審査請求・再審査請求

障害年金の不支給決定、低い等級での決定、傷病手当金の不支給決定等に
不満がある場合は、審査請求、再審査請求で支給決定されることがあります。



(1)審査請求制度・再審査請求制度の趣旨



障害年金の不支給決定、低い等級での決定、傷病手当金の不支給決定、労災の不支給決定等労働基準監督署長・社会保険事務所長・健康保険組合長・厚生労働大臣等の決定した処分が請求者にとって不満な場合には、裁判所に訴えることにより問題を解決することが原則ですが、

労災保険・社会保険のように専門的、大量的に発生する処分をいちいち裁判所で解決するには、原告は訴訟手続の煩雑さと多額の費用を必要とします。


これでは、不服者の権利の救済には十分とはいえません。そこで、このような弊害を避けるために設けられたのが、不服申立・審査請求・再審査請求の制度です。これらの制度は、無料で利用することが出来ます。



(2)不服申立制度


労働保険料の認定決定について不服があるとき、事業主は
不服申立をすることが出来ます。


認定決定の処分があったことを知った日の翌日から
3か月以内かつ処分があった日の翌日から1年以内に厚生労働大臣に対して書面で行うことが出来ます。


(3)審査請求制度


保険給付の決定に対して不服のある場合には審査請求を行うことが出来ます。


例えば、過労死の労災認定がおりない場合は、労災認定を求める審査請求を都道府県労働局にいる
労働者災害補償保険審査官に対して行うことが出来ます。


同様に、障害認定の決定に対して不服のある者は、各地方厚生局にいる
社会保険審査官に対して、審査請求を行うことが出来ます。


労災保険の場合、処分の決定のあったことを知った日から
3か月以内に文書又は口頭で、労働者災害補償保険審査官に審査請求を申し出ます。


同様に、社会保険の場合も処分があったことを知った日から
3カ月以内に文書又は口頭で、社会保険審査官に申し出ます。


労働者災害補償保険審査官、社会保険審査官共に独任制で、法令、通達に基づき再調査を行ない、原処分が正しいかどうかを判断します。


審査官の決定は次の3種類に分かれます。

容認」‥請求人の申し立てが正しいと判断し、原処分庁に処分の見直しを求めます。

棄却」‥原処分庁の処分が正しいと判断し、請求人の申し立てを否認します。

却下」‥申し立てが要件を欠いていたり、期限を過ぎていた場合は、申したて自体が否認されます。



(4)再審査請求制度


労働者災害補償保険審査官が下した決定に不服がある場合、厚生労働省内に設けられた労働保険審査会に対し、再審査請求を行うことが出来ます。


同様に、社会保険審査官が下した決定に不服がある場合、厚生労働省内に設けられた
社会保険審査会に対し、再審査請求を行うことが出来ます。


労災保険の場合、審査官の決定書の謄本が送付された日の翌日から
2カ月以内に文書で、再審査請求を申し出ることが出来ます。


また、審査請求をした日から3カ月を経過しても決定がない場合も再審査請求することが出来ます。


社会保険の場合は、審査官の決定書の謄本が送付された日の翌日から
2カ月以内に文書又は口頭で、再審査請求を申し出ることが出来ます。


また、審査請求をした日から2カ月以内に決定がない場合も再審査請求することが出来ます。


労働保険審査会、社会保険審査会は、保険者、申立人、参与(有識者)、審査員が集まり、審査員の合議制で審査が行われます。


(5)不服申立・審査請求・再審査請求の代理


行政が一度決定した処分を変更させることは、一般の方には、かなり困難な作業です。


申立書に「他の同じ状態の人が障害基礎年金の支給を受けているから」とか「生活が苦しいから」といった理由で、審査請求、再審査請求が容認されることはありえません。


書面の作成や陳述等は、専門家にまかせた方が賢明です。


労働保険・社会保険の法律の専門家である社会保険労務士は、不服申立・審査請求・再審査請求の代理人となることが法律で認められています。社労士の独占業務です。


但し、この分野はかなり専門的なテクニックが必要ですので、その能力・経験のある社会保険労務士に依頼することが必要と思います。


当事務所では、審査請求・再審査請求の経験豊富なスタッフが対応いたします。



(6)労働保険審査会裁決の一例


@経過


再審査請求人(以下請求人という)は、平成○年○月業務上負傷し、平成△年△月治癒したが、治癒後障害が残存するとして、労働基準監督署長(以下監督署長という)に障害補償給付の請求をしたところ、監督署長は、請求人に残存する障害は、労働者災害補償保険法施行規則別表第一に定める障害等級第八級に該当するものと認め、同等級に応ずる障害補償給付を支給する旨を処分した。


請求人は、この処分を不服として労働者災害補償保険審査官(以下審査官という)に審査請求したが、審査官はこれを棄却したので、請求人は、さらにこの決定を不服として再審査請求に及んだ。


A再審査請求の理由


請求人は再審査請求の理由として、要旨、「右手の残存障害につき、現処分庁は、右示指は、中節骨二ミリ残して切断している。右環指は、中節骨九ミリ残して切断しているとし、いずれも「用を廃したもの」に該当することを根拠に、障害等級第八級準用としている。


しかし、病院で治療した際に、医師より「中節骨まで損傷しており、機能しないが、そのまま残しておく」旨の説明を受けた。事実上右示指は、中節骨が無いのと同様の状態であり、「示指を失ったもの」と判断すべきである。従って、「一手の母指及び示指を失ったもの又は母指もしくは示指を含み三以上の手指を失ったもの」であり、障害等級第七級の六に至っているもので、第八級準用と決定した監督署長の処分は誤りである。



B労働保険審査会の裁決(要旨)


請求人の障害は、障害等級表に掲げられた障害には該当するものではないが、その障害の程度を当該障害の具体的状態を考慮のうえ障害等級表に掲げられている手指の障害との比較を中心に総体的に検討した結果、障害等級第七級に準用するのが相当であると認められるものである。


したがって、監督署長が請求人の障害を障害等級第八級とした判断は失当と言わざるを得ず、その判断に基づき監督署長が請求人に対してした障害補償給付の支給に関する処分は取り消しを免れない。



【コメント】


障害補償給付で第八級と認定されるか、第七級と認定されるでは給付面で非常に大きな違いがあります。


第七級と認定されれば、1年につき給付基礎日額の131日分、第八級と認定されれば、一時金として給付基礎日額の503日分が給付されます。


給付基礎日額が1万円とすれば、第七級と認定されれば、毎年131万円が給付され、第七級と認定されれば、503万円が一度だけ支払われるだけです。


審査請求、再審査請求の重要性がわかると思います



(6)労働保険審査会の様子


平成○年○月○日に東京都港区の労働委員会内で開催された労働保険審査会に出席しました。その様子をお話します。


まず、配置ですが、正面に審査長、その右に審査委員1名、左に審査委員1名、合計3名の審査員がいらっしゃいます。


審査員は、「両議院の同意を得て、厚生労働大臣により任命」されます。


合議制による審査が行われ、労働保険審査官と異なり、行政通達に拘束されませんので、審査請求より申請が容認(請求人の主張が認められる)可能性が高いです。


審査委員長の前に書記官2名が座り、その右に労働者側参与2名、左に使用者側参与2名がすわります。


参与は、労働保険等の有識者で意見、質問を述べることが出来ます。


そして、右手に請求人側の席、左手に原処分庁の席があります。


再審査請求は関係者以外の人でも傍聴することが出来ます。座席は部屋の最後部にあります。


進行は、まず、審査長が請求人及びその代理人に請求の趣旨を質問します。次に、原処分庁の主張を聞きます。


原処分庁は、再審査請求の棄却を求めることを述べます。原処分庁の発言はこれだけです。残りの時間は、請求人側への質問がなされます。


質問者は、審査委員長、審査委員、参与です。


同じ日に他の再審査請求の事件も扱われます(1日当たり原則として12件)ので、時間に制限があり、1つの事件については原則30分の時間内で審議が行われます。従って、質問に対しては、趣旨を良く理解し、適切に返答しなければなりません。


私が関与した事件は、疾病に業務起因性があるかないかを扱ったものです。詳しくは守秘義務があるので公表出来ません。疾病の労災認定は、一定の基準があり、その基準に沿って説明しないとなかなか認めてもらえません。


如何に要領よく意見書をまとめ、再審査会で陳述し、審査員、参与を納得させる説明が出来るかどうかが社会保険労務士としての腕の見せ所です。



(7)社会保険審査会の様子


平成○年○月○日に東京都千代田区霞が関の厚生労働省内で開催された社会保険審査会に出席しました。その様子をお話します。


まず、配置についてですが、ロの字型のテーブルに関係者一同が着席します。再審査請求人、再審査請求代理人の正面に保険者側代理人が着席します。


再審査請求人、再審査請求代理人の左側に審査委員長及び審査委員2名、右側に被保険者、受給権者、事業主を代表する参与(有識者)10名が着席しています。


次に、進行についてですが、まず、審査委員長より出席者の確認が行われ、再審査請求の趣旨及びその理由、保険者側の意見の確認が求められました。これは、口頭で発表するのではなく、事前に提出した書類の確認で行われます。


従って、
再審査請求においては、事前に提出する書類をしっかりしたものにまとめることが非常に重要になります。この書面(再審査請求書、意見書、申立書等)の作成でも専門家の知識が必要になってきます。争点を踏まえ、法律的な論理構成が要求されます。


続いて、審査委員が議事の進行を進める形となり、保険者側代理人に質問がありました。その後、各参与に意見を求め、最後に再審査請求人及び再審査請求代理人の意見を求められました。


時間にして20分位で審議は終了しました。事件によっては、10分から15分で済む場合もあるので、今回は長い方だった思います。なお、事件の内容は傷病手当金の請求に関するものですが、守秘義務があるので、ここでは説明出来ません。


審査委員、保険者側代理人、参与合計15名位に取り囲まれて着席するので、初めて社会保険審査会に出席する再審査請求人は、1人の場合だとその場の空気に圧倒されてしまい、用意したことの半分も言えないのではないでしょうか?


その点、社会保険審査会の雰囲気になれた社会保険労務士に同席してもらうだけでも心強くなり、考えてきたことが十分発言出来ると思います。さらに、社会保険労務士は、再審査請求人の陳述を法律的な観点を含めて補充陳述してくれるので、「容認」(請求人の主張が認められる)を勝ち取り安くなります。


社会保険審査官は独任制であるのに対し、社会保険審査会は合議制ですので、より公平性が担保されています。つまり、「容認」を勝ち取る可能性が高くなります。


【上記再審査請求の結果】


平成26年11月に上記再審査請求の結果が判明しました。結果は、「容認」ということで、当方の主張が認められました。詳しくは、守秘義務の関係上言えないのですが、前回の病気と今回申請した病気が関連する病気と判断され、支給開始日後1年6か月以上経過しているため、傷病手当金が不支給とされた健康保険保険者の原処分取り消しの裁決の通知を頂きました。


当事務所では、審査請求、再審査請求の代行業務を引き受けております。内容は下記の通りです。(全国対応)


(1)審査請求代行業務内容

1.審査請求の進め方に関する相談(面接相談、電話相談、メール相談)への対応、アドバイス

2.審査請求書の作成

3.申立書・意見書の作成

4.審査請求書及び添付書類の社会保険審査官・労災保険審査官への提出

5.社会保険審査官・労災保険審査官からの問い合わせに対する対応

6、口頭意見陳述の場への出席、意見陳述



(2)再審査請求代行業務内容

1.再審査請求の進め方に関する相談(面接相談、電話相談、メール相談)への対応、アドバイス

2.再審査請求書の作成

3.申立書・意見書の作成

4.再審査請求書及び添付書類の社会保険審査会・労働保険審査会への提出

5.社会保険審査会・労働保険審査会からの問い合わせに対する対応

6.公聴会への出席、口頭での陳述、審査委員・参与等からの質問に対する回答陳述



(3)代行に関する料金

着手金 成功報酬
不服申立 50,000円+消費税 初回振込額の10%、年金月額の2ヶ月分
または10万円のうち、いずれか高い金額(税込)
審査請求 50,000円+消費税
再審査請求 (注)50,000円+消費税

(注)公聴会への出席も重ねて依頼される場合は、東海道新幹線代(大阪⇔東京)を含む交通費3万円(税込)が別途必要となります。


★審査請求・再審査請求に関して、ご自分で行うことも出来ます。但し、その場合であっても専門家である社会保険労務士の意見をお聞きになることをお勧めします。当事務所では、こうした場合のご相談に対し、以下の内容で有料にて対応させて頂いております。


審査請求書・再審査請求書の書き方、申立書の書き方のポイント、審査請求・再審査請求の進め方に関する相談・アドバイス等審査請求・再審査請求に係る疑問にお答えいたします。



  メール相談  1回につき 3,000円+消費税 (質問は1回につき最大5問まで可能です)

  電話相談   30分以内 3,000円+消費税 30分超の場合 10分以内毎に1,000円+消費税加算

  面接相談   30分以内 3,000円+消費税 30分超の場合 10分以内毎に1,000円+消費税加算


※ご相談の際には、氏名、電話番号をお申出下さい。メール相談の場合も、氏名、電話番号をご記入下さい。

※電話相談は即時(但し、面談中等の場合はその業務が終了後となります)、メール相談は着信に気付いてから2時間以内に回答いたします。相談料は、当日又は翌日、指定銀行口座にお振込をお願いします。振込先は相談後電話又はメールで連絡させて頂きます。

※メール相談、電話相談の際の振込手数料は、誠に恐れ入りますが、相談者様の方でご負担下さい。

※電話相談、メール相談、面接相談は、祝日、土曜日、日曜日(午前10時から午後6時まで)も受付ておりますので、お気軽にご利用下さい。

※面接相談ご希望の方は、事前にお電話下さい。相談日時を打ち合わせさせて頂きます。面接相談は、事務所所在地(地図はこちら)で行います。面接相談料は面談日にお支払願います。

※電話相談、面接相談ご希望の場合は、電話番号080−4018−4182までお電話下さい。

※メール相談ご希望の方は下記のメールアイコンをクリックしてお申込み下さい。(氏名・電話番号を必ずご記入下さい


                                    


〒560−0004
大阪府豊中市少路2−1−1−204
大阪労務管理事務所
特定社会保険労務士 三嶋 道明


                                                     大阪労務管理事務所トップに戻る


業務案内障害年金申請代行適格年金の移行退職金制度の見直し401kの導入支援
就業規則の作成・見直し審査請求・再審査請求代理あっせん代理問題社員対応
コンピテンシー高齢者の賃金設計
小規模企業の健康診断最新ニュースセミナーの開催
職場のメンタルヘルス助成金の申請代行パート社員労務管理キャリアコンサルティング
賃金制度年金の実務
給与計算の実務Eメール顧問貴社のメリット報酬規定
賞与計算の実務解雇雇止め安全配慮義務労災発生時の対応労務管理なんでも相談
社会保険料の計算方法傷病手当金合同労組契約社員の労務管理派遣社員の労務管理