KTCでの生活 〜学校交流〜 (2000.6.11)

 ずいぶん前のことになってしまいましたが,訓練生が駒ケ根市内の小中高校におじゃまして,そこの児童・生徒と数時間ですが交流するという機会がありました。訓練生の方は希望者が参加することになっており,しばらく子どもと接していないので恋しくなって参加をすることにしました。
 私は駒ケ根市立赤穂小学校の3年4組に8人のメンバーの一人として参加しました。任国の構成は,スリ・ランカ,ブータン,ニカラグァ(二人),セント・ルシア,ミクロネシア,マーシャル,そしてニジェールの7ヶ国。この交流後に任国に行ってからも手紙などを通じて交流していくことを目標にしていくことを担任の先生と話していたので,その国のことについて少しでも興味を持ってもらえるようにしたいと思いました。そこで,クラス全体での任国の紹介の他,クラスを8グループにわけ,それぞれに候補生が一人ずつ入って任国についての説明をしたり,任国の地図を一緒に作ったりする活動をメインにしました。3年生の子ども達にとって,行ったこともない遠い国のことについて想像したり,地図をかいたりするのは難しいのではないかという思いもありましたが,みんな興味深そうに話を聞いてくれ,楽しんで活動することができました。やっぱりニジェールは砂漠とラクダが印象に残ったようで,実に味のあるかわいらしいラクダや現地の人々の生活風景を地図のうえにかいてくれました。子どものかいた作品っていいですよねえ。

ただ今,ニジェールの地図製作中!

 だいたい地図ができあがってからグループごとに発表。それぞれの国でいい活動ができたようで,楽しいものばかりでした。


各国の発表!


ブータン
ヒマラヤ山脈だね。


ミクロネシア
青い海,そしてバナナ。


セント・ルシア
陽気な人たち,楽しそう。


ニカラグァ
おいしいものたくさん。


マーシャル
あこがれのきれいな海。


スリ・ランカ
やっぱり,カレーでしょう。


ニカラグァ
やっぱり,イグアナですか?


ニジェール
やっぱり,砂漠


 最後にはそこまでしてくれるのかというくらい別れを惜しんでくれました。本当にかわいい,素直ないい子たちで,候補生一同大いに感動。中には帰りのバスの中で目を潤ませる人も・・・。私もニジェールの子どもたちに早く会いたくなりました。
 すごく有意義な活動ができました。赤穂小学校の子ども達,先生方本当にありがとうございました。きっと,候補生みんなそれぞれの国から元気な姿の写真を送ると思います。どうぞお楽しみに。

もどる    ホーム

 Copyright Tanida 2000-2007 All rights reserved (c).