top  




概要です。
本格派じゃございませんという言い訳と軽〜いジャンル解説です。



ズバリ似非時代劇です。
正確には似非時代伝奇、でしょうか。
一応時代設定的には、1700年代初頭。
将軍で言うなら六代家宣から七代家継あたり。
ただし、ドリーム満載です。
アーキタイプキャラ外見まんま使用の為、凄まじい外観の「日本人」がわんさか出てまいります。
明らかに変な外見の筈なのに、何故か誰も騒ぎません。
しかし鎖国はばっちりしておりまして、似たような外観であるにも関わらず、どうやってか「〜国人」と見た目で判断できるらしい。この点に関しましては、全てのstageにおいて言えることなわけで、サイト前提条件として、ご理解いただけると有難いです(無茶ぶり)。
月代についても、無い奴満載。何故か主要キャラは無くても誰もおかしいと思いません。
さらには、普通その年齢ではつけないだろう役職についてる奴もいたりします。
ご落胤も満載。やるからにはとことん出す、妙な所で半端は嫌いだったりします。
資料は結構見ているものの、都合の悪いものは用いませんので、あまりつつかないでやってください。
そもそも「似非」時代劇ですからね。
特に当時のオランダ事情、もの凄まじくいい加減です(わかりやすい日本語資料見つからず・死)。
資料無いのをいいことに、最早ほとんど創作してるに近い勢いです。
尚、参考文献の類は上げません。
本当は上げるべきなんでしょうが、資料集め趣味なもので多すぎるのと、結局どの本の説をとったやら曖昧な部分も多いので。



似非サイバーパンクです(サイバーパンクって何?という方はウィリアム・ギブスンあたりで検索するといいかと思います)。
基本は地球の未来ですが、リアル現在から何年後かは設定してません。
何があったか変容したオリジナルの世界地図上に、無数のドーム型の都市がそれぞれ国家として運営されているような感じです。
現代の名残は民族・宗教のごく一部程度。
主舞台は、世界から都市として認定されていない、地下都市グラグノール。
高度のサイバネティック技術を使用した傭兵稼業と、あらゆる快楽産業の供給で繁栄する闇黒都市。
まあ、妖しいSF、と思っていただければ、いいんではないでしょうか。


top