home next

夢殿でお花見
08.4.10

← 法隆寺・夢殿の枝垂れ桜

奈良に遊んでも、超メジャーな寺を訪れるのは何十年ぶり、たぶん修学旅行以来。

背景も良かったのだ。夢殿の境内
丈は低いながら、こんなに雅びで豪華で姿の整った桜を見たのは初めて!

シダレザクラはエドヒガンの系統で、いわゆる姥桜(葉が出る前に花を咲かせるから)

あまりの美しさに国宝の夢殿がそっちのけになってしまった。
←同じく夢殿の山桜

枝垂れ桜に列んですぐ隣の山桜。
(クールピックスのパステルカラー機能で)

もうかなり散ったのか花が少なく淋しく見えるが、緑の苔がついた幹が雨にぬれ
山桜の美しさを際立たせて、こちらにも
うっとり。

ヤマザクラは赤い葉と花が同時に開き、野生種でありながら豪奢な様は数々の絵画や工芸品に描かれてきた。

かねてからの憧れの吉野山は、毎年春になると、いつか必ずやで、今年やっと実現した。
だが吉野の桜のベストシーズンに人込みは避けられない。案の定人人人だった。

というわけで“下千本”はほぼ満開、“中千本”は7〜8分咲きだったけど
落ち着いて花を見る気分ではなく、吉水神社からの“一目千本”の風景も押し合いへし合いで背伸びをしてやっと。
あんまり写真も撮れず、無理をして撮ってもヘタな写真ばかりで、全部没。

home next