タイトル


少女の頃、初めて『赤毛のアン』を読んだとき、「あ、私がいる!」と思った。口には出さなかったけれど、そのとき、心の奥深いところで、自分は赤毛のアンの生まれ変わりなのねーと、確かに信じた。
(早坂真紀著『軽井沢で、キャリーと』より)

空想好きのアンのように、いつまでも、少女の気持ちを持ち続ける早坂先生は、まるで、軽井沢のアン・シャーリーです。
大人になってしまった今、少女の頃の夢見る気持ちを忘れたくないと思って、先生のコーナーを設けてみました。
『早坂真紀World』というタイトルは、先生から頂きました。



プロフィール 著書 ティーサロン『軽井沢の芽衣』

早坂真紀先生のプロフィール

台北生まれ、東京育ち。短大卒業後、広告代理店に勤務。その後、ラジオ番組のDJの構成、レコード・CMソングの作詞家として活躍。軽井沢在住。現在は作家活動をはじめ、軽井沢にティーサロン『軽井沢の芽衣』をオープンし、軽井沢を訪れる人々を優しい微笑みと共に、暖かくもてなして下さっています。
『軽井沢のアン・シャーリー』にぜひ会いに行ってみて下さい。




早坂真紀著作集

(一部はまだ表紙だけの紹介です。)

『軽井沢で、キャリーと』 『空の青、海の碧』
『軽井沢の芽衣』 『芽衣の初恋』 『芽衣の青春』




ティーサロン『軽井沢の芽衣

ティーサロン『軽井沢の芽衣』

『芽衣』平成11年7月にオープンした『軽井沢の芽衣』は、静かな雑木林の中に立つ、可愛らしい建物です。
小鳥の囀りを聞きながら、ゆっくりお茶を飲むと時間の流れを忘れてしまいます。
是非、一度訪れてみて下さい。
メニューは紅茶、ジュース、コーヒー、ケーキ等。
軽食ではホットサンド(写真)や、ドレイカレーがとってもおいしいです。
おすすめはプリンスオブウェールズ、自家製の本日のケーキをデザートにいかがですか。
『ホットサンド』

●営業期間は4月から10月まで。営業時間は午前11時〜午後6時まで、水曜定休です。



Reading Indexへ