クロカン日記(20042005シーズン)

 

<今シーズン初歩きin奥日光>――ヒトの歩いた気配が無いフィールドは最高でした

2005年1月2日
 今シーズンは例年に比べてかなり雪が遅く、天皇誕生日の奥日光は普通の運動靴でハイキングが出来る状態でした。
でも、年末に降った雪で、正月にはなんとか歩ける状態でした。
今回のコースは金精道路入り口付近から小峠までの往復です。このコースを歩く「ヒト」は私が最初だったようです。

↑「先人」はキツネだけ?

↑小峠からの湯ノ湖

 

 

<今シーズン早くも2度目の奥日光>――雪質は最高、でも量が足りませんでした

2005年1月8日
 雪質は良かったのですが、雪の量は少なく、コンディションは今一つでした。
今回のコースは湯滝〜(湯川東側)〜泉門池〜(湯川西側)〜湯滝の定番コースです。
雪が少なかったことと、倒木が多かった(昨年何回も襲来したの台風の影響か)ことで、これまで何回か歩いた時に比べるとハードでした。

積雪が少なく、笹が雪の上に顔を出していて苦戦。
地面の凹凸もはっきり感じました。

泉門池(いずみやどいけ)付近
雪質は良好なのですが、量が少なく木道が見えます。

 寒さ(気温マイナス7度)のためデジカメのピント調整機能が不調(残念!)

<今シーズン3度目の奥日光>――雪がふかふか過ぎて・・・

2005年1月22日
 1月15・16日と19日に大雪が降り積もったそうで、雪質は良かったのですが、雪の量が多過ぎました。
板を履いても膝より深くもぐる状態で、圧雪車が入っている常設コース以外は難コースでした。

光徳の常設コース。一歩外に踏み出すと膝までもぐります。

2005年1月23日
 この日は、
ペンショントロールの森主催のクロカンハイクと一緒に行動しました。
雪の状態は前日とほとんど同じ状態でしたが、前日に歩いて「コース開拓」をしてくれた人がいたお陰で、少し歩きやすくなっていました。
コースは三本松〜泉門池往復の予定でしたが、ふかふかの深雪に苦戦を強いられ、途中の湯川西側までで折り返しました。

↑戦場が原北端部を泉門池方面に向かう途中↑

坂の上り下りの練習中

見晴らしの良い雪原

 

 

<今シーズン4度目の奥日光>――適度に締まった雪で快適!

2005年2月12日
 1月23日とほとんど同じコースを歩きましたが、雪が締まっていて「難コース」ではありませんでした。

天気に恵まれました。

明るい林の中を快適に進みました

 

 

<今シーズン5度目の奥日光>――ダウンヒル三昧の2日間

2005年2月26日


←↑初挑戦の2名を含む8人で、光徳牧場の北東側の斜面で「上っては滑り」を繰り返して遊びました

光徳沼までダウンヒル

光徳沼で一休み

2005年2月27日
 この日は、
ペンショントロールの森主催のクロカンハイクと一緒に行動しました。
赤沼から小田代原東側の林に行き、適度(?)の勾配の坂でダウンヒル。

↑総勢20人!!

↑昨日に引き続き、ダウンヒル

転ぶのが楽しい!!

雪上ランチも楽しい!

 

 

 <今シーズン6度目の奥日光>――高速道路の通行止めで一日の予定が半日に

2005年3月12日
光徳牧場周辺で半日スキー散歩
天気は最高。雪質もまあまあ。もう少し時間が欲しかった。

 

林間を滑って歩いて

光徳牧場の牛と馬

  

 <久しぶりの浄土平(福島県)>――雪がたっぷり残っていて快適でした

2005年4月30日
浄土平は、奥日光とは一味違うダイナミックなフィールドです。天気と雪に恵まれ最高でした。
なお、今回はテレマーク板を使いました。

↑蓬莱山の東斜面を南側にトラバース

↑蓬莱山南側を登ります。

↑鎌沼(右側)と蓬莱山の間で、

↑前大巓の中腹から鎌沼をバックに

↑快適(?)な下りです。

↑下る途中で、吾妻小富士をバックに

  

クロカン日記indexページに戻る

クロカン(歩くスキー)の世界トップに戻る