全国健康保険協会管掌健康保険・協会けんぽ

平成20年10月より従来の政府管掌健康保険が廃止され、
全国健康保険協会管掌健康保険制度(愛称:協会けんぽ)が始まりました。


政府管掌健康保険については、現在、国(社会保険庁)が運営しており、一般的に「政管健保」という略称で呼ばれていますが、平成20年10月に全国健康保険協会が新たな保険者として設立され、国から独立した新たな健康保険として発足しました。


(1)全国健康保険協会とは


政府管掌健康保険の保険者は国でしたが、これが「全国健康保険協会」という全国単位の非公務員型公法人に移行されます。


少子高齢化を背景に医療費の増大が予想されますが、中小企業の従業員が加入することが多い「政管健保」の保険者を非公務員型の公法人とすることで、業務の合理化・効率化を推進する狙いがあります。


全国健康保険協会は、事業主3名、被保険者3名、学識経験者3名の合計9名で構成される運営委員会を設け、予算、事業計画、保険料率の変更等の業務を審議します。


都道府県ごとに支部が設けられ、支部の業務に関する意見を聞くため、評議会が設けられました。


(2)全国健康保険協会が担当する業務


全国健康保険協会は、健康保険の保険者として、被保険者証の発行健康保険給付の申請書の受付、給付金の支払任意継続被保険者に係る諸手続き(保険料の納付手続きを含む)、レセプトの点検健診や保健指導等の保健事業等を担当します。


なお、健康保険への加入等(新規適用届、資格取得届、被扶養者の異動届等の受付、処理)や保険料(任意継続被保険者は除く)の納付の手続については、従来と同様、社会保険事務所において、会社(事業所)を通じて、厚生年金の手続とあわせて行われます。


(3)被保険者証の切替


10月1日以降に新たに協会けんぽに加入された方や被保険者証の再交付の手続をされた方には、全国健康保険協会から新たな被保険者証が発行されます。


従前から政府管掌健康保険に加入されていた方には、10月以降順次、協会名の新たな被保険者証への切替えが行われます。これらの被保険者証の切替えの手続は、一般の被保険者の方は会社(事業所)を通じて行われます。また、任意継続被保険者の方には、直接ご自宅に郵送されます。


被保険者証の切替えが完了するまでは、現在お持ちの被保険者証を引き続き医療機関等で使用することが可能です。


(4)健康保険の給付


医療機関で受診された場合の自己負担の割合や高額な医療費の場合の負担の限度額、傷病手当金などの現金給付の金額や要件など、健康保険の給付の内容は、協会設立後もこれまでと変わりません。


(5)健康保険の各種手続き


健康保険の加入や保険料の納付の手続は、従来と同様、管轄の社会保険事務所において、お勤めの会社(事業所)を通じて行われます。


また、傷病手当金等の健康保険の給付任意継続等に関する申請の受付や相談は協会の各都道府県支部で行われますが、協会職員の巡回や外部委託により、社会保険事務所等に窓口を設けることも検討されています。


(6)協会けんぽの保険料率


協会けんぽの保険料率は、都道府県毎に計算され、都道府県毎に異なります。


平成23年3月以降の保険料率はこちらをご覧下さい


【大阪府の問合わせ先】

  〒541−8549
  大阪市中央区平野町2−3−7 アーバンエース北浜ビル11階
      全国健康保険協会大阪支部
         電話番号 06−6201−7070



                                         大阪労務管理事務所トップに戻る

業務案内社会保険料の節約適格年金の移行退職金制度の見直し401kの導入支援
就業規則の作成・見直し審査請求・再審査請求代理あっせん代理問題社員対応
コンピテンシー高齢者の賃金設計小規模企業の健康診断最新ニュースセミナーの開催
職場のメンタルヘルス助成金の申請代行パート社員労務管理キャリアコンサルティング
賃金制度年金の実務
給与計算の実務Eメール顧問貴社のメリット報酬規定
賞与計算の実務解雇雇止め
安全配慮義務労災発生時の対応電話・メール相談
社会保険料の計算方法傷病手当金合同労組契約社員の労務管理派遣社員の労務管理