幡多の鉄道:土佐くろしお鉄道


有井川(ありいがわ)駅

大方町有井川



 有井川駅は、国道に接していると書くと間違いだが、家々から離れてポツリとある。そして、国道からはこれだけの距離で駅に着く。おそらく、地元のどの家よりも国道が近い。

 また、アクセス道も整備されており気持ちがよい。



 今、作られたものなら障害を持つ方にとって、この階段はキツイ。もちろん、年齢も取れば取るほど、この階段は少し...と感じるだろう。

 国道に、もう少し車を止める広い場所があり、この階段さえなければ急行が止まるのは有井川が相応しいと私には思える。近郊の人が車で来て見送ることができるのではないかと。



 ホームから佐賀方面を見る。



 この駅はホッとする広さを感じさせる。中村に近づくと当然そのような駅が多くなるが、次の土佐上川口駅では失われてしまう広さです。

 井ノ岬温泉に列車で行こうとすれば、降り立つ駅はここが相応しい。



 この駅からは、有井庄司を祀った小山が近いです。手前の僅かに緑が濃い所です。駅から国道に出て、西(中村方面)にまわると、古い案内の石柱もありました。



 幡多の駅をアップし始めて、本当にトンネルが多いと実感していました。有井川駅からも見えますが、山は低いし、向こうは見えるし、やはり開放感を妨げるものではありません。

 そう云えば、高速高知道。パソ通時代に「地下道」と呼ばれたことがありますが、土佐も幡多も山また山、同じか。



 村のほうにアクセス道があるのだろうと、そちらに回ってみて道がないのに驚いた。そういう意味でも、この駅はぜひ駐車場を整備して近隣から急行に乗るための駅とすることが相応しいと思いますが、そのような時代ではないのでしょうか。




駅にたどりつく前に通り過ぎた急行列車
私が鉄の人であれば、愛称・型式名を書くのでしょうが、
ご勘弁。


土佐白浜駅 <----------土佐くろしお鉄道---------> 土佐上川口駅