back home next

雪やこんこ
(08・2・3)

西日本から東日本の大平洋岸は大雪と
天気予報が言った。

がぜん張り切った。

ゆきやこんこ あられやこんこ
ふってはふっては ずんずんつもる

東京は10cmぐらい積もると言ってる。

前夜 3時になっても雪の気配がなかったので諦めて眠って、8時に目覚めたら積もってた。

運転手 「どこに行くんだよ」
わたし「関越にしようか、東北道にしようか。どこでもいい。雪深いとこ」

首都高に入ってすぐ気がついた。外環も関越も東北道も雪のせいで通行止めだった。

仕方ないので国道4号線を北に向かうことにする。

水分たっぷりの重い雪、時おり霙になり、たいして積もりそうにもなく、雪深い風景は早々に諦める。
広い関東平野、5〜6cmは積もってるようで、白い景色が広がる。

幹線道路は前後を車に挟まれ、道ぞいは原色ペンキの広告面した建物が続くから、まずは越谷の元荒川の岸辺に逸れ、次に思川に沿った一面が白菜畑のなかを走る。

ベタ雪は足元が始末におえないし、雪が吹き込んでぬれるのでウインドウは閉じたままでのぐうたら写真を何枚か。

back home next