会長の挨拶

                みずほ健康保険組合大手町健康開発センター所長 石川 良樹


 本研究会は、最新医学の知識を産業保健現場に還元するという基本理念を厳守し、産業医、臨床医、産業保健職、人事・労務担当者が一同に介して議論することを基本としています。産業医療職として、産業保健の法律、制度を熟知するとともに臨床医療知識の習得は必須です。当研究会の幹事は医師と産業保健職から構成され、各例会も医師と保健職で担当し常に新鮮な始点からテーマを決めて綿密な打ち合わせを行い、産業現場ですぐ応用できる実践的な内容となっています。これからは、産業保健を取り巻く社会環境、労働者の大部分が所属する中小企業の産業保健なども積極的に取り上げたいと考えています。それぞれの課題を一緒に考えて知識を共有し、働く人の健康を守りましょう。皆様方のご健勝とこれからの産業保健活動のますますのご発展を祈念申し上げます。





戻る
戻る