俊樹の部屋(?)

俊樹の部屋(第5回)


(96.9.17アップデイト)

5月30日、歴史は始まりました。ついに布川俊樹のホームページがスタートしたのです。このページを立ち上げた4、5月はギターを弾くよりとにかくこのホームページ製作に追われる日々、日夜Macに向かっておりました。この「俊樹の部屋」は毎回僕がたわいもないことをエッセイ的に書き連ねたり、「徹子の部屋」みたいにゲストを呼んで対談をする、みたいなコーナーであります。

さて、第3回、第4回とゲストとの対談が続きましたので、今回はまたエッセイ風に行きましょう。音楽とはあまり関係のない話、僕の高校時代のアホなエピソードを紹介します。僕の人となりがわかるかもしれません。

僕は子どもの頃からとにかくひとの自由を奪うような抑圧的制度や徒党を組んでその制度を守ろうとするような官僚的なものが生理的にイヤで、何かを人に押しつけられたりあるいは押しつけたりするのが大嫌いでした。けいさつ嫌い、官僚嫌い、お役所仕事嫌い、混雑電車嫌い、巨人(読売と言いたい)嫌い、貴の花嫌い、駐車取り締まり嫌い、列に並ぶの嫌い、ジャズ理論嫌い、譜面嫌い(笑)、もなか嫌い(僕は完全に食うことが生き甲斐のような人間で嫌いな食べものはないのだが、あの歯にくっつくやつだけは耐えられない)、女嫌い(うそ)、弦の張り替え大嫌い等々、色々あります(何て勝手な奴なんだ)。 だから何かにつけて人と変わったことがしたくなる、そういうガキだったのです。まあ要するに目立ちたがり屋ですな。よく小学生の頃、クラスで2人ぐらい、いすに座ってわざと後ろにこけるようなしょうもないガキっていたでしょ。そんなやつだったんですね。ギター始めたのも最初はそんな程度の動機だったかもしれない。中学1年ぐらいの頃ってまだ弾ける奴もほとんどいなくて、ギター弾ければもうスターって感じでしたから。女の子に楽器屋でツェッペリンとか弾いて見せたりする、そんなことやってました(たしかハイラムも似たようなことインタビューで言ってた)。

そんな僕の極めつけのアホなエピソードが高校3年のときの「生徒総会事件」です。上に書いたような奴ですから、もちろん僕は生徒総会ってやつは嫌いでありました。ちなみに僕がいた高校というのはもう強力に受験校でありまして、3年生ってえのは受験の関係もあって総会とはほとんど関係ない、後ろの方に座っているだけなんですね。中には勉強したりしてるものもいるような状況でした。さてそんな中、クラスのしょうもない男グループ(と言っても、しょせん受験校だから不良なんてこともなく、要するにたいしたことない)でギャーギャー馬鹿話をしてたんですが、だんだん飽きてきた。ちょうどそのとき足が悪くて杖を持っている奴が1人おりました。それで僕が冗談で「その杖でさあ、壇上の生徒会長を撃つまねしたらいくらくれる?5000円なら俺やるよ。」とか言っちゃったんです。僕の予想に反して5000円は一瞬のうちに机に積まれました(5人が1000円づつ出した)。ゲッ、うそでしょー、まずいことになったな、と内心思いましたが生来の受けねらいの性格からこれは引き下がるわけには行きません。男の子に二言はないのです。僕は腹を決めました。よし、やろう!

僕はやおらにその杖を持って壇上へ向かう通路をゆっくりと進んでいきました。ゲッ、ゲッ、何と…、後ろからは見えなかったが、学校中で一番恐い生活指導系体育の教師が壇に上がる階段のすぐ右側に鎮座しておられるではないか。どうしよう、でも戻るのもかっこ悪いしなあ、まあいいか、しゃれだよ、しゃれ、てなわけで、その教師が狐につままれたような顔をして見ている中、僕はゆっくりと階段を上がって行きました。するとどうでしょう。ざわざわ騒然としていた講堂が一瞬にして水を打ったように静まりかえるではありませんか。約1000人近い聴衆の関心は明らかに僕一点に集中していました。これから起こるであろう不測の事態をあまさず目撃してやろうという無責任な期待と戸惑いの大きなウネりを僕は背中にひしひしと感じとっていました。この千載一遇のチャンスをゴルゴ13愛読者のワタシが逃すはずもありません。僕はその杖をジンベイザメの回遊のようにゆっくりと大きく振りかぶるやいなや、ワニのダンスのような獰猛なスピードで生徒会長に向けて撃ちかましたのでありました。だだだだだだだだーん!!!

(この事件の顛末は次号へ続きます。後編をお楽しみに)



ゴメンナサーイ。今月入ってから何かと忙しくアップデイトが大変遅れました。でもホームページのアップデイトってそれなりのネタもなきゃいけないし、ほんとに大変なんですよ。最近、雑誌の編集者の気持ちがわかるようになりました。下にバックナンバーも用意しているので見逃した方は是非、読んでみてください。


皆さん、このページに関するご感想を是非、下記 E-mail アドレスまでお送りください。それからQ&Aのページに質問がまったく来なくなってしまいました。このままだとページ閉店売りつくしセール(ずっとやってたりして)をやらねばなりません。是非送ってちょ。



n-valis@da2.so-net.or.jp




ホームページに戻る



リンクへ行く