チロくん ありがとう。
★ チロくん ありがとう。・・いらっしゃい ★

●ホーム  ●同じような経験をお寄せください  ●問い合わせ
 

1.出会い

犬を飼おう

う、うごかない

ハンサムくん…だよね?


2.いらっしゃい

名前はチロ

今日からよろしく

 

 

3. 

 
 
 
 
 

 
 


ご意見、ご感想などお寄せください。
 

名前はチロ

 私がこれを書き始めて、手がとまってしまったのが「チロ」という名前だ。

 当時の記憶をたどっているのだが、「チロ」という名前にした理由が思い出せなく、ずっと手がとまっていた。

 名前としては、ベストテンに常に入るくらいのありふれた名前だ。

 2文字の呼びやすい名前にしようと考えた記憶もあるが、なんだか直感的に「チロ」だって決めた覚えがある。

 そんな簡単に決まったんだっけ?? う〜ん、「決定的な理由があったんだろうか」ってずっと悩んでいた。

 そんなとき、1枚の写真が私の頭のモヤを突然、払ってくれた。

 机の整理をしているときだった。私の机の引き出しの中には、何十年も前の犬の写真が1枚ある。

 チロを飼い始めてからは、あまりながめることはなくなったのだが、むかし実家で飼っていたミックスの犬だ。私の少年時代をともに過ごした。

 当時は、犬の写真を撮るような習慣もなかったので、この犬の写真はほとんどこれ1枚くらいしか残っていない。

 大学時代の下宿先にも、就職が決まって引っ越したアパートにも、いつも持っていって置いていた。私が落とした涙のせいでもうボロボロになった写真だ。

 よくある田舎の風景だが、普通に庭に鎖でつないで飼っていた。

 ・・・今、考えれば犬を飼うための知識などほとんどなく・・・鳥の骨を嬉しそうに食べるあいつのために、食卓に出ている手羽先をこっそりポケットに忍ばせて、持って行ってた。

 夜、鎖をはずしてやると、楽しそうにすっごい勢いで走り回っていた。

 僕はあいつの死に目に会えなかった・・あいつの名は「コロ」・・ときおり父親が「チッコロ」って呼んでた。


 

今日からよろしく

 今日からチロと一緒に暮らすんだ。とはいえ、室内犬を初めて飼うにあたり、いろいろな本を読みあさった。だから頭の中では準備万端。

 とりあえず最初はチロの場所をつくってやる。ちょうつがいのようなものでつなげていく形式のゲージで、居間のかなりの部分をチロ用に囲った。ちょうど、動物園の動物触れ合いコーナーみたいに私がそこに入っても横になれるくらいのスペースだ。

 そこに寝るためのクッション、トイレ、水などをおいて準備完了。段ボール箱の中でおとなしく待っていたチロをその部屋に入れてやった。

 予想してたとはいえ、大はしゃぎ。いきなり水入れの中に脚をつっこみ転げまわる。床は水浸しになり、あわてて雑巾を探しにいって戻ってきたら、すでにお尻からウンチがポトリ、ポトリ・・あまりの先制攻撃にもう慌てるばかり

 ・・その日のうちに、つなげる形式のゲージは撤退、すぐにホームセンターに走って、完全に囲まれた狭いゲージを買って来ることになった。

 ところが、この狭いゲージもチロ様のお眼鏡には、かなわなかったらしい・・しばらくは、てんやわんやの騒動が続くのである・・

 



 





 


 
 
 
↑トップへ戻る
ほんとに美味いんか。,広島,グルメ,投稿,広島,グルメ,投稿,食の真実,広島,グルメ,投稿,食の真実,広島,グルメ,投稿
掲載についてのお尋ね,問い合わせはこちらから→→→☆問い合わせ
Copyright(c) ishinweb All rights reserved