幡多の鉄道:予土線


土佐大正(とさたいしょう)駅

場所:幡多郡大正町田野々



 私の祖父は大正町大奈路で亡くなった。昭和30年より前のことである。私も一度大奈路へ行ったが、記憶はほとんどない。親父様も昭和28年頃の記憶だと云いながら、大正の商店街は坂になっていて活気もあったという。構内から見た大正は、駅の周辺がひらけた感じで町の体裁を取っている。しかし、商店街はやはりご多分に漏れずさびしそうであった。坂もゆるくクルマであれば坂の存在すら判らないほどである。

 予土線の駅としてはひらけた町中の駅である。




商店街をクルマで通り過ぎようとしても
JR土佐大正駅は目立つ。
こざっぱりとして好感が持てる。

駐車場は駅前でなく、駅窪川よりのコンクリートを登る。
旧竹内家住宅熊野神社は少し歩くとある。



 駅舎からホームまではコンクリートのトンネルを通る。そして少し登るとホームだ。都会の階段と違ってドッドッドッと降りてくる大勢の人はいない。



 江川崎方面を望んでいます。ホームの橋から山を写した写真があると思っていましたが、撮影していませんでした。(^^; 大正駅を利用された方には懐かしい山々をお見せできず残念です。




 窪川側をみています。トンネルがない景色です。また山の斜面に駅があるタイプでもありません。



 コンクリートのトンネルから駅舎に入るところです。トイレはこの位置。駅舎には売店と待合室があります。



 駅の待合室です。自分が行く日が休日のためか賑わいはありません。



打井川 <----------予土線---------> 土佐昭和