パートタイマー等と社会保険の適用

パートタイマー(パート社員、アルバイト社員、契約社員、嘱託社員)
の社会保険の適用及び社会保険料の負担の取扱いをまとめました。

1.労災保険


業務災害、通勤災害に関しては、農林水産の一部事業を除き、パートタイマー等にも適用されます。保険料は全額事業主の負担です。


2.雇用保険


雇用保険に関しては、次の条件を全て満たす者はパートタイマー等であっても一般被保険者となります。保険料は、被保険者負担分を賃金から控除されます。(平成22年4月1日以降実施


  1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

  2.31日以上雇用される見込みがあること。


なお、週40時間の労働時間で契約している場合は、31日以上雇用される見込がなくても雇用保険の被保険者となります。


3.健康保険・厚生年金保険


パートタイマーの人が健康保険・厚生年金保険の被保険者となるか否かは、常用的使用関係にあるかどうかを労働日数・労働時間・就労形態・職務内容等を総合的に勘案して判断されます。そのひとつの目安となるのが、就労している人の労働日数・労働時間です。


健康保険・厚生年金保険に関しては、次の条件をすべて満たす者はパートタイマー等であっても原則として、被保険者となります。保険料は「健康保険料額表」及び「厚生年金保険料額表」に基づき、被保険者負担分を賃金から控除されます。


  1.1日又は1週間の労働時間が正社員の概ね3/4以上であること。

  2.1ヶ月の労働日数が正社員の概ね3/4以上であること。


すなわち、パートタイマー等の健康保険・厚生年金保険の適用・未適用は次の通りとなります。

1日当りの労働時間 1ヶ月当りの労働日数 適用・未適用
正社員の概ね3/4以上 正社員の概ね3/4以上 適用
正社員の概ね3/4以上 正社員の概ね3/4未満 未適用
正社員の概ね3/4未満 正社員の概ね3/4以上 未適用
正社員の概ね3/4未満 正社員の概ね3/4未満 未適用


「2か月以内の雇用期間を定めて雇用される者は、上記1及び2の条件を満たしていても社会保険の適用除外者となります。従って、上記1及び2の条件を満たしているパートタイマー、アルバイト等であっても、契約期間が2か月以内に限定され更新がない場合は、社会保険の適用を除外されます。


※夫が社会保険に加入している場合、妻の年収が130万円未満だと夫の健康保険の被扶養者となることが出来ますが、パートの収入・労働時間により、妻の加入する健康保険・年金は次のように分類することが出来ます。

健康保険 年金関係
労働時間・労働日数
ともに3/4以上
妻自身が健康保険に加入 妻自身が厚生年金保険に加入
労働時間3/4未満
かつ年収130万円未満
夫の健康保険の被扶養者 国民年金の第3号被保険者
労働時間3/4未満
かつ年収130万円以上
妻自身が国民健康保険に加入 妻自身が国民年金の第1号被保険者
として加入


※「手取額が減る」「夫の配偶者手当がなくなる」というような理由で、社会保険の加入条件を満たしているにも関わらず、社会保険に加入しないことは出来ません。条件を満たせば、強制加入です。加入しない場合、事業主に罰則が課されます。


雇用保険       : 6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金  

健康保険法     : 6月以下の懲役又は30万円以下の罰金  

厚生年金保険法  : 6月以下の懲役又は20万円以下の罰金



4.介護保険

健康保険の被保険者に該当する40歳以上65歳未満の方は、介護保険第2号被保険者となるため、健康保険料と合わせて、介護保険料の被保険者負担分を賃金から控除されます。


※賃金より控除される社会保険料の額は、社会保険料の計算方法をご参照下さい。


【パート労働者に対する社会保険の適用拡大】


紆余曲折の末、「パート労働者に対する社会保険の適用拡大」法案は、「税と社会保障に関する一体改革」法案の一部として、平成24年8月10日に、下記の内容で国会を通過し、実施されることが決定しました。


・勤務時間は週20時間以上

・年収は1,056,000円(月収約88,000円)以上


・雇用期間は1年以上


・従業員501人以上の企業に勤務している


・学生は除きます。

・実施時期は、平成28年10月以降(平成24年8月から数えると約4年2か月後です。)


この条件を満たすパート労働者は、約25万人と見込まれています。民主党が平成24年2月当初掲げていた370万人に対象を拡大する案より大幅に後退しています。実施まで4年もあり、非正規労働者にとっては一歩前身ですが、期待はずれの内容で決着したように感じます。


・適用拡大に伴うパート労働者の負担と給付は次のようになります。(年収120万円の46歳女性の場合を厚生労働省が試算したものです)


1.会社員の妻の場合

年金保険料が年額9.7万円増加します。健康保険料が6.5万円増加します。

2.自営業者の妻の場合

年金保険料が8.4万円減少します。健康保険料が1.1万円増加します。

3.単身者の場合

年金保険料が8.4万円減少します健康保険料が0.8万円減少します


 給付面でのメリット

・年金のメリット     加入1年ごとに年金が月額500円、生涯で17.3万円増加します10年加入すれば、生涯で173万円増加します。

・健康保険のメリット  
傷病手当金、出産手当金が条件を満たせば支給されま


                                パートタイマーの労務管理に戻る
                         

業務案内社会保険料の節約適格年金の移行退職金制度の見直し401kの導入支援
就業規則の作成・見直し審査請求・再審査請求代理あっせん代理問題社員対応
コンピテンシー高齢者の賃金設計
小規模企業の健康診断最新ニュースセミナーの開催
職場のメンタルヘルス助成金の申請代行パート社員労務管理キャリアコンサルティング
賃金制度年金の実務
給与計算の実務Eメール顧問貴社のメリット報酬規定
賞与計算の実務解雇雇止め安全配慮義務労災発生時の対応労務管理無料無料相談
社会保険料の計算方法傷病手当金合同労組契約社員の労務管理派遣社員の労務管理