image
-HOME > アザラシ的生活
-
-arrow back number:2000
-arrow back number:2001
-arrow back number:2002
arrow back number:2003
arrow back number:2004
   
   

■アザラシ的生活
   

2005.12.28 ゴメンネ!

今年は、更新がほとんどできなかった。
もっと時間があればなあ、と思います。

『今、ちょっと忙しいもので・・・』
『あ、そう。じゃよそへ回そうかな。』
『ああ、待って、やりますやります。』
一度、他所へ行っちゃうと、
その後の仕事も回ってこなくなってしまう。
そんなわけで、仕事をつっこんでしまって身動きできない。


来年もこんな感じが続きそう。
ですが、PTAからは開放されるので、
少しはマシになるかも、です。

では、よいお年をお迎え下さいませ。

page top

2005.6.28 お役

・△△市PTA協議会 会長
・社会教育委員の会議 委員
・□□地区PTA連絡協議会 理事
・第61回国民体育大会△△市実行委員会 委員
・△△市次世代育成支援行動計画推進地域協議会 委員

・○×小学校PTA 会長
・△△中学校区青少年育成市民会議 副会長
・○×小学校区人権啓発推進委員会 副会長
・○×小学校安全対策委員会 副会長
・○×小学校 評議委員
・○×小学校区まちづくり協議会 副会長
・スポーツ21○× 副会長

なんだかなあ。今年はこんなに「役」がついてしまった。
肩書きだけなら、市会議員にでも立候補しそうないきおいです。
名刺を作ったら、にぎやかでいいかもね。

page top

2005.5.31 踏み切りの風景

遮断機が降りることのなくなった踏み切りを渡る。鉄路の表面は黄色かかった赤錆が浮いている。JR宝塚線。4月25日午前9時頃、7両編成の電車がここを通過した。それは、いつもと変わらない、なにげない風景であったはず。

page top

2005.5.11 ダイエット

去年のGWはストレスのかかる仕事で、3キロ痩せた。今年のGWは現場の立ち仕事で3キロ痩せた。2年で、6キロのダイエットに成功!!少し嬉しい。

page top

2005.1.5 世論

あけましておめでとうございます。さて、今年はどんな年になるのでしょう。去年のような「災」だけはごかんべん願いたいところです。

昨年末、どこかの教育長さんが、「体罰は絶対にあってはならないことで云々」と謝罪している記事を目にしたが、これは「世論」を意識しての発言、つまり建て前ではないかという気がしてならない。教育長さんのお年であれば、当然体罰を受けて育った世代だろうし、よい面も悪い面もご存知のはずで、一刀両断に「あってはならない」と本気では思っていないのではないか。裁判の判決でも世論が影響する時代だから、ここでも「体罰反対」という世論を意識しての発言ではないだろうか?少なくとも立場上、「体罰賛成」とは絶対に言えないことは推察できる。
PTA関係でいろんな保護者の方と話をしていて、「実は体罰ってあってもいいと思うんです」と言う人が多い。その後は必ず、「自分の子供の頃は・・」と体罰の体験とその効能の話が続く。アザラシも体罰は賛成である。ただし、“愛情のある”という条件付きで。 しかし、アンケートで○か×の2者選択を迫られ、細かい条件をカットされるとすると、どちらを選ぶだろう?
ひとりひとりは「白」と言っていても、総意では「黒」となってしまう。そこに世論の怖さがある。

page top

copyright