素敵曲集 #8

- 0071〜0080 -

0080 Got to Be Real - Cheryl Lynn (洋)
0079 Jungle Boogie - Kool & the Gang (洋)
0078 September - Earth Wind & Fire (洋)
0077 Best of My Love - The Emotions (洋)
0076 Marilyn & John - Vanessa Paradis (洋)
0075 Englishman In New York - Sting (洋)
0074 Sunshine (Wookie Dub Mix) - Gabrielle (洋)
0073 The Crossroads (D.J. U-Neek's Mo Thug Remix) - Bone Thugs-n-harmony (洋)
0072 Forget Me Nots - Towa Tei (邦)
0071 un regard,un sourire(Bob's le Vocal) - tom&joyce (洋)

0080♪
掲載日: 2004年4月29日(木)
曲名 Got to Be Real
アーティスト名 Cheryl Lynn
コメント この曲はDance Classicsをメインとしたクラブのオープニングで使われる感じの曲です。イントロのホーンのインパクトがとてもかっこよくその後続くリズムとシェリルのソウルフルな声がノリノリにさせます。The Emotionsの"Best Of My Love(0077♪)"が好きな方にはオススメ。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Got to Be Real: The Best of Cheryl Lynn
cover
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。


0079♪
掲載日: 2004年4月26日(月)
曲名 Jungle Boogie
アーティスト名 Kool & the Gang
コメント Kool & The Gangのファンキーな名曲です。クラブでも良くかかってます。クエンティン・タランティーノのパルプフィクションの挿入歌としても使われていました。ノリノリのギターのアクセントのあるフォーンセッションがリズミカルに刻まれている曲です。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Wild and Peaceful
cover
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。

-Album-
The Very Best of Kool & the Gang
cover
※Kool & The Gangのベストアルバムです。

-Album-
Pulp Fiction Original Soundtrack
cover
※Jungle Boogieが挿入歌となったパルプフィクションのサウンドトラックです。


0078♪
掲載日: 2004年4月22日(木)
曲名 September
アーティスト名 Earth Wind & Fire
コメント Dance Classics、Earth Wind & Fireの最高の素敵曲。言うまでもなくクラブでかかると大盛り上がりする曲です。こんなに楽しく、こんなに元気になる曲はないです。モーリスホワイトの声とホーンセッションとダンサブルなリズムが最高です。とにかく必聴です。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
The Best of Earth, Wind & Fire, Vol.1
cover
※Septemberが収録されています。

-Album-
The Eternal Dance
cover
※Septemberの含む最強のベストアルバム。

-Album-
Soul Source EARTH.WIND&FIRE REMIXES
cover
※SeptemberのRemixが収録されています。


0077♪
掲載日: 2004年4月21日(水)
曲名 Best of My Love
アーティスト名 The Emotions
コメント ダンスクラシックスの名曲です。ソウル系、オールジャンル系のクラブで良くかかっています。70年代を醸し出しているホーンセッションから始まってリズミカルでちょっと高めのEmotionsの声色で常にノリノリな感じです。Jackson Sistersの"miracles(0009♪)"が好きな方はオススメです。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Best of My Love: The Best of the Emotions
cover
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。


0076♪
掲載日: 2004年4月15日(木)
曲名 Marilyn & John
アーティスト名 Vanessa Paradis
コメント 哀愁漂うVanessa Paradiseの代表曲です。Vanessaのウィスパーヴォイスがより哀愁さを強調しています。歌詞がフランス語なところがまた英語よりも哀愁さを感じさせるのかもしれません。とても綺麗で透明感のある曲でもあります。

詳細ページ(関連ページ) -Album-
M & J
cover
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。


0075♪
掲載日: 2004年4月12日(月)
曲名 Englishman In New York
アーティスト名 Sting
コメント 15年前ほどにリリースされたStingの名曲"Englishman In New York"を紹介します。この曲はめちゃくちゃJazzyでちょっと寂しさと切なさを感じさせながらも凛とした感じの曲です。歌詞の内容もそんな感じです。曲の内容がメロディにそのまま現れている曲です。でもただ一点イメージと違うのが、N.Y.って感じはしません。どちらかというとロンドンって感じです。曲の曇った湿ったイメージがそんな感じにさせます。曲自体は、サックスがとてもかっこよくStingの独特の声で囁くように歌うところがとても大人な感じでかっこいいです。Shineheadというレゲエグループが"Jamaican in New York"という曲をカバーしています。こちらも必聴。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Nothing Like the Sun
cover
※"Englishman In New York"を含むオリジナルアルバムです。
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。

-Album-
ザ・ヴェリー・ベスト・オブ・スティング&ポリス
cover
※StingのPolice時代も含めたベストアルバムです。

-Album-
Sidewalk University
cover
※"Englishman In New York"をカバーした"Jamaican in New York"を収録するアルバムです。試聴可能。

キーワード検索 in Amazon.co,jp
キーワード"Sting"をAmazon.co.jpでCDの検索!
キーワード"Sting"をAmazon.co.jpでDVDの検索!


0074♪
掲載日: 2004年4月8日(木)
曲名 Sunshine (Wookie Dub Mix)
アーティスト名 Gabrielle
コメント "Sunshine"・・・Gabrielleのまったりとした曲の2Stepバージョンです。オリジナルとは全く違っためちゃくちゃ格好いい曲です。スピーディで心地よいビートとベースが脳みそに響かせます。このバージョンのGabrielleヴォイスはウィスパー系で、全体として透明感のある綺麗な曲です。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Rise (Remixes)
cover
オススメのバージョンが収録されているアルバムです。
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。

-Album-
Rise
cover
※"Sunshine"のオリジナルが収録されているアルバムです。
※試聴可能です。上記リンク先のアルバム名をクリックすると詳細ページに飛びます。


0073♪
掲載日: 2004年4月5日(月)
曲名 The Crossroads (D.J. U-Neek's Mo Thug Remix)
アーティスト名 Bone Thugs-n-harmony
コメント 95年の作品です。聖歌とHIP HOPを混ぜたようなメロディに早口のラップ&コーラスが綺麗で神聖な感じにさせてくれるような曲です。ちょっと暗めの教会に光の帯が差し込んでくるような雰囲気です。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
E 1999 Eternal
cover

-Album-
The Collection, Vol. 1
cover

-試聴-
試聴"The Crossroad"
※試聴可能です。8曲目がThe Crossroad


0072♪
掲載日: 2004年4月1日(木)
曲名 Forget Me Nots
アーティスト名 Towa Tei
コメント "Patrice Rushen"の"Forget Me Nots"をリミックスした"Towa Tei"のテクノ版"Forget Me Nots"。オリジナルより全然大人っぽい。かつかっこいい。少しリズミカルにちょっとシックに…夜の街を感じさせる一曲です。"Forget Me Nots"ネタで他で有名な曲は、"Will Smith"の"Men In Black"。映画でも有名な曲です。この3曲を聞き比べるのも面白い。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
Towa Tei Best
cover
※"Forget Me Nots"を含む"Towa Tei"のベストアルバム。

-Album(Patrice Rushen)-
Straight from the Heart
cover
※"Forget Me Nots"のオリジナル"Patrice Rushen"のアルバム。試聴可能。

-Album(Will Smith)-
Greatest Hits
cover
※"Forget Me Nots"ネタの"MEN IN BLACK"を収録した"Will Smith"のベストアルバム。


0071♪
掲載日: 2004年3月29日(月)
曲名 un regard,un sourire(Bob's le Vocal)
アーティスト名 tom&joyce
コメント パリ発のブラジリアン・ミュージックのTomとJoyceのデュオ・ユニット。この曲のオリジナルは、かなり癒しを感じるスロージャズナンバーのもの(こちらもお薦め)。今日の曲は、そのRemixバージョン。ドラムの激しいリズムに乗せて始まるイントロ。それに続くギターの音色。さらにJoyceの透き通った声がリズミカルなビートに併せて歌われています。暖かくて格好良い曲です。
詳細ページ(関連ページ) -Album-
tom&joyce
cover

-アーティスト紹介(Bluenote-
tom&joyce in bluenote



〜トップページへ〜