『多民族研究』投稿規定

『多民族研究』投稿規定

 

1.依頼原稿を除き、投稿資格は毎年 9 月 1 日時点で本会会員であるものに限定する。

2.投稿原稿の種類は、未発表の研究論文、研究ノート、書評、報告(海外の学会参加報告、海外の社会文化状況の報告等)等とし、投稿締切日は、毎年9月末日(当日消印有効)とし、刊行は年度末とする。投稿原稿は完全原稿とする。提出には3部作成し、下記送り先まで郵送すること。投稿原稿には表紙を添え、論文等のタイトル、氏名、及び原稿の種類(研究論文、ノート、書評、報告等)を明記すること。また、本文には氏名を記さないこと。

3.使用言語は、日本語または英語とする。その際、すべての日本語表記はMS明朝、英語表記はCenturyとする。ただし、使用言語が執筆者の母語でない場合には、必ずネイティブ・チェックを受けたものを提出すること。引用文は、原語または翻訳のいずれも可とする。書名、人名、地名等は、初出のみ括弧内に原語を記入する。「註」及び「引用文献」(または「引用資料」)に関しては、原文のままでよい。

4.投稿原稿のタイトルには、欧文タイトルも併記すること。また、日本語の研究論文には、英文による500語程度の「アブストラクト(論文要旨)」をネイティブ・チェックを受けた上で添付すること。

5.研究論文の長さは、「註」、「引用文献」(または「引用資料」)を含めて、1ページ40字×30行で16,000字以内(英文の場合は8,000語以内)とする。研究ノートは同8,000字以内(英文の場合は4,000語以内)とする。書評、報告等は同2,0002,400字(英文の場合は1,0001,200語以内)とする。いずれの場合も、A4版用紙に横書きワープロ原稿とする。

6.「註」は文末註とすること。また、引用、文末註、引用文献(または引用資料)、参考文献や、その他書式の細部については、各専門分野の書式に従って統一をはかる。

7.論文等の掲載採否は、査読の結果等に基づき、編集委員の合議によって決定する。

8.校正は、原則として初校のみ執筆者が行う。再校、三校は編集委員が行う。

9.編集委員から投稿論文の掲載決定の通知を受けた者は、執筆者負担金(1万円)を下記郵便口座まで納入すること。また、掲載決定の通知を受けた後、すみやかに原稿ファイルの入ったフロッピー・ディスクまたは、CD-Rを下記送り先まで郵送すること(フロッピー・ディスクまたはCD-Rには論文等の名称、氏名、ワープロソフト名を明記)。なお、掲載された論文の執筆者には、掲載号を10部送付する。

10.企画との兼ね合いや予算など諸般の事情により、編集委員会の議を経て、投稿された論文の中から次号にまわっていただくよう執筆者にお願いする場合がある。

 送り先 (2016年10月現在)
E-mail: glacier@enjoy.ne.jp
郵便口座 00120-5-740076 多民族研究学会