法律で禁止されている解雇

解雇は原則として使用者が自由に出来ますが、
解雇が法律で禁止されている場合がありますので、注意しましょう。





次の場合は、法律で解雇が禁止されていますので、解雇することは出来ません。


(1)従業員の国籍、信条、社会的身分を理由とすること(労働基準法第3条)


(2)
業務上の理由による傷病による休業期間中及びその後30日間(労働基準法第19条)
  (但し、使用者が、労働基準法第81条の規定によつて打切補償を支払う場合,、又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合で行政官庁の認定を受けた場合は、解雇することが出来ます。)


(3)
産前産後の休業期間中及びその後30日間(労働基準法第19条)
  (但し、産前休業をしないで、就労している場合は解雇することが出来ます。また、産後8週間経過前でも就労開始後30日を経過すれば、解雇することが出来ます。)


(4)労働基準監督署等
行政機関へ内部告発したことを理由とすること(労働基準法第104条,労働安全衛生法97条))


(5)解雇について
女性であることを理由として、男性と差別的取扱いをすること。(男女雇用機会均等法第8条1項)


(6)女性従業員が
婚姻し、妊娠し、又は出産したことを退職理由として予定する定めをすること(男女雇用機会均等法第8条2項)


(7)女性従業員が
結婚、妊娠、出産したこと等を理由とすること(男女雇用機会均等法第8条3項)


(8)
育児休業を申出、あるいは取得したことを理由とすること(育児・介護休業法第10条)


(9)
介護休業を申出、あるいは取得したことを理由とすること(育児・介護休業法第16条)


(10)労働者が
労働組合の組合員であること、労働組合に加入し、若しくはこれを結成しようとしたこと若しくは労働組合の正当な行為をしたことを理由とすること(労働組合法第7条)


(11)労働者が
個別労使紛争に関し、行政機関に対し、援助やあっせんを求めたことを理由とすること(個別労働紛争解決促進法第4条3項)


(12)
労使協定の過半数代表者になること、なろうとしたこと、正当な活動をしたことを理由とすること(労働基準法施行規則第6条の2)


(13)
企画業務型裁量労働制の労使委員会の労働者委員になること、なろうとしたこと、正当な活動をしたことを理由とすること(労働基準法施行規則第24条の2の4)


(14)
企画業務型裁量労働制の対業務に就けることについて同意しないこと(労働基準法第38条の4)


(15)労働者派遣の
一般派遣業務の派遣可能期間決定の際の意見聴取等の労働者の過半数代表になること、なろうとしたこと、正当な活動をしたことを理由とすること(労働者派遣法施行規則第33条の4)


(16)
公益通報を理由とすること(公益通報者保護法第3条)

                                                      解雇に戻る

業務案内社会保険料の節約適格年金の移行退職金制度の見直し401kの導入支援
就業規則の作成・見直し審査請求・再審査請求代理あっせん代理問題社員対応
コンピテンシー高齢者の賃金設計
小規模企業の健康診断最新ニュースセミナーの開催
職場のメンタルヘルス助成金の申請代行パート社員労務管理キャリアコンサルティング
賃金制度年金の実務
給与計算の実務Eメール顧問貴社のメリット報酬規定
賞与計算の実務解雇雇止め安全配慮義務労災発生時の対応労務管理無料無料相談
社会保険料の計算方法傷病手当金合同労組契約社員の労務管理派遣社員の労務管理