俊樹の部屋(?)

俊樹の部屋(第15回)


(98.1.20アップデイト)

1996年5月30日、歴史は始まりました。ついに布川俊樹のホームページがスタートしたのです。このページを立ち上げた4、5月はギターを弾くよりとにかくこのホームページ製作に追われる日々、日夜Macに向かっておりました。この「俊樹の部屋」は毎回僕がたわいもないことをエッセイ的に書き連ねたり、「徹子の部屋」みたいにゲストを呼んで対談をする、みたいなコーナーであります。

いやあ最近アップデイトのペースが遅くなっちゃってすいませんねえ。それでもホームページのカウンターは相変わらず増えている。ありがたいこってす。ちょっといま父親が入院していてかなり具合が悪い。それでなかなかページをアップデイトするヒマがないのと正直言ってそういう気分にならないんですね。というわけで、以前のように1、2ヶ月に1度ぐらいのペースではアップデイトできませんが、何とぞ今後もよろしくお願いします。

さて今回は昨年も行いましたこの時期にありがちなお約束ネタ、1年のアルバム総括というのをやってみることにしましょう。昨年は「布川俊樹が選ぶ1996年の10枚」というノリでしたが、今年は特に何枚と限定せず、ジャンル別に印象に残ったアルバムと昨今の音楽に関する雑感を述べていくことにしましょう。題して「布川俊樹が斬る音楽シーン97-98」(メセニーのアルバムタイトルみたいだな)。まずはいま一番盛り上がっているジャンルから行こうかな。テクノとドラムン.ベース関係。ちなみに全て順不同です。



次はいわゆるポップとかロック関係



そして私の在住ジャンルであるジャズ、フュージョン関係。



最後にその他のジャンルは…、すいません、あまり聴いてません(笑)。特にR&Bとかヒップホップ系はここんとこ聴いてないなあ。アフリカものとかも前はよく聴いてたのに最近ほとんど聴かない。いまテクノの次によく聴いているのは実はバッハ。ヨー.ヨー.マとかグレン.グールドとかです。何か心にすっと入ってくる。僕も年取ったのかな。ちなみに次回は昔からの友達、アコーディオン奏者の大塚雄一氏をゲストに迎えます。





「俊樹の部屋」のバックナンバーを用意しています。見てない方はチェックしてね。


皆さん、このページに関するご感想を是非、下記 E-mail アドレスまでお送りください。それからQ&Aのページへの質問が相変わらず少ない。このままだとページ閉店売りつくしセール(ずっとやってたりして)をやらねばなりません。是非送ってちょ。



n-valis@da2.so-net.or.jp




ホームページに戻る



リンクへ行く