コンピテンシー

最近はコンピテンシーの高い人材に注目が集まっています。
企業に応じたコンピテンシーの要素を分析し、採用、社員教育
配置、人事考課等に活用し、企業業績を上げましょう。

・低成長が続く日本経済ですが、企業の求める人材も職務遂行能力の高い人材から成果を出せる人材に変わってきています。つまり、潜在能力の高い人材より、直接企業に利益を成果としてもたらしてくれる人材が求められていると言えるでしょう。


・このような背景のもと、最近の経営では、コンピテンシーの高い人材が求められています。


・コンピテンシーとは高い業績を上げている社員の行動特性」のことです。


・コンピテンシーは、従来、先天的な性格や気質に基づくものと考えられ、普通の人では身に付けられないものと考えれてきましたが、最近の研究で、後天的なもので、普通の人でも意識的に身に付けられるものと考えれるようになりました。


・出来る人材になるには、コンピテンシーを身に付けることが必要な時代になってきたのです。人事考課も職務遂行能力から業績・成果をより重視するように変わってきていますが、コンピテンシーを身に付けることは、この面で重要な意義を有します。


・これからの企業経営を考えるうえで、コンピテンシーは重要なキーワードであり、高い業績を上げている社員の行動特性を分析し、採用、社員教育、配属、人事考課、社風の改革に応用し、会社として高い業績・成果を上げることが可能となります。



採用


「高い業績を上げている社員の行動特性」を採用基準に取り入れることで、企業が希望する人材を効率的に発掘し、採用する近道ができます。


社員教育


「高い業績を上げている社員の行動特性」を示すことにより、社員にどのような行動をとるべきかという具体的な目標を示すことができますので、社員教育の目標を設定することができます。


配置


各部署で「高い業績を上げている社員の行動特性」を分析することにより、その行動特性を所持している社員をみつけやすくなります。適材適所を実現するための配属が行いやすくなります。


人事考課


「高い業績を上げている社員の行動特性」を評価基準とすることで、評価の曖昧さがなくなり公正な人事考課を行うことができます。また、成果主義賃金の導入が容易になります。


社風


「高い業績を上げている社員の行動特性」を示し、他の社員がその行動に取組むことで社風に変化がおき、職場活性化が期待できます。

                           
大阪労務管理事務所トップに戻る

業務案内社会保険料の節約適格年金の移行退職金制度の見直し401kの導入支援
就業規則の作成・見直し審査請求・再審査請求代理あっせん代理問題社員対応
コンピテンシー高齢者の賃金設計小規模企業の健康診断最新ニュースセミナーの開催
職場のメンタルヘルス助成金の申請代行パート社員労務管理キャリアコンサルティング
賃金制度年金の実務
給与計算の実務Eメール顧問貴社のメリット報酬規定
賞与計算の実務解雇雇止め安全配慮義務労災発生時の対応電話・メール相談
社会保険料の計算方法傷病手当金合同労組契約社員の労務管理派遣社員の労務管理