Web上5分間講習会

 

ここではスキーを履いて快適に(楽に)歩くための最低限の技術を書いています。
技術的なことをWeb上だけで説明することはほとんど不可能なので、あくまでも参考程度に読んでください。
なお、実際にツアーに出る場合には、この他にコースに応じた技術・知識(地図を読む技術など)が必要です。「歩けて、登れて、滑れればツアーが出来る」とは限りません。念のため。
また、どんなツアー、どんな練習でも最低限必要な
マナーは身に付けておきましょう。

1.基本姿勢

足幅は、スキーを履いて軽く「その場ジャンプ」をして、着地した時の足幅が基本です。
肩幅より少し狭い位です。
背中や腰は伸ばします。
重心は踵の上に置くのがBestだそうです。
でも、無意識の内に土踏まずの辺りまで前に出てしまいますね。土踏まずでもOKですね
※決してつま先や拇指丘ではありません。

2.歩く(ポール(ストック)のことは意識しないで)

膝と足を一緒に前に出してすり足で歩きます。(勿論片足づつです。念のため。)
膝から下(すね)が垂直になる様に前に出します。この時、後ろの脚は膝が伸び、体全体は前傾するはずです。(前屈(腰が曲がる姿勢)ではありません。このページの背景が参考になります。)
また、後足の踵が上がっているはずです。
これを左右繰り返して前に進みます。

●最初はゆっくり、慣れてきたら少しづつ速く歩くようにします。
●後足で雪を蹴るのではなく、前の足に「乗り移る」感覚で歩きましょう。
 前の足の上に「乗り移る」感覚をつかめれば、一歩一歩スキーが滑るようになります。
 廊下や体育館を靴下で滑るイメージです。

<別の言葉で説明してみます>
靴下を履いて、滑りやすい廊下などで、
@足を前後に少し開き、体重を両足に均等に掛けて立ちます。
A重心の位置はそのままで、前足を少し上げてみてください。(後ろ足だけで体重を支る)
・・→必ず体は前に倒れそうになります。(重心が支点より前にあるから前に倒れます)
・・・この「体を前に倒そうとする力」を利用するイメージです。
B普通の人は、次の瞬間、自然に前足を更に前に出して、床に着けて体を支えようとします
・・→このとき床に着けた前足は少し前に滑るはずです。
以上が、後ろ足で蹴るのではなく、前の足に「乗り移る」感覚のイメージです。

●スキー板の裏の足の下に「ステップカット」(板の裏のギザギザ)が有ることを忘れないように!
 この「ステップカット」が蹴る足(後ろ足)が滑るのを防いでいます。
 蹴る足は、つま先で蹴るのではなく、足の裏全体(理想は「踵」)で地面を踏みつける感覚です。
●慣れない内は足元ばかりを見てしまいますが、顔(目)は前に向けましょう。
 (下ばかり見ていると暗い気分になってしまいます)

3.ポール(ストック)を使う

ポール(ストック)は推進力を生み出す重要な役割を持っています。ポールで推進力を効率良く出せると、非常に楽に前に進めるようになります。

ポールを突く位置は、前後の位置関係は足の横、左右の位置は左右の足(スキー板)の脇20cm位です。
歩く時には左右の足の位置は前後に入れ替わるので、実際には
・左足を前に出した時、右のポールを左足の横(右側)に突きます。
・右足を前に出した時、左のポールを右足の横(左側)に突きます

肘を軽く伸ばします(「軽く曲げる」と言う表現をする人もいます)
突く位置が正しければ肘は大きく曲げられないはずです。
逆に言えば、肘が伸びていれば自然にポールが足の横辺りに突けます

●慣れない人は肘が曲がって、ポールの先端が手の位置より前に出てしまいます。
 これでは推進力が出ません。

4.登る

「ステップカット」(板の裏のギザギザ)が有るので、ゆるい勾配は普通に歩いて登れます。
勾配が急になるに従ってポールの突く位置を後ろにずらします

更に急になったら、スキー板をV字に(前を左右に)開き、少し内側のエッジを立てるようにします。

●ポールを前に突くと、「ステップカット」が雪面から浮いてしまい、後ろに滑ってしまいます。
※慣れない内は、「登りたい!」と言う気持ちが働いて、無意識の内にストックを前の方に突いてしまい勝ちです。気をつけましょう。

4−2.凹凸のある斜面を登るとき

板のステップカット(ギザギザ)の位置が板の中心部にしかないことを思い出してください。
雪面の凸部にステップカットが乗るようにして歩幅を調整すれば登り易くなります。
ステップカット(ギザギザ)が雪面の凹の位置に乗ると、せっかくのギザギザが雪面から浮いて後ろに滑ってしまいます。

5.下る(滑る)

極意:何もしない・・・ソリに乗って滑るように、そのまま板に乗って滑り下ります。

滑る時の姿勢は、スキーを履いて軽く「その場ジャンプ」をして、着地した時の姿勢が基本姿勢です。
脚の幅は肩幅より少し狭い位で、膝が少し曲がり、背中も少し丸めた感じです。
腕は前に伸ばし、ポールの先は後ろに向けます。(前に向けていると転んだ時にグリップ部分で喉や目を突いて大怪我をすることがあります。)
滑りながら曲がることは難しいので、しっかり方向を見定めて滑り出しましょう。

6.曲がる

曲がる技術としては
 @踏み替えターン(スキーの板を次々に進みたい方向に踏み替えて曲がります)
 Aプルークターン(普通のスキーをやったことの有る人ならご存知の曲がり方)
  スキー板をハの字に開き、左右に重心を移し変えてターンする
  ※ある程度以上の年齢の方には「ボーゲン」と言った方がわかりやすいかも知れませんね。
 Bテレマークターン(Web上で説明するのは難しいので、ここでは説明しません。)
などがあります。
●クロカン板でパラレルターンを決める猛者もいます。

7.止まる

滑った後止まる方法は4種類あります。
@転ぶ・・・お尻を斜め後ろに落として転びます。一番簡単で確実です。
A曲がって止まる・・・曲がれる人は止まれます。
Bプルーク(スキー板を「ハ」の字に開く)で減速・・・プルークの姿勢でスピードが落ちます。勾配がゆるければ止まれます。
C平らなところまで我慢する・・・勾配が無くなる所まで滑れば自然に止まります。

クロカンメインページに戻る