what's new from MESA
   事務局からのお知らせです。20206月初旬に青山南先生を招聘して講演会を開催する予定でしたが、今般の状況を鑑みて延期とさせていただくことになりました。先行きが不透明なため、具体的な日程を設定することが難しいのですが、今年度中の実現に向けて準備を進めてまいります。誠に残念ではございますが、ご理解いただければ幸いです。なお、今年度の夏の全国大会はございません。冬の大会は東京での開催を予定しております。

会長挨拶

人と世界と響きあう

pdf

西垣内磨留美

 まるで大学のキャッチコピーのようですね。

「感性を磨く」「情報を得る」「探究」「活用」、そして「絆」、これらもなんと陳腐で使い古された言葉でしょう。しかし、研究や学会という場で、これらの言葉は輝きを取り戻すことができるのです。本学会は、真摯に耳を澄ませ、目を見開くことで、このような言葉の本来の意味が見出せる学会であると自負しています。

 本学会は、個々の民族や民族間の関係を研究することを主軸に、2005年に設立されました。文学、文化学、社会学、文化人類学、史学などの多様な要素が含まれてこそ、民族を語ることができます。このような学問を包括することも本学会の趣旨と言えます。

 万人にとっての宝、あるいは、個人的な掘り出し物を、有為、無為の目や耳で探し当てにきてください。それらをどう広げるか、どう深めるかは研究者の手の中にあります。そして、成果を発表し、より大きな宝を還元することで、学会が生き生きと動いていきます。

 たくさんの研究者の皆さんに、「人と世界と響きあう」が謳い文句でなく、実現する場があることを実感していただき、また実現のための力となっていただくことを、心から願っています。

多民族研究学会 第33回全国大会

日時:2019年12月21日(土) 13:00~(受付12:30~)
会場: 専修大学神田キャンパス
神田校舎 7号館731教室

総合司会:峯真依子(中央学院大学)
開会の辞(13:00~ ) 君塚淳一(会長、茨城大学)

研究発表①(13:10~13;50)
司会:西垣内磨留美(長野県看護大学)
Cane
における色彩―Jean Toomerがみた南部

小林亜由美(京都大学大学院)


研究発表②14001440)            
司会:有光道生(慶應義塾大学)

獅子文六『やつさもつさ』(1952)の映画化にみる講和期の「混血児」 ―「黒人混血児」の表象を中心に


西田桐子(お茶の水女子大学・非常勤)

研究発表③14501530
司会:馬場聡(日本女子大学)

 
~休憩~

講演15501635、質疑応答16351650)    
司会:松本昇(国士舘大学名誉教授)

ヴィエト・タン・ウェン『シンパサイザー』の射程 ―難民ナラティヴを超えて
吉田美津(松山大学名誉教授)

閉会の辞(16:55~ )               齋藤修三(副会長、青山学院女子短期大学)
事務局からの連絡(17:00~ )
―――――――移 動――――――――
懇親会(18:00~20:00)
 会場:GStamp Tokyo           司会:寺嶋さなえ(日本女子大学)   
    東京都千代田区九段北1丁目6?7 岡部ビル1F Tel: 03-6272-4076
 会費:5000円(院生3000円) https://gstamptokyo.owst.jp/

☆交通機関:「JR水道橋駅」西口より徒歩7分/ 地下鉄「九段下駅」出口5より徒歩3分/
      地下鉄「神保町駅」A2より徒歩3分(案内マップは裏面に掲載)
☆会員でない方も大いに歓迎します。会員・非会員ともに参加費500円。

☆定例役員会を午前11時から大会会場で開催します。


案内マップ