FX業者徹底比較 初心者にお勧め業者 キャンペーン一覧 スプレッド比較表 バーチャルトレード一覧 FX用語

FXってなに?

FX(Foreign Exchange)とは「外国為替保証金取引」や「外国為替証拠金取引」ともいわれる新しい金融商品です。「外国為替」を「保証金」を使って「取引」するこの金融商品は、1998年に法律が改正されたことで誕生しました。異なった通貨同士を交換する取引をし、その値動きで出た差額がもうけや損失(損益)になります。

外国為替って?

世界の国々は、円やドルなどそれぞれ自国内で流通する通貨を持っています。それらの通貨を他国の異なる通貨と交換することや交換する方法を一般的に外国為替と呼んでいます。例えば、海外旅行でアメリカに行くときには、円を米ドルに交換しますが、この交換が外国為替といえます。

交換するだけで増えるのかな?

通貨を交換しているだけなのに、外国為替取引ではなぜ利益が出るのでしょうか? 先ほどの海外旅行の例で考えてみましょう。下の図を見てください。このように、通貨と通貨には「交換できる価格(=為替レート)」というものがあり、為替レートは常に動いているため、差額が生まれるのです。今回のケースでは100円が105円になったので、5円分の差額が生まれたかたちです。

わかりにくい円高と円安

先ほどの例で「1ドルが100円から105円になった」と説明しました。これはドルの価値が上がったと考えられますね。つまり「ドル高」です。逆に円の価値が下がったとも言えるので、「円安」でもあるのです。よくニュースなどで言われている「円安ドル高」というのはこうした為替レートの変動のことを指しているのです。 「円高」「円安」のわかりにくさとして、100円が105円になったのだから円高ではないか(円が高くなった)、と不思議に思う人もいるでしょう。 以下の例を見てください。
「円高(ドル安)」とは、「円の価値が上がった(ドルの価値が下がった)」ということであり、逆に「円安(ドル高)」といえば「円の価値が下がった(ドルの価値が上がった)」ということなのです。FXをはじめとした外国為替取引の仕組みは「円の価値が高い円高の時に、円をドルに交換して、円の価値が低い円安の時にドルを円に戻す」など、為替レートの差をもうけや損失とするものです。外国為替取引といっても、皆さんが旅行に行くときに両替されることと、さほど変わりがないことがおわかりいただけたでしょうか?

外貨預金とは何が違うの?

「円を外国の通貨と交換して手元に置いておく」というと、外貨預金を想像する人が多いのではないでしょうか? それ自体は、FXも外貨預金もさほど違いはありません。とはいえ、取引方法などに大きな違いがあり、その違いこそが、外貨預金からFXにシフトする人が増えているFX人気の理由となっているようです。それではFXと外貨預金の違いを見てみましょう。
 ポイント1 手数料が安い!!! 

 
FXの手数料は一般的に片道(円を他の通貨に替えること)1ドルあたり5銭〜20銭程度。これが外貨預金となると一般的に1円程度ですので、その差は歴然、5〜20倍もの差がついてしまうのです。こうした手数料の安さから、実際にFXをしていても、資金量などを調整して外貨預金のように運用されている人も数多くいます。 FXの場合はスプレッドの幅がコストに影響します。最近のFX業者は手数料無料の業者が多いのも特徴になってます。ですから外貨預金に比べても格段にFXの方がコストが少なくすむという事になります。手数料が無料の業者はこちらで確認してください
 ポイント2 レバレッジ効果!!! 

 
 FXに欠かせない魅力のひとつが「レバレッジ効果」。この聞きなれないレバレッジという言葉は、「テコ」を意味します。例えば、1万ドルを買おうと思ったとき、1ドル=100円であれば、100万円が必要となります。しかしFXはレバレッジ効果が使えます。10倍のレバレッジがあると、100万円の10分の1の投資額で済むので、10万円あれば1万ドルを買うことができるのです。つまりは「小さな力(少ない投資額)で、大きな効果(大きな取引)」という、「テコの原理」のようなメリットがあるのです。つまり少ない資金でも取引出来る点がFXの良いところです。一番少ない資金で出来る業者はマネーパートナーズでなんと100円の証拠金から取引が出来ます。
 ポイント3 スワップポイント!!! 
 
通貨にはそれぞれ「金利」があります。日本に住んでいる私たちは、ゼロ金利政策に慣れてしまって、残念ながらあまり金利を意識することがありませんが、海外では銀行に預けるだけでオトクに感じる金利がつく通貨もあります。こうした円よりも金利の高い通貨(ほとんどの通貨ですね)を買うことで、金利の差額を受け取ることができるのです。これを「スワップポイント」といいます。簡単にいえば、預金についてくる金利のようなものですね。スワップポイントは預金金利のように年に1度つくのでなく、毎日つくことが何よりも魅力です。小銭を貯金するような感覚で、スワップポイントを目的としてFX取引をされている方が多いのもうなずける話ではないでしょうか スワップポイントの高い業者はフォーランドフォレックスになります。






FX業者徹底比較