一方で、まったく同じことをしても、期待を持たずにただ楽しむことができたとすれば、それは完全な成功なのだ。

重要なことなのでもう一度言おう。まったく同じことをしても、そこに期待があった場合は失敗となり、期待を持たずただ楽しみのためにやった場合は完璧な成功となる。

いくつか例をあげよう。

タフな3日間の山歩きに出発したとする。初日の夜まではなんとかがんばったが、2日目の途中で疲れ果ててしまった。それは失敗だろうか? もしあなたがゴールにたどり着けなかったことで、あるいは決めたことを守れなかったことで自分に腹を立てるなら、それは失敗だ。しかし、最初の段階で「ただ楽しいから」やるのだと決めていて、歩いている間も最高の時間を過ごせたとしたら、それは成功だ。

本を書こうとして、半分までしか書けなかったとしたら、それは成功だろうか失敗だろうか? もし本を書き上げることを自分に期待し、目標を達成できなかった自分に失望したとしたら、それは失敗だ。もし「ただ楽しいから」するのだと決めて、書きながら楽しい時間を過ごせたとしたら、それは成功だ。

オンラインで起業したものの軌道に乗らず、1年後に畳むことになったら——それは失敗だろうか? まあ、そろそろあなたにも答えはわかるだろう。そうしていて楽しかったのなら、それは常に成功だ。

ウォーキングに、ランニングに、ハイキングに出かける。そこから得られる利益のためではなく、ただ楽しいから。生活の中で、結果のためではなく楽しむために、いろいろなことを試してみる。毎日起きて、何かを達成するためではなく、ただ楽しいから何かをする。起きている時間は全て、ただ楽しみのためにあるべきだ。

この考え方はあらゆることを変えてしまう。成功か失敗かの定義だけではない。誰かとの会話、本を読むこと、テレビを視ること、何であれそれに取り組むあなたの態度を変えてしまうのだ。気分は良くなる。他人にはより親切にできる。そして顔には笑顔が浮かぶようになる。

逆立ちする。踊る。坂道を駆け上がる。子どもと歌を歌う。明るく高揚した気分で文章を書く。愛、感謝、喜びを感じる。人生を、ただ楽しむために生きるのだ。

※この記事は、友人のSurajにインスパイアされて書かれた。

※日本語訳にあたり、原文の一部(オンラインコースの告知文)を割愛しました。

この記事は、Leo Babauta(レオ・バボータ) さんがUncopyrighted(コピーライトなし)として公開されている記事の日本語訳です。原文同様、この日本語訳もUncopyrighted(コピーライトなし)とします。当サイトの翻訳文書に関するその他の注意事項については、翻訳文書についてをごらんください。