NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu NPO法人  食育研究会 Mogu Mogu事務局
〒336-0932  さいたま市緑区中尾2614-3-107
TEL:048-875-7549  FAX:048-875-7509
E-mail  
 
  トップ > はじめまして > 食育研究会 Mogu Moguの考える食育
  ■ 食育研究会 Mogu Moguの考える食育
   
1. 食品(素材&加工品)を上手に選ぼう、買おう
   たとえば今日、野菜やくだものの旬は、こちらから探さなければ、なかなか分からなくなってきました。産地も1ヵ所というものもあれば、初物が南の産地から届き、少し経つとその産地が九州から四国、本州、そして北海道へと移動するといったこともご存じですか? たとえばじゃがいも。たとえばメロン。季節がずれると海外の産地から届くものも多くあります。そんな日本の事情から、農薬や肥料のこと、栽培法や味の違いなど、知っておきたいですね。加工品も同じ。

 また、食品の浪費はしたくないから、選ぶ時には量も大切にしたい。Mogu Moguは食の範疇から環境に対する視野も育てていきます。

2. 栄養のことを正しく知ろう
   「からだにいい」といわれる食品は、いっぱいあります。でも、テレビやうわさに流されていませんか? もう一度しっかり栄養学の基礎を確認して、「●●が足りない」などという警告にも過剰反応することなく、「自分の体と食生活」が、きちんと自分で確認できるようになりたいものです。

 Mogu Moguでは、毎回の料理で栄養バランスのお話をします。小さな子どもたちにもわかるように、楽しい教材を使っています。

3. 料理ができるようになろう
   人間誰しも、せめて自分の口ぐらい、自分で満たせる技術を身につけなければなりません。家族が旅行に行ったり病気になったとき、老後、一人になることだってあるかもしれません。卵ひとつで何種類の調理法を思いつけますか? 「自分のひとつ覚えの料理に飽き飽き」なんて、情けない食生活にならないためにも、老若男女、生きている限り料理はできないより、できたほうがいいと思いませんか。

4. 楽しく食べよう(心の栄養)
   1904年に書かれた料理小説「食道楽」のなかにもあります。「おなかにいい食べ方は、愉快に食べること」、と。家族や友人とテーブルを囲んだら、話題は楽しく。そして、人に不快感を与えなマナーも大切です。

「食事のときは、いつも楽しい」。そんなイメージがたくさんある人ほど、幸せそうに見えます。食のすばらしいところは、心にまで影響力があることです。

5. 自分のまわりの旬や行事、食文化を知ろう
   自分の住んでいるエリアの特産物をご存じですか? 季節の行事食は語れますか? 国際人として羽ばたく前に、「自分はどんな気候の中で、どんな食べ物に育てられたのか」を確認できているといいですね。地産地消もそのひとつ。自分を大事にすることで、他も大事にできる。「ぼくの故郷の味もなかなかだが、君んところのこの味もいいねぇ」。そんな会話ができるように、Mogu Moguでは地元の産物と年間行事を取り入れています。

 
トップ
はじめまして
  食育研究会 Mogu Moguのあゆみ 食育研究会 Mogu Mogu
のあゆみ
  食育研究会 Mogu Moguの定款 食育研究会 Mogu Mogu
の定款
  食育研究会 Mogu Moguの考える食育 食育研究会 Mogu Mogu
の考える食育
こんな活動しています
活動報告・予定
もぐもぐ通信
もぐもぐの歌
サポーター
一緒にやりませんか
サイトマップ
  TOP
Copyright(C) 2004-2005 NPO法人 食育研究会 Mogu Mogu.All right reserved.