幡多の鉄道:土佐くろしお鉄道


古津賀(こつか)駅

場所:中村市古津賀



 次の駅は「なかむら」。古津賀は、古来小塚・古塚とも書かれていた。名前通り古津賀古墳があり、古墳に接してある古津賀神社は、もともと古墳を祀っていたと伝承される。中世以降は、有力名主が居住。




 国道56号線から見た駅。



 国道の反対側から見ると、もっと駅らしく見えます。階段があり、その下は車を回すことができる広さと自転車置き場があります。



 古津賀遺跡では、川の神を祭ったらしいと。もうすぐ、四万十川です。




下半分はそれなりに町らしいが、
上を見ると幡多の山々でした。(^^;


西大方駅 <----------土佐くろしお鉄道---------> 中村駅