幡多の鉄道:土佐くろしお鉄道


東宿毛(ひがしすくも)駅

場所:宿毛市宿毛




荒瀬山に列車が入って行く、
この景色を見るために宿毛の人達は待った、
長いながい歳月を。



 丁度、列車が入ってきた。荒瀬山を抜けた線路は高架となる。思ってみれば、土佐くろしお鉄道宿毛線はほとんどが高架である。最近開通する路線は高架にするのがコスト的に有利なのだろうか。

 駅が高い位置にあると利用者は不便だが、都市の駅も階段を上ったり下りたりするから、わりと鉄道利用は体力がいるものかも知れない。どうだろうか。



 ここが「東宿毛駅」であるという証拠写真 (^^; は、これだけです。ホームで駅名を写し忘れた。駐車場として数台置けます。



 中村方面。山の下を松田川が流れています。



 終点宿毛駅方面。しばらく国道56号線と並行して線路は進みます。



 右に曲がると宿毛の町、直進すると宇和島・大月、左折すると荒瀬。



 荒瀬へ向かう橋。昔からそのままで、小筑紫・大月方面へはここを通っていたが、橋もその後の道路も狭い。橋は対向できるように中央部が少し広くなっている。

 小学校の頃、鮫が松田川へ入り込んだとの噂で橋の上から暫く川面を見ていたが判らなかった。



 国道56号線中村方面への道。建物は大井田病院。母がお世話になったが、病院から見る松田川河口はきれいだった。駅ができて病院からの景色も変わっただろう。

 なお、叔父が「宿毛の逆さ富士」を気にしている。宿毛で股ぐらをのぞき込むように後ろを見ると、ちょうどこの写真の空の部分が「逆さ富士」として見られるとのこと。どこで見ると一番良いのだろうかと云うことなのだが...。ご存知の方はご一報ください。


平田駅 <----------土佐くろしお鉄道---------> 宿毛駅