アウトライン・プロセッシングLIFE

Renji Talk Top > Books > アウトライン・プロセッシングLIFE

アウトライン・プロセッシングLIFE 〜アウトライナーで書く「生活」と「人生」〜

Amazonで見る
cover.jpg
本書は『アウトライン・プロセッシング入門』および『アウトライナー実践入門』の続編であり、応用編です。



『アウトライン・プロセッシング入門』のテーマは、個人が「文章を書き、考える」ツールとしてのアウトライナー(そしてアウトライナー使って「文章を書き、考える希望としてのアウトライン・プロセッシング)でした。

個人が「文章を書き、考える」こと。その範囲は、ちょっと考えるよりずっと幅広いものです。

物書きや研究者や企画担当者でなくても、私たちは日々の生活の中でいつも「文章を書き、考えて」います。買い物リスト、メール、日記、ブログやSNSへの投稿、電話メモ。それらはすべて、広い意味での「文章を書き、考えること」です。

その意味で、アウトライナーは「文章を書き、考える」ためのツールであると同時に、日々をサポートしてくれる生活ツールでもあります。



アウトライナーの生活ツールとしての側面を直接的に形にしたのが、『アウトライン・プロセッシング入門』の中で「生活のアウトライン」、『アウトライナー実践入門』では「ライフ・アウトライン」と呼んでいたアウトラインです。この「生活のアウトライン/ライフ・アウトライン」が本書のテーマです。

「生活のアウトライン/ライフ・アウトライン」は、アウトライナーをタスク管理ツールとして使うことから出発しました。

私にはタスク管理に対する強い苦手意識があります。昔からタスク管理を切実に必要とし、数多くのアプリや手法を試しながら、使いこなせたことがなかったのです。

アウトライナーフリークである私にとっては、タスク管理にアウトライナーを使うことは自然なことでした。

タスクをアウトライン・プロセッシングしながら学んだことは、タスクを扱うためには「タスク」を扱うだけではすまないということです。そしてタスクを扱うことは、まさに「文章を書き、考える」ことだということです。

だから、本書はタスク管理の話から始まっていますが、やはりアウトライナーの、そしてアウトライン・プロセッシングの本なのです。



ふたたび、アウトライナーの深遠な世界へようこそ。

Amazonで見る

目次

※アンダーラインのあるパートは内容を読むことができます

  • はじめに
  • 本編の前に……アウトライン・プロセッシングミニ入門
    • アウトライン、アウトライナー、アウトライン・プロセッシング
    • アウトライン・プロセッシングの技法
  • Part 1 アウトライナーフリーク的タスク管理論
  • Part 2 DOの全体像をクリアにする「ALL」
    • 2.1 ALLの構造を探る(1)
    • 2.2 ALLの構造を探る(2)
  • Part 3 今日をクリアにする「DAYS」
    • 3.1 DAYSの構造を探る(1)
    • 3.2 変化する優先順位を扱う
    • 3.3 行動するためのブレイクダウン
    • 3.4 DAYSの構造を探る(2)
    • 3.5 DAYSの構造を探る(3)
  • Part 4 アウトライナーフリーク的タスク管理論・追記
    • 4.1 レビューについて
    • 4.2 目標について
  • Part 5 アウトライナーフリーク的「重要なこと」
    • 5.1 「重要なこと」と優先順位
    • 5.2 「重要なこと」を決める
    • 5.3 空虚な言葉、リアルな言葉
  • Part 6 「重要なこと」をクリアにする「BE」と「AS」
    • 6.1 リアルな言葉(1) フリーライティング「人生で重要だと思っていること」
    • 6.2 リアルな言葉(2) フリーライティング「人生で重要なことに関係する風景」
    • 6.3 リアルな言葉(3) フリーライティング「欲しいもの、手に入れたいもの」
    • 6.4 リアルな言葉(4) 流れていく思考を巻き取る
    • 6.5 BEとASの構造
    • 6.6 優先順位、再び
  • Part 7 「DOのアウトライン」から「ライフのアウトライン」へ
  • CLEAR(2018)
    • CLEAR(2018)の構造
    • DAYS
    • ALL
    • BE
    • AS
  • アウトライン・プロセッシングLIFE
  • 巻末
    • おわりに
    • 本書のアウトライン・プロセッシング
    • 自由なアウトライン・プロセッシングのためのアウトライナー(2018編)