2007年を振り返って

1) Intel一色Asus一色と、どっぷりIntel系につかった一年でした。
2) 常用機P5K-E採用。
3) 久々にWRな石とめぐり合う。

1) AMDの場合は、旧Abit、DFI、Epox たまに、MSI、 Asusから扱いやすいM/Bが出てきたような気がします。
Intelの場合は、Asus以外は、弄っていないので、良くわかりませんが、ま、良い噂が伝わってこないので
弄らなくて、正解だったのかもしれません。ま、いろいろ、複雑になってきているので、手がまわらないってのが
一番大きな理由のような気がします。また、弄りたいと思う板が、複数枚、手に入らなかったりもしています。

@ Asus P5K 1:1 FSBでこれを超えるM/Bはないと思います。45nm対応biosで、Vcore1.86Vリミッタ-出現。
Level7 FSB560MHz程度。しかし、LevelをめるがごとにFSBは、かる〜く650MHz overする、面白いM/B
A Asus P5K-E 1:1Level7でFSB600MHzあたりまで廻るが、Levelを緩めてもFSB≒612MHzが限界
FSB600MHzまでの、低FSB専用です。Level7で廻るので、速いです。45nmbiosVcore1.86Vリミッタ-出現。
よって、すでに、1m限定M/Bになってしまいました。

Asus P5K Pro :FSB600以上で使用可能かどうか不明です。2008.1月中に予備実験予定です。
Level7では、やはり、P5Kと同様、FSB556MHzまでしか廻りませんでした。Levelゆるめて廻るM/Bと予想!
Level7選別の場合、FSB560MHz程度廻っているM/Bが良いかもしれません。私のはハズレなカンジです。
ま、x9.5なので、640MHz廻ればOKでしょう。2-3枚の選別でOKかもです。
45nmリミッタ-は、無さそうです。P5Eの例があるので、1.96Vまで可能かどうかは、まだ不明です。
8phase Stack Cool2(-)なので、他のM/Bよりは、極冷向きと思います。常用空冷には不利かと・・・
E8***シリ-ズの競技用に使用可能かどうか、とりあえず1枚のみ入手。Vcore/vdroop modのみ行いました。2007.12.29

2) 45nm対応biosでVcore -0.1V出力となりましたが、常用環境では、いまだに扱いやすいです。5枚弄りましたが
FSB600以下では、ほとんど、当たり外れがなく(当たりがない?)鉄板と言って良いと思います。
当然、上位のP5Kシリ-ズも同じと思いますが、今回はP5K-Eで必要十分でした。

3) E6850 L720A745/2L・・・低FSBな石が多いなか、これでG0は最後、と思って購入した2個のうちの1個

運良く手にした宝石で、WRを達成することができました。久しぶりに夜間の時間を削っての実験でした。
真夏の寝苦しい時間帯を涼しく過ごさせていただきました・・・感謝!!

QX9650・・・1個目があまりにも冷え症→やけくそで2個追加(嘘)。ま、正直、冷静ではなかったかも〜。
当然、反動でx38 M/Bx2とCellShock DDR3-1800x2の導入は見送りとなりました。
DDR3組より150MHz上でブン廻すことに、集中しようと思います。(ロ-レライ爆?魔女が必要かも〜・・・)
#2 QX9650も、まだ廻しきっていないので、不燃焼ぎみではありますが、いそがしいので限界です m(_ _)m

x38(P5E)も1枚だけ弄りましたが、Quad CPUのFSB450(4:5)以上でも安定していました。
Q6600程度ではわかりにくいですが、QX9650の4.2G(FSB450以上 4:5)以上では、P35より遥かに安定
作動していた事を付け加えておきます。x38の最大の優位性かと思います。

MAXMEM=600-700/180-200/120-125(32m/8m/1m):一気に廻すときは680でやっています。
E-RAM+Copy-Waza(defrag+Backup法) WinXP Pro(SP3 RCにて)・・・大体、こんな感じ(4CPU)で廻してます。
1CPU-4CPUは4CPUの方がほんのり速いですが、L2/6Mなので、無視できると思います。1CPU

1m realtimeのみ/8m realtime+copy-wazaのみ/32m realtime+copy-waza+E-ram(32m/5.7Gで0.2-0.3s速い)
*E-RAMは常用領域の検証(4G程度)だと1-2s速いです。限界領域では誤差に吸収される事が多い。
長距離用HDDはP-ATA/S-ATA、あるいはstrip等、何でもOKです。余分なdriverは無い方が遅くならないです。
ただし、 1プラッタ片面のheadの移動の少ないHDDが良いと思います。遅くならないHDD選択が宜しいかと・・・
注意:DDR3/E-RAMでは、もう少し短縮する可能性は有ります。(検証環境が、まだありません)

来年も、チャンスがあれば、WRを狙ってみようと思います。
ま、Team Japanは、スポンサ-なしで自腹切って純粋に、趣味で廻してるので、厳しいな〜(笑)
すべて、技が公開されてしまったためWRは難しくなった(8m 32m)・・・ま、越える壁が高くなるので
個人の趣味としては、おもしろくなった気がします。

2008年も、細々と更新予定
ちょいと、はやいですが、皆様、良いお年を!!

ではでは                                         by Hideo   2007.12.31