「食」と「気」と「癒し」の健康道場 本文へジャンプ
その他「生活習慣」について


 当健康塾では生活習慣から来る健康上の問題も重視しています
生活の中で
1.睡眠は7時間取ります。
2.夕食から睡眠までの時間を4時間開けます。
3.食事は70〜100回噛む様心がけます。食事中の会話は楽しみますが、食べ物が口の中にある間は会話は中断します。話掛けられたらうなずくだけとします。
4.食事は腹八分を心がけます。
5.朝起床と共に胸、腹、特に疾患を抱えている内臓等を最低でも4〜5分右周りにさすります。
6.浄水器の水を常温で一日に2リッターを目安に飲む様心がけます。お茶やコーヒーは利尿作用が有り、細胞に水が行き渡らないため原則飲みません。農薬も避けたい理由の一つです。常備しているスギナ茶、生姜湯は上記水とは別に積極的に摂る様にして下さい。
7.入浴は42度以下の湯から徐々にお湯炊きして温度を上げ、43〜44度のお湯に全身浴、半身浴を繰り返しながら4〜5分出ては入りして十分温め、新陳代謝を促しましょう。湯船に浸かっている正味時間だけで15分以上は治療と思い入って下さい。洗い場、脱衣所、部屋は温め、入浴の直後は冷気に当たらない様気を付けます。また湯冷めを避けるため他の時より厚着を心掛けます。
頭は服を着た状態で別に洗って素早くかわかす様にしてください。頭を濡らしたまま数十分冷やするのは免疫力を低下させます。

心の持ち方について
1.感謝、感謝、生きとし生けるものへの慈しみで心を満たしましょう。  病気にも感謝、病気は気付きの為に有ります。貴重な出会いも与えてくれます。
食べ物にも命をいただく事を感謝しながら体に取り込んでいく気持ちでいただきます。
2.ほほえみ、笑いを絶やさない様にしましょう。笑い顔が自然治癒力を高めます。
3.すべてをプラスイメージで捉えましょう。又会話はポジティブな言葉、美しい言葉で話しましょう。
イメージ呼吸の習慣で鼻から空気を吸う事が大切です。 口から吸ってはよくありません。これは気を取り入れる 事と関連します。また腹式呼吸が大切です。  姿勢については、下腹をわずか出るくらいに上半身を お越し、さらに背筋を伸ばす事が大切です。 猫背はよくありません。 これも気を体に巡らす事と関連します。