奥日光のクロカンフィールド<案内図>

光徳牧場周辺、戦場ヶ原、小田代が原は有名ですが
湯元にもフィールドがあります。

このページのほか、「日光でクロスカントリースキー(XCスキー)」(リンク)
にも奥日光の詳しいフィールド情報が有ります。

●公認コース
奥日光にはクロカンレースの公認コース(5km)があります。このコースは、普段は歩くスキーのコースとしても使えます。
でも、このコースは標高差が最大80m。急坂もあるハードなコースです。フリー走法(スケーティング)用なので、クラシカル用のコース(トレール)は切ってありません。初心者がいきなりこのコースを使うのはお勧め出来ません。(ゆっくり歩けば登りはいいけど下りはこわい)

●常設コース
レースコース以外にもいくつかのコース(1km〜15km)が設定されていて標識も整備されています。初心者向きのコースです。
詳しくはアストリアホテル等にあるパンフレットや看板を参考にしてください。

その他のお勧めコースは、以下の通り
※「コース」と言っても常設コースのように、クロカン用にきちんと整備されたコースではありません(圧雪されたコースではありません。標識もありません。)

●湯滝コース
光徳牧場から逆川沿いに下って、国道沿いを湯滝まで登り、湯川沿いに戦場が原に下ります。氷結した湯滝を眺めてのランチタイムがお勧め。

●湯川西岸コース
湯滝から湯川の西岸を南下し、小田代が原までのコース。下のコースと組み合わせることも出来ます。

senjougahara

戦場が原小田代が原コース
戦場が原から小田代が原を周り、赤松茶屋に出るコース。
適度なアップダウンがあり、三本松起終点の周回コースに出来ます。
※積雪直後や吹雪で見通しが効かない時は迷いやすいので注意。

湯元周辺(1)湯ノ湖畔
平らなところです。初めての人の練習、足慣らしにお勧め。

●湯元周辺(2)金精沢、金精有料道路
<金精有料道路>
冬は閉鎖される金精有料道路は、クロカンコースとして楽しめます。勿論「無料」です。
金精有料道路と、金精沢のコースとの組み合わせも可能です。
<金精沢>
金精有料道路南側の金精沢には、「地元の人が作ったクロカンコース」ということで、2000年の冬から地元の方々が赤いリボンの目印を付けたコースがあります。
湯元に近い所は傾斜もゆるく、林の中を歩くコースとして楽しめます(動物の足跡も多い)。ただし、西の方に登るに従って傾斜がきつくなるので、ある程度経験の有る人でないと危険です。
また、
金精沢は場所によっては雪崩の危険もあるので、危険な場所には入らないように。
コース案内図はビジターセンターでもらえます。(雪崩の危険個所も教えてもらえます)
詳しくは湯元の宿泊施設かビジターセンターに問い合わせてください。

■スキーレンタル
アストリアホテル、光徳牧場、三本松バス停近くの茶屋(2軒)、湯元ビジターセンターにレンタルスキーがあります。値段が少しづつ違うようなので良く確かめましょう。

■スクール、講習会
講習会はアストリアホテルで実施しています。
ツアーは湯元ビジターセンター、日光自然博物館、ペンショントロールの森などで実施。

フィールド紹介トップに戻る

クロカンページに戻る